自閉症(用語)

自閉症に関する記事一覧

  • 【コラム】「脳の多様性」を活用してサイバーセキュリティのスキルギャップを解消する

    【コラム】「脳の多様性」を活用してサイバーセキュリティのスキルギャップを解消する

    組織はさまざまな考え方や視点からサイバーセキュリティのスキルギャップに対処し、さまざまな能力や思考プロセスを持つ人材を取り入れてセキュリティチームを強化する必要がある。その際の最初のステップとなるのがニューロダイバーシティ(脳の多様性、神経多様性)の理解である。ニューロダイバーシティを持つ人には、未開発の可能性があることをご存じだろうか? 続きを読む

  • RightEyeのポータブル視線追跡検査器は、脳震盪の影響や読書の学習障害などを素早く検査できる

    RightEyeのポータブル視線追跡検査器は、脳震盪の影響や読書の学習障害などを素早く検査できる

    世の中では「目は心の窓」だと言われているが、生理学的に言えばそれらは本当は「目は脳の窓」だ。 RightEyeはその窓を通して、脳震盪やその他の脳の障害からもたらされる、一般的だが微妙な問題を発見する。その高速でポータブルな視線追跡ステーションは、数分のうちに、医者に行くべきか、プロの球技選手になるべきかを判定してくれる。 人間の目がどのように動いているのかを見ることで、多くのことを知ることができることがわかった。人びとは自分自身では気が付いていないかもしれないが、数多くの基本的な動作(目をキョロキョロさせたり、動く目標を目で追ったり)を… 続きを読む

  • 6歳のSriyaがデモしたペッパーはハイタッチで自閉症を改善

    6歳のSriyaがデモしたペッパーはハイタッチで自閉症を改善

    アメリカの児童は64人に1人の割合で自閉症スペクトラムに起因する問題を抱えているという。明らかにこれには対処のための研究が必要だ。TechCrunchが開催しているSF Disruptのハッカソンでは6歳のShriya Sreejuがこの点を訴えた。Sreejuが紹介したのはペッパー・ロボットをプラットフォームに利用した自閉症ソリューションだ。 続きを読む

  • Samsung、自閉症児童治療支援アプリケーションの「Look At Me」をリリース

    Samsung、自閉症児童治療支援アプリケーションの「Look At Me」をリリース

    ここ数年、自閉症スペクトラムの子供を持つ親や教師のために、さまざまなテック系ツールが登場してきている。コミュニケーションスキルを磨くためのアプリケーションやゲームが登場しているし、またバーチャルリアリティによって、さまざまな「状況」への対応力を訓練させようとするツールもある。多くは小規模チームが開発するものだが、自閉症スペクトラムの診断が増加する中、大企業の参入も増えてきたようだ。 続きを読む

  • 自閉症の子どもたちにインターネットとWebの自主的な利用を教えるAutism Expressed

    自閉症の子どもたちにインターネットとWebの自主的な利用を教えるAutism Expressed

    インターネットはとても強力なツールだが、きわめて危険な場所でもある。そのため、自閉症などの障害児がWebを有効に利用できないことが多い。彼らが、いろんなことを学べる場所であるはずなのに。 しかし、本誌のフィラデルフィア小集会(TC Philly Mini Meetup)に現れたAutism Expressedは、自閉症の子どもたちにインターネットについて教え、彼らが安全なWebサーフフィンを楽しめ、ソーシャルメディアをふつうに利用できることを目指している。 生徒たちはいくつかの学習単位をこなしていくのだが、最初はインターネットとはなんぞや+検索の… 続きを読む