augmented reality

  • 最新iPad Proは旧モデルから乗り換えるほどではないが、マウスとキーボードは快適で便利

    最新iPad Proは旧モデルから乗り換えるほどではないが、マウスとキーボードは快適で便利

    過去18カ月間、iPad Proは私の自宅から持ち出した唯一のマシンである。私は最近まで世界中で開かれるイベントに参加するため、またサンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドンにある当社のオフィスを訪れるため、自宅を離れて何度も国内外を移動した。自宅のデスクにいないときは、常にiPad Proが私のメインのポータブルマシンであった。 続きを読む

  • 未来のAR/VRヘッドセットは視点に追従して焦点を合わせるライトフィールド技術が本命か

    未来のAR/VRヘッドセットは視点に追従して焦点を合わせるライトフィールド技術が本命か

    ディスプレイの基本的な技術を研究開発しているスイスのスタートアップCrealは、VRとARのヘッドセットをさらにリアルな光学的技術によって、今よりも快適なデバイスにしようとしている。 続きを読む

  • Google Glassはエンタープライズ用のバージョン2で生き残りを目指す

    Google Glassはエンタープライズ用のバージョン2で生き残りを目指す

    Google Glassの登場は時期尚早だった。でもこの珍品は、Epson(エプソン)やMicrosoft(マイクロソフト)などのおかげでエンタープライズアプリケーションの世界に蘇っている。 続きを読む

  • Magic Leapの最初の製品は売れ行きがあまりにも不振

    Magic Leapの最初の製品は売れ行きがあまりにも不振

    Magic Leapが先ほど、シリーズEの資金調達ラウンドをもうすぐ完了すると発表した。しかし同社はその投資に、市場における同社の唯一のデバイスの売れ行き不振を組み合わせることになりそうだ。 続きを読む

  • ナイアンティックとクアルコムが共同で拡張現実グラスを開発

    ナイアンティックとクアルコムが共同で拡張現実グラスを開発

    CEOのJohn Hanke(ジョン・ハンケ)氏は、スマートフォンの次はARグラスの時代だ、と確信していた。だからナイアンティックがQualcomm(クアルコム)と組んで5G対応のARグラスを作っていることは、当然の成り行きだ。 続きを読む

  • マーケティング向けARコンテンツを気軽に作れるクラウドエディター

    マーケティング向けARコンテンツを気軽に作れるクラウドエディター

    スマートフォンの拡張現実(Augmented Reality、AR)には大きな将来性があったが、しかしこれまでは段階的な進化が多くて、新しいプラットホームの登場は少なかった。しかしモバイルのARに注力していたスタートアップにとっては、ユーザーに負担をかけないもっと軽いAR体験を作り出すことが、長年の課題だった。 続きを読む

  • ARマッピングの6D.aiがAndroidとヘッドセットをサポートへ

    ARマッピングの6D.aiがAndroidとヘッドセットをサポートへ

    コンピュータービジョンの技術で世界をマッピングする6D.aiの拡張現実プラットホームがベータを終了し、サポートするデバイスを拡張した。 続きを読む

  • Boschが車載ディスプレイをグラス不要で3D化

    Boschが車載ディスプレイをグラス不要で3D化

    ドイツの自動車産業を支える製造業大手のBosch(ボッシュ)が、未来のダッシュボードディスプレイの3D化を、専用グラス(眼鏡)不要、しかもアイトラッキング(目線追跡)不要で実現しようとしている。 続きを読む

  • ホログラフ技術で3D TVの実現に挑むLight Field Lab

    ホログラフ技術で3D TVの実現に挑むLight Field Lab

    3Dテレビは10年前のCESで大きく報道されたが、その後成功した消費者製品はない。でも、全員がギブアップしたわけではなくて、一部はアプローチを変えて再挑戦している。 続きを読む

  • Googleマップが歩行者のためのナビ「Live View」を拡張現実で実装

    Googleマップが歩行者のためのナビ「Live View」を拡張現実で実装

    Googleマップの中で、歩く方向を教える拡張現実(Augmented Reality、AR)をGoogle(グーグル)はベータ版として提供中だ。 続きを読む