オークション(用語)

オークションに関する記事一覧

  • BeepleのNFT作品が75億円で落札、アート界に変革の兆し

    BeepleのNFT作品が75億円で落札、アート界に変革の兆し

    米国時間3月11日、比較的無名のデジタルアーティストによるNFTデジタルアートのコラージュが、オークションで6900万ドル(約75億円)の値を付けた。「Everydays – The First 5000 Days」と題されたこの作品は、ネット上ではBeepleとして知られるアーティストマイク・ウィンケルマン氏が数年間かけて毎日描いたスケッチを集めたものだ。 続きを読む

  • ライブ配信でポケモンカードやフィギュアの販売、オークションを行うWhatnotが4.1億円を調達

    ライブ配信でポケモンカードやフィギュアの販売、オークションを行うWhatnotが4.1億円を調達

    筆者が2月に初めて記事にしたWhatnotは、この数カ月の間に機能面とユーザー数の両面において、急速に成長を遂げている。米国時間12月17日朝、この会社はシードラウンドで400万ドル(約4億1000万円)の資金を調達したと発表した。 続きを読む

  • ほぼ新品のエニグマ暗号機が初値約2200万円からオークションに

    ほぼ新品のエニグマ暗号機が初値約2200万円からオークションに

    今週はお金が余っているという方、2台目のブガッティを買う代わりにこのほぼ新品のEnigma Machine(エニグマ暗号機)はどうだろう?第二次世界大戦で連合国を苦しめたこのデバイスは、そもそも売りに出されること自体が珍しい。 続きを読む

  • ウォズニアックが手作業で組み立てたApple-Iが5000万円以上で落札

    ウォズニアックが手作業で組み立てたApple-Iが5000万円以上で落札

    ブリーフケースをボディーに使った古いパソコンというのはあまり興味をひくようなものではない。しかしそれがAppleが最初に作ったコンピューターの数少ない実物だとしたら話は別だ。 続きを読む

  • 誰かがR2-D2を200万ドル以上で落札

    誰かがR2-D2を200万ドル以上で落札

    ルークよ済まない。だがR2-D2と君のライトセーバーには新しい持ち主がいるようだ。 砂漠の真ん中のSandcrawlerの前で行われた(ということにしておこう)オークションで、R2-D2を200万ドルを超える価格で落札した人がいるらしい。 「いや、ちょと待った。それは『あの』R2なのか?最初の三部作で用いられたあの?」 悲しいかな、誰もが知っている限り、その質問への答が本当に「はい」になることはない。オリジナルの映画の様々な状況に合わせて、複数のR2が製作されている。Kenny Bakerが中に入ったいくつか、アクションシーンに用いられたいく… 続きを読む

  • 日本郵便がメルカリらと連携、個人間配送サービスを提供——匿名配送やコンビニ受け取りにも対応

    日本郵便がメルカリらと連携、個人間配送サービスを提供——匿名配送やコンビニ受け取りにも対応

    日本郵便は、フリマアプリやオークションサイトとのシステム連携による、個人間の配送サービス「e発送サービス」を6月20日から提供開始すると発表した。 e発送サービスでは、フリマアプリやオークションサイトで取引が成立すると日本郵便のシステムに連携。出品者は受け取ったQRコードを使えば宛名書きが不要、全国約1000店の郵便局または約1万2000店舗のローソンで送り状の発行と商品の発送ができる仕組みだ。 対象となるのは「ゆうパック」「ゆうパケット」による配送で、配送料金の決済はサイト上で完結、料金は一部をサイトの運営者が負担する(負担額はサイトに… 続きを読む

  • Hackathon NY 2017:Val.aiは自動運転車に駐車スペースオークションを行わせる

    Hackathon NY 2017:Val.aiは自動運転車に駐車スペースオークションを行わせる

    あなたを降ろした自動運転車はどこへ行くだろう?大都市では、駐車場は高価で、いつまでも駐車場を見つけることができないかもしれない。しかしTechCrunch Disrupt NYハッカソンでは、チームVal.aiが、近くの駐車スペースのためのオークションに自動運転車が参加する手段を開発した。 続きを読む

  • Jony Iveがチャリティオークションのために一台かぎりのiPad Proをデザイン…‘デザインの美術館’のためだ

    Jony Iveがチャリティオークションのために一台かぎりのiPad Proをデザイン…‘デザインの美術館’のためだ

    テクノロジーのコミュニティの中で生活している者にとって、本当に自慢できる物ってなんだろう? なんでそんなことを聞くの? とにかく、見せびらかして人の注目を集めたいという欲求がある人、それを健全な欲求と思える人、そして、とにかく本当に自慢できる物が欲しい、という人は、Jony Iveが特別にデザインしたこの、iPad Proに入札するとよい。それは、ある立派な目的のためだ。…少なくとも、あなたがそう思えるならば。 続きを読む

  • Amazon、美術品などに「希望価格提示」機能を導入―買い手は売り手と値切り交渉ができる

    Amazon、美術品などに「希望価格提示」機能を導入―買い手は売り手と値切り交渉ができる

    Amazonはクリスマス商戦に向けて意欲的に新しい試みを始めている。その一つが、eBayやPricelineにあるようなダッチ・オークション機能だ。ユーザーは興味のある商品についてMake an Offer〔希望価格提示〕ボタンを押して、Amazonのリスト価格より低い価格を提示することができる。 Amazonはこの機能を当初、15万件のアイテムに限定して提供する。対象は美術品、スポーツやエンターテインメン分野のコレクター向けアイテムだ。ただし「2015年にはさらに何十万件ものアイテムが追加される」という。 続きを読む

  • ザワットのスマホ向けオークション「スマオク」が「モバオク」と連携

    ザワットのスマホ向けオークション「スマオク」が「モバオク」と連携

    最近はスマートフォン向けのフリマアプリの話題が多いが、少し違うアプローチでCtoCの領域に挑戦しているのがザワットだ。同社はこれまでクラシファイドサービス「Wishscope」を提供していたが、そこでニーズの高かったファッションアイテムの売買を切り出す形で、スマートフォン向けオークションサービス「スマオク」を提供している。 スマオクは、売り手のユーザーが値付けをして出品したアイテムに対して初めての入札が入った時から24時間で落札が確定するオークションサービス。アプリのダウンロード数は10万件だそうで、先行するフリマアプリなどと比較すると… 続きを読む