Atlassian / アトラシアン(企業)

Atlassianは、シドニーに本社を置くソフトウェア企業。課題管理システムの「JIRA」などソフトウェア開発者を対象とした法人向けソフトウェアを開発する。2017年1月にはタスク管理サービスの「Trello」を買収した

  • Atlassianが全デベロッパーツールをワンセットにしたAtlassian Stackを年会費制でローンチ

    Atlassianが全デベロッパーツールをワンセットにしたAtlassian Stackを年会費制でローンチ

    Atlassianが今日(米国時間6/13)、Atlassian Stackという、新しい会員制のサービスを立ち上げた。それは、同社がホストしているデベロッパーツールをすべてまとめたサービスで、会費は1000ライセンスにつき年額18万6875ドルだ。これにより企業の調達担当は仕事が楽になり、費用削減にもなる(一見、高いけど!)。個々のプロダクトの会員ユーザーになるよりも、Atlassian Stackの会員になるとデベロッパーツールのすべてを手早く利用できて簡単なのだ。 続きを読む

  • エンタープライズソフトのAtlassianがプロジェクト管理サービスのTrelloを4億2500万ドルで買収

    エンタープライズソフトのAtlassianがプロジェクト管理サービスのTrelloを4億2500万ドルで買収

    今日(米国時間1/9)、エンタープライズソフトのAtlassianはプロジェクト管理サービスのTrelloを4億2500万ドルで買収した。この取引の大部分(3億6000万ドル)はキャッシュ、残りはRSU〔制限付き株式〕とオプションとなる。買収の完了は2017年3月17日となる見込み。 続きを読む

  • Atlassianの主力製品はクラウドのユーザーと自前のデータセンターのユーザーの二股をかける

    Atlassianの主力製品はクラウドのユーザーと自前のデータセンターのユーザーの二股をかける

    Atlassianは、クラウドとデータセンター両者の、いわゆる‘良いとこ取り’を考えていて、今日(米国時間10/12)行われたAtlassian Summitでは、同社のデータセンター+クラウド方式を拡大する新製品を発表した。 今は企業ITのクラウドへの移行が進んでいるから、そんな中で、クラウドとオンプレミスの二股を張るのは奇妙にも見えるが、しかしAtlassianから見れば、そんなハイブリッド方式こそが、未来のリスクに対する正当なヘッジなのだ。 続きを読む

  • Atlassianのユーザー企業はJIRAから直接フリーランスを求人できる…Upworkの統合で

    Atlassianのユーザー企業はJIRAから直接フリーランスを求人できる…Upworkの統合で

    Atlassianの主力製品であるプロジェクト管理サービスJIRAが、JIRAから直接簡単に、フリーランスのマーケットプレースであるUpworkに求人をポストできる機能を今日(米国時間8/25)ローンチした。 JIRAとBitbucketの成長策担当Sean Reganによると、“どの企業も、会社の外には優秀な人材がたくさんいるからね”、という。しかしどの企業も、小さなスタートアップはとくに、そのとき必要な人材(しかも優秀な人材)がたまたま社内にいることは珍しい。JIRAがUpworkを統合したことにより、これから… 続きを読む

  • Atlassian、ユーザーにウェブサービスのダウンタイムなどを通知するStatusPageを買収

    Atlassian、ユーザーにウェブサービスのダウンタイムなどを通知するStatusPageを買収

    Atlassianは本日StatusPageの買収を発表した。StatusPageはY-Combinatorのインキュベートから誕生し、オンラインでビジネスを行う企業が自社のオンラインサービスの状況をユーザーに知らせるサービスを提供している。買収額などの詳細は開示されていない。 昨年12月に上場して以降、Atlassianにとって初の買収案件となる。3年前にローンチしたStatusPageのようなサービスを追加することは、 Atlassianにとっては自然な流れだ。 Atlassianはこれまで長い間、全ての企業はソフトウェア企業であると主… 続きを読む

  • AtlassianがBitbucket Cloudを利用するデベロッパーのための継続的デリバリサービスBitbucket Pipelinesをローンチ

    AtlassianがBitbucket Cloudを利用するデベロッパーのための継続的デリバリサービスBitbucket Pipelinesをローンチ

    Atlassianが今週、うまいアブサンを飲ませる、ぼくのお気に入りのバーの近くで、例年のデベロッパーカンファレンスをやっている。キーノートで数々の新製品やアップデートが発表されたが、どれも、デベロッパーの人生をすこし楽にしてくれる(協力的にもしてくれる)ものばかりだ。 続きを読む

  • AtlassianのBitbucket Serverがコードの検索をやっとサポート

    AtlassianのBitbucket Serverがコードの検索をやっとサポート

    Atlassianの自己ホスト型GitバージョンコントロールサービスBitbucket Serverと、Bitbucket Data Centerに、小さいけどとても便利な新しい機能が導入されることになり、今そのプレビューをやっている。今提供されているBitbucketのアーリーアクセスバージョンには、ユーザーのレポジトリ中のコードを検索する機能があるのだ。 これがあると、ちょっとしたコード片を自分のgitリポジトリに素早く見つけることができるし、コード中にメモしておいた謎のようなエラーメッセージも、どこに書いたかを正しく思い出せる。… 続きを読む

  • 立ち上げから3年余のAtlassian Marketplaceでサードパーティデベロッパが$120M以上を売り上げる

    立ち上げから3年余のAtlassian Marketplaceでサードパーティデベロッパが$120M以上を売り上げる

    Atlassianは株が上場されたけれど、この急成長中のデベロッパコラボレーションツール*の企業でお金を儲ける方法は、ほかにもある。同社によると、サードパーティデベロッパのためのマーケットプレースAtlassian Marketplaceは、今や売上が1億2000万ドルに達し、しかも売上が100万ドル以上に達するデベロッパ(主に企業)が15以上いる。〔*: コラボレーションツールとしてはデベロッパ以外の、一般社員等の利用も増えている(後述)。〕 しかも、“売上のペースが日に日に大きく増えている”そうだ。どうやらこのマ… 続きを読む

  • 2015年最後のテクノロジーIPOは成功―Atlassian株、32%アップで時価総額は58億ドルに

    2015年最後のテクノロジーIPOは成功―Atlassian株、32%アップで時価総額は58億ドルに

    おそらくは2015年最後のテクノロジー系新規上場になるであろうAtlassianが、今日(米国時間12/10)初めて取引された。 共同作業と生産性向上のためのソフトウェア・ツールのメーカー、Atlassianは上場初日を32%のアップで締めくくった。Atlassianは上場以前、33億ドルの会社評価額で資金を調達していた。この株の値上がりで同社の価値は60億ドルに近づいたことになり、今年最強の上場会社の一つとなった。 続きを読む

  • AtlassianのBitbucketでは進行中の開発を支えるコード管理システムから直接、AWSなどへのデプロイができる…継続的インテグレーションに朗報

    AtlassianのBitbucketでは進行中の開発を支えるコード管理システムから直接、AWSなどへのデプロイができる…継続的インテグレーションに朗報

    今IPOを準備しているAtlassianが今日(米国時間12/2)、Gitベースのチーム開発支援&コード管理サービスBitbucketのアップデートを行い、デベロッパたちが、できあがったコードをAWSなど主なクラウドプラットホーム上に容易にデプロイできるようにした。 AtlassianのプロダクトマーケティングマネージャAmber Frauenholtzはこう説明する: “今日のローンチで、デベロッパはBitbucketの中から直接、そのUIを使ってAmazonやMicrosoft、DigitalOceanなどにデプロイできる。… 続きを読む

  • 急成長中の企業向けソフトのAtlassianがSECに上場申請―売上3億2000万ドル、純利益6800万ドル

    急成長中の企業向けソフトのAtlassianがSECに上場申請―売上3億2000万ドル、純利益6800万ドル

    上場を目指すソフトウェア企業がまた一つ現れた。Hipchatなどのソーシャル機能のあるエンタープライズ・ソフトを提供するAtlassianがNASDAQへの上場を目指して昨日(米国時間11/9)、アメリカの証券取引委員会(SEC)にF-1申請書を提出した〔F-1はアメリカ企業のS-1に相当する外国企業向け上場申請書〕。 Atlassianの主力製品はSlackのライバルHipChat、それにJIRA、Confluenceなどが知られている。ティッカー・シンボルはTEAMが選択されている。今回の新規上場では2億5000万ドルを調達する予定… 続きを読む

  • AtlassianがJIRAを三つのスタンドアロンソフトウェアに分割、非技術系一般社員のコラボレーションツールも

    AtlassianがJIRAを三つのスタンドアロンソフトウェアに分割、非技術系一般社員のコラボレーションツールも

    先月ひそかにIPOを申請したらしいAtlassianが今日(米国時間10/6)、同社の旗艦製品であるプロジェクト管理/問題追跡ツールJIRAの大型アップデートを発表し、それを三つのスタンドアロンプロジェクトに分割することになった。ソフトウェアチームのためにはJIRA Software、一般のビジネスチームのためにはJIRA Core、そしてITなどそのほかのサービスチームのためにはJIRA Service Deskとなる。 続きを読む

  • Atlassianが複数あったGitサービスを一本化、分散チームによるGitの共同利用を効率化

    Atlassianが複数あったGitサービスを一本化、分散チームによるGitの共同利用を効率化

    Atlassianはこれまでずっと、BitbucketとStashという二つのブランドでGitベースのデベロッパサービスを提供してきた。ひとつはクラウドベースの、そしてもうひとつはオンプレミスのコード管理サービスだ。しかし今度から同社は、ブランドをBitbucketに統一し、新しい機能も加えて、Gitベースの単一のサービスを提供していくことになった。 続きを読む

  • AtlassianのStash Data Centerがベータを終え一般公開へ、エンタプライズ向けGitを志向

    AtlassianのStash Data Centerがベータを終え一般公開へ、エンタプライズ向けGitを志向

    GitリポジトリツールStashを提供しているAtlassianが、エンタプライズ向けのGitラッパーとして作ったコード管理サービスStash Data Centerが、数か月の公開ベータを終えて今日(米国時間3/2)、正式にローンチした。このサービスを使うと企業はサーバのクラスタの上でGitを動かし、多数のデベロッパを支援できる。ベータ時には、最大で12000名のデベロッパをサポートしたそうだ。 続きを読む

  • AtlassianのGit実装系StashにそのスケールアップバージョンStash Data Centerが誕生

    AtlassianのGit実装系StashにそのスケールアップバージョンStash Data Centerが誕生

    Atlassianにはかなり前から、Gitを核とするコード管理ソフトウェアStashがある。これまでそれは、比較的小さなチーム向けのオンプレミス・ソフトウェアだったが、今日(米国時間9/10)ローンチしたStash Data Centerによって、そのGitによるソリューションを大企業にも提供していくことになった。 これまでのStashと違ってStash Data Centerは単一のサーバではなく、クラスタの上でも動く。そのためStash Data Centerは、1万名のデベロッパチーム/グループでも容易にサポートできる。しかしユーザから見てS… 続きを読む

  • HPとAutonomyの腐敗に見るエンタプライズソフトウェアの一大転機

    HPとAutonomyの腐敗に見るエンタプライズソフトウェアの一大転機

    エンタプライズソフトウェアの世界は、悪臭紛々たる巨怪な混乱だ。ベンダたちが、現代的なデータワークフローの基調であるコラボレーションの精神やソーシャルの技術を本格的に取り入れないかぎり、混乱はますますひどくなるだろう。 今朝(米国時間11/20)の決算発表の席でHPのCEO Meg Whitmanは、Autonomy*の100億ドルの買収を全額償却する、この買収には数え切れないほど多くの不正行為や、それに詐欺すらも伴っていた、と宣言した。これは、HPのポーズか? それもありえる。しかしHPが経験した苦難は、今のエンタプライズ市場の重症の患部を… 続きを読む

  • 図形制作コラボのGliffyがFlashからHTML5へ全面移行–その企業戦略上の意味とは?

    図形制作コラボのGliffyがFlashからHTML5へ全面移行–その企業戦略上の意味とは?

    コラボレーションで図表を作るSaaS、Gliffy が、全面的にHTML5に移行する。ユーザであるデベロッパや企業の人たちが最近ますます、Mac、PCなどいろんなプラットホームからコラボしたいし、サードパーティのアプリケーションの中からも使いたい、と思うようになっているからだ。 Gliffyはこれまでずっと、Flashを使ってきた。最初にHTML5を採用したのは、デベロッパのコラボレーションプラットホームAtlassianのためだ。そして2013年の第一四半期には、完全にHTML5に移行する。 続きを読む

  • Development As A Serviceプラットフォームを提供するCloud9がAccelおよびAtlassian Softwareから550万ドルを調達

    Development As A Serviceプラットフォームを提供するCloud9がAccelおよびAtlassian Softwareから550万ドルを調達

    アプリケーション開発環境をDevelopment as a Service(DaaS)の形で提供しているCloud9 IDEがシリーズAにて550万ドルを調達した。出資したのはAccel Partnersおよびソフトウェアプロダクトの開発を行なっているAtlassian Softwareだ。 Cloud9 IDEはAjax.orgから生まれる形でサービスの提供を行い始めた。同社サービスの主目的は、Javacript開発者のためのIDEを提供することだ(Javascriptを生んだBrendan Eichがアドバイザとして就任している)。設立は2010年… 続きを読む

  • 総合ソフトウェア開発ツールのAtlassianがMercurialによるプロジェクトホスティングサイトBitBucketを買収

    総合ソフトウェア開発ツールのAtlassianがMercurialによるプロジェクトホスティングサイトBitBucketを買収

    6月にソフトウェア開発ツールのAtlassianは、最近調達した$60M(6000万ドル)をエンタプライズ方面のM&Aに使うと述べた。その実際の動きは速くて、今日(米国時間9/28)Atlassianは、ソースコードコラボレーションホスティングサービスBitbucket.orgを買収した。価額等は公開されていない。 Bitbucketがホスティングしているアカウントは6万を超え、分散バージョンコントロールシステムMercurialを使用するソースコードホスティングとしては最大手である。デベロッパたちはここにソースコードのメイン… 続きを読む

  • ソフトウェア開発にOpenSocialを使う試み: JIRA 4.0がバグ退治はソーシャルにやれば効果的と

    ソフトウェア開発にOpenSocialを使う試み: JIRA 4.0がバグ退治はソーシャルにやれば効果的と

    筆者: David Diaz JIRAはAtlassianの製品だが、最初は単純でありふれたバグ発見ソフト、それがやがて進化して堅牢なソフトウェア開発管理ソフトとして人気製品になった。明日(米国時間10/6)リリースされるJIRA 4.0は、ダッシュボードの改良、JIRA Query Language(JQL)による検索の強化、そしてアクティビティストリームなど、いくつかの機能強化および新機能を盛り込んでいる。もっとも強力と思われる新機能は、OpenSocialの組み込みだ。その一連のよく使われるAPIにより、複数のソーシャルネットワーク間でデー… 続きを読む