atlassian

  • AtlassianがJira Service Deskの多部門利用に応え、テンプレートとワークフローを専用化

    AtlassianがJira Service Deskの多部門利用に応え、テンプレートとワークフローを専用化

    Atlassian(アトラシアン)が今日(米国時間11/1)、HR(人事)や法務、ファシリティーズなど、企業内の各チームの目的別に構築したJira Service Deskの一連のテンプレートとワークフローを発表した。 続きを読む

  • AtlassianがJira自動化ツール開発のCode Barrelを買収

    AtlassianがJira自動化ツール開発のCode Barrelを買収

    Atlassianが今日(米国時間10/18)、Automation for Jiraを作っているCode Barrelを買収したことを発表した。 続きを読む

  • アップルがオープンソース団体Cloud Native Computing Foundationに参加

    アップルがオープンソース団体Cloud Native Computing Foundationに参加

    Appleはオープンソースのクラウドインフラストラクチャコミュニティにはまだ積極的に参加していないが、CNCFへの参加でそれも変わるだろう。 続きを読む

  • PraqmaがAtlassianのデータセンターアプリをコンテナに入れて管理を容易に

    PraqmaがAtlassianのデータセンターアプリをコンテナに入れて管理を容易に

    それは、エンタープライズがJira Data Centerなどのオンプレミスアプリケーションを、Kubernetesを利用してコンテナとして動かし管理できる、という新しいソリューションだ。 続きを読む

  • GitHubがJira Software Cloudの統合を改良、パフォーマンスとユーザー体験をアップ

    GitHubがJira Software Cloudの統合を改良、パフォーマンスとユーザー体験をアップ

    AtlassianのJiraは、多くの企業で、大きなソフトウェアプロジェクトを管理するためのスタンダードになっている。しかしそれらの企業の多くがソースコードのリポジトリとしてはGitHubを利用しており、JiraとGitHubを統合する公式な方法も、かなり前からある。しかしその古いやり方は、遅くて、能力も限られ、今多くの企業がGitHubで管理しているような大きなコードベースを扱うには、向いていないことが多かった。 続きを読む

  • Anaxiはソフトウェア開発の工程を見える化する…GitHubの巧みな利用で

    Anaxiはソフトウェア開発の工程を見える化する…GitHubの巧みな利用で

    Anaxiのミッションは、ソフトウェア開発の工程にもっと透明性をもたらすことだ。そのツールは、今はiOSのみで近くWebとAndroidバージョンも出す予定だが、デベロッパーにGitHubからプロジェクトの現状に関する知見とそれらに対する対策を示唆し、プロジェクトとイッシュー(問題)を管理できるようにする。近く、AtlassianのJira もサポートする。 続きを読む

  • Atlassianがopsチームのためのインシデント管理ツールJira Opsをベータでローンチ

    Atlassianがopsチームのためのインシデント管理ツールJira Opsをベータでローンチ

    Atlassianが今日(米国時間9/3)、同社の旗艦製品であるJiraの新しいエディションの最初のベータと、opsのチームがインシデントを迅速効率的に処理できるための問題追跡ツールを発表した。 そのツールJira Opsは、OpsGenie, PagerDuty, xMatters, Statuspage, Slackなど他のツールをいろいろ統合している。 続きを読む

  • Google Firebaseのアップデートでアプリ内メッセージング、JIRAの統合などが加わる

    Google Firebaseのアップデートでアプリ内メッセージング、JIRAの統合などが加わる

    Firebaseは今やGoogleのデフォルトのアプリ開発プラットホームであり、買収から今日までの4年間で機能とGoogleのサービスとの統合を大きく拡充したきた。そして今日(米国時間8/16)は、そのさらなるアップデートにより、新しい機能と、より深い統合と、そしていくつかの新しいデザインがこのサービスに導入された。 続きを読む

  • プロジェクト管理の人気サービスTrelloがエクステンションを見つけやすくするディレクトリをローンチ

    プロジェクト管理の人気サービスTrelloがエクステンションを見つけやすくするディレクトリをローンチ

    Atlassianが、カンバン方式のプロジェクト管理サービスで大成功していたTrelloを買収してからほぼ1年になるが、最初の約束どおりTrelloのプロダクトへの積極的な投資を継続している。今日(米国時間1/1)Trelloは、そのアドオンのための(アドオンないしエクステンションのことをTrello語で‘Power-Ups’と呼ぶ)、新しいディレクトリをローンチした。それはAtlassianのこのサービスへの継続的投資を示すだけでなく、AtlassianのエコシステムによるTrelloの使い方の特徴も示してい… 続きを読む

  • Atlassianの肩に乗ってグローバル展開を図るTrelloが本格的に日本進出へ

    Atlassianの肩に乗ってグローバル展開を図るTrelloが本格的に日本進出へ

    かんばん方式の便利なタスク管理システムTrelloが今日(米国時間11/16)、同社のグローバルな成長戦略の一環として、来年から日本で業務を開始する、と発表した。 今年の初めにAtlassianがTrelloを買収したとき、買われた側の動機は、大きな企業に寄り添うことによるユーザーの増加だった。 続きを読む

  • Atlassianは絶好調、IPOから2年足らずで時価総額は50%増、決算報告で株価急上昇

    Atlassianは絶好調、IPOから2年足らずで時価総額は50%増、決算報告で株価急上昇

    2015年の終わりに行われたAtlassianの上場は、やや変則的だった: 同社の良好な数字は、すでに利益が出ていることを示していた。 そのIPOから約2年、同社の時価総額はほぼ90億ドルだ。IPOの初日には32%急伸し、時価総額は58億ドルだった。 続きを読む

  • Atlassianが全デベロッパーツールをワンセットにしたAtlassian Stackを年会費制でローンチ

    Atlassianが全デベロッパーツールをワンセットにしたAtlassian Stackを年会費制でローンチ

    Atlassianが今日(米国時間6/13)、Atlassian Stackという、新しい会員制のサービスを立ち上げた。それは、同社がホストしているデベロッパーツールをすべてまとめたサービスで、会費は1000ライセンスにつき年額18万6875ドルだ。これにより企業の調達担当は仕事が楽になり、費用削減にもなる(一見、高いけど!)。個々のプロダクトの会員ユーザーになるよりも、Atlassian Stackの会員になるとデベロッパーツールのすべてを手早く利用できて簡単なのだ。 続きを読む

  • エンタープライズソフトのAtlassianがプロジェクト管理サービスのTrelloを4億2500万ドルで買収

    エンタープライズソフトのAtlassianがプロジェクト管理サービスのTrelloを4億2500万ドルで買収

    今日(米国時間1/9)、エンタープライズソフトのAtlassianはプロジェクト管理サービスのTrelloを4億2500万ドルで買収した。この取引の大部分(3億6000万ドル)はキャッシュ、残りはRSU〔制限付き株式〕とオプションとなる。買収の完了は2017年3月17日となる見込み。 続きを読む

  • Atlassianの主力製品はクラウドのユーザーと自前のデータセンターのユーザーの二股をかける

    Atlassianの主力製品はクラウドのユーザーと自前のデータセンターのユーザーの二股をかける

    Atlassianは、クラウドとデータセンター両者の、いわゆる‘良いとこ取り’を考えていて、今日(米国時間10/12)行われたAtlassian Summitでは、同社のデータセンター+クラウド方式を拡大する新製品を発表した。 今は企業ITのクラウドへの移行が進んでいるから、そんな中で、クラウドとオンプレミスの二股を張るのは奇妙にも見えるが、しかしAtlassianから見れば、そんなハイブリッド方式こそが、未来のリスクに対する正当なヘッジなのだ。 続きを読む

  • Atlassianのユーザー企業はJIRAから直接フリーランスを求人できる…Upworkの統合で

    Atlassianのユーザー企業はJIRAから直接フリーランスを求人できる…Upworkの統合で

    Atlassianの主力製品であるプロジェクト管理サービスJIRAが、JIRAから直接簡単に、フリーランスのマーケットプレースであるUpworkに求人をポストできる機能を今日(米国時間8/25)ローンチした。 JIRAとBitbucketの成長策担当Sean Reganによると、“どの企業も、会社の外には優秀な人材がたくさんいるからね”、という。しかしどの企業も、小さなスタートアップはとくに、そのとき必要な人材(しかも優秀な人材)がたまたま社内にいることは珍しい。JIRAがUpworkを統合したことにより、これから… 続きを読む

  • Atlassian、ユーザーにウェブサービスのダウンタイムなどを通知するStatusPageを買収

    Atlassian、ユーザーにウェブサービスのダウンタイムなどを通知するStatusPageを買収

    Atlassianは本日StatusPageの買収を発表した。StatusPageはY-Combinatorのインキュベートから誕生し、オンラインでビジネスを行う企業が自社のオンラインサービスの状況をユーザーに知らせるサービスを提供している。買収額などの詳細は開示されていない。 昨年12月に上場して以降、Atlassianにとって初の買収案件となる。3年前にローンチしたStatusPageのようなサービスを追加することは、 Atlassianにとっては自然な流れだ。 Atlassianはこれまで長い間、全ての企業はソフトウェア企業であると主… 続きを読む

  • AtlassianがBitbucket Cloudを利用するデベロッパーのための継続的デリバリサービスBitbucket Pipelinesをローンチ

    AtlassianがBitbucket Cloudを利用するデベロッパーのための継続的デリバリサービスBitbucket Pipelinesをローンチ

    Atlassianが今週、うまいアブサンを飲ませる、ぼくのお気に入りのバーの近くで、例年のデベロッパーカンファレンスをやっている。キーノートで数々の新製品やアップデートが発表されたが、どれも、デベロッパーの人生をすこし楽にしてくれる(協力的にもしてくれる)ものばかりだ。 続きを読む

  • AtlassianのBitbucket Serverがコードの検索をやっとサポート

    AtlassianのBitbucket Serverがコードの検索をやっとサポート

    Atlassianの自己ホスト型GitバージョンコントロールサービスBitbucket Serverと、Bitbucket Data Centerに、小さいけどとても便利な新しい機能が導入されることになり、今そのプレビューをやっている。今提供されているBitbucketのアーリーアクセスバージョンには、ユーザーのレポジトリ中のコードを検索する機能があるのだ。 これがあると、ちょっとしたコード片を自分のgitリポジトリに素早く見つけることができるし、コード中にメモしておいた謎のようなエラーメッセージも、どこに書いたかを正しく思い出せる。… 続きを読む

  • 立ち上げから3年余のAtlassian Marketplaceでサードパーティデベロッパが$120M以上を売り上げる

    立ち上げから3年余のAtlassian Marketplaceでサードパーティデベロッパが$120M以上を売り上げる

    Atlassianは株が上場されたけれど、この急成長中のデベロッパコラボレーションツール*の企業でお金を儲ける方法は、ほかにもある。同社によると、サードパーティデベロッパのためのマーケットプレースAtlassian Marketplaceは、今や売上が1億2000万ドルに達し、しかも売上が100万ドル以上に達するデベロッパ(主に企業)が15以上いる。〔*: コラボレーションツールとしてはデベロッパ以外の、一般社員等の利用も増えている(後述)。〕 しかも、“売上のペースが日に日に大きく増えている”そうだ。どうやらこのマ… 続きを読む

  • 2015年最後のテクノロジーIPOは成功―Atlassian株、32%アップで時価総額は58億ドルに

    2015年最後のテクノロジーIPOは成功―Atlassian株、32%アップで時価総額は58億ドルに

    おそらくは2015年最後のテクノロジー系新規上場になるであろうAtlassianが、今日(米国時間12/10)初めて取引された。 共同作業と生産性向上のためのソフトウェア・ツールのメーカー、Atlassianは上場初日を32%のアップで締めくくった。Atlassianは上場以前、33億ドルの会社評価額で資金を調達していた。この株の値上がりで同社の価値は60億ドルに近づいたことになり、今年最強の上場会社の一つとなった。 続きを読む