Astroscale(企業)

軌道上サービスとロジスティクスを提供する日本の企業。

  • ウォズニアック氏の宇宙企業「Privateer」は混雑化して危険な宇宙のGoogleマップを目指す

    ウォズニアック氏の宇宙企業「Privateer」は混雑化して危険な宇宙のGoogleマップを目指す

    現在、地球低軌道上(LEO)には、壊れた衛星やロケットの破片、多段式ロケットや宇宙ミッションの残骸など、何百万個もの宇宙ゴミが散乱しているが、これを一掃することを目的としたベンチャー企業が次々と誕生している。スティーブ・ウォズニアック氏と共同で宇宙ベンチャーを設立したアレックス・フィールディング氏によると、LEOの清掃は重要な課題だが、1つ問題があるという。宇宙ゴミ(スペースデブリ)の多くは、実際にどこにあるのかわからないということだ。 続きを読む

  • 日本の宇宙スタートアップAstroscaleが宇宙で軌道上デブリをつかまえて放すデモに成功

    日本の宇宙スタートアップAstroscaleが宇宙で軌道上デブリをつかまえて放すデモに成功

    米国時間8月25日、Astroscaleは現在軌道上にある同社の宇宙掃除のデモ用衛星が、磁石を使ったシステムでクライアントの宇宙船をつかまえて放す作業に成功し、今後の前進に向けて重要な一歩を刻んだ。 続きを読む

  • 東京の宇宙スタートアップAstroscaleが軌道上デブリ除去衛星「ELSA-d」を打ち上げ

    東京の宇宙スタートアップAstroscaleが軌道上デブリ除去衛星「ELSA-d」を打ち上げ

    日本の宇宙スタートアップAstroscaleが、軌道上のデブリを捕獲して安全に除去することを目的とする同社のELSA(エルサ、End-of-Life Services by Astroscale)技術の実証ミッションのために、ELSA-d(エルサd)衛星を打ち上げた。 続きを読む

  • 日本の宇宙開発スタートアップAstroscaleがスペースデブリ除去実証衛星を2021年3月のミッションに向け輸送

    日本の宇宙開発スタートアップAstroscaleがスペースデブリ除去実証衛星を2021年3月のミッションに向け輸送

    日本の宇宙開発スタートアップであるAstroscaleは、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地にELSA-d宇宙船を輸送し、2021年3月の打ち上げに向けてソユーズロケットに搭載する予定だ。このミッションでは同社が提案している宇宙持続可能性サービス事業の基礎となるスペースデブリの除去技術を、初めて宇宙空間で実証することになる。 続きを読む

  • 2021年には軌道上での燃料補給や製造が理論から現実へ変わる

    2021年には軌道上での燃料補給や製造が理論から現実へ変わる

    軌道上を周回中の人工衛星や宇宙船に燃料補給したり、修理したり、さらには新しい機能を追加するというアイデアは、一般的には「理論としては素晴らしい」ものとされてきた。しかし、Maxar Technologies、Astroscale、Orbit Fabのリーダーたちは、TC Sessions : Spaceにて、2021年はそれが現実になる年だと語った。少なくとも、現実的にはなるという。 続きを読む

  • Astroscaleが約54億円を調達、静止衛星長寿命化や軌道上デブリ除去など業務を多様化

    Astroscaleが約54億円を調達、静止衛星長寿命化や軌道上デブリ除去など業務を多様化

    日本企業であるAstroscaleは、軌道上機器類の寿命終了に関して新たなソリューションを提供する。すなわちそのソリューションとは、耐用年数を終えた宇宙船や人工衛星などを安全に軌道から取り除く容易な方法を提供する。 続きを読む

  • スペースデブリ問題に取り組むアストロスケールがシリーズEで累計210億円を調達

    スペースデブリ問題に取り組むアストロスケールがシリーズEで累計210億円を調達

    持続可能性な宇宙環境を目指し、スペースデブリ(宇宙ごみ、デブリ)除去サービスに取り組むアストロスケールホールディングスは10月14日、シリーズE追加調達による第三者割当増資により、シリーズE総額約55億円の調達を実施し、累計調達額約210億円を達成したと発表した。 続きを読む

  • 宇宙産業スタートアップAstroscaleがJAXAと共同でスペースデブリ処理へ

    宇宙産業スタートアップAstroscaleがJAXAと共同でスペースデブリ処理へ

    スペースデブリ(space debris, 宇宙の粗大ごみ)を掃除する日本のスタートアップAstroscale(アストロスケール)が、Japan Aerospace Exploration Agency((日本)宇宙航空研究開発機構, JAXA)と共同で、現在軌道上に存在する残骸の一部を取り除くJAXAの最初のミッションに取り組む。 続きを読む

  • 衛星による毎日全地球観測インフラの実現へ、東大宇宙系スタートアップが総額25.8億円調達

    衛星による毎日全地球観測インフラの実現へ、東大宇宙系スタートアップが総額25.8億円調達

    東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC)が運営する「協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合」は12月7日、東大関連の宇宙系スタートアップ3社に総額7億円を出資した。 続きを読む