自動車(用語)

自動車に関連する記事一覧

  • GMとフォードが新型コロナで米政府と契約していた人工呼吸器生産を完了

    GMとフォードが新型コロナで米政府と契約していた人工呼吸器生産を完了

    米国内での新型コロナウイルスの広がりを受け、数多くの自動車会社やメーカーが個人防護具や人工呼吸器の不足を補おうと工場を改造する計画を発表した。 続きを読む

  • 自律走行車の開発を後押しするはずの公道試験「評価」、実は逆効果か

    自律走行車の開発を後押しするはずの公道試験「評価」、実は逆効果か

    毎年、年末が近づくと、自律走行車の開発企業から不満の声が噴出し始める。毎年恒例となっているこの不満の原因は、California Department of Motor Vehicles(カリフォルニア州車両管理局(DMV))がすべての自律走行車(Autonomous Vehicle、以下「AV車」)開発企業に提出を義務づけている「Disengagement Report(自動運転解除レポート)」だ。AV車の試験を行うすべての開発企業は、試験走行中に「Disengagement」した回数、つまり自律走行モードから人間のドライバーによる手動運転に切… 続きを読む

  • 適切なタイヤ選びを教育的コンテンツと金融サービスで支えるTire Agentが約5億円を調達

    適切なタイヤ選びを教育的コンテンツと金融サービスで支えるTire Agentが約5億円を調達

    Entrepreneurs Roundtable Acceleratorが支援するTire Agentは、21世紀のタイヤ産業を目指している。同社は米国時間7月27日、American Family Venturesがリードする500万ドル(約5億3000万円)の資金調達ラウンドが完了したことを発表した。 続きを読む

  • 家族経営の小規模配車事業者のデジタル化を助けるSwoop、新型コロナ流行はチャンスにもなる

    家族経営の小規模配車事業者のデジタル化を助けるSwoop、新型コロナ流行はチャンスにもなる

    ロサンゼルスの運送業予約サービスであるSwoopは、新しいSaaSプラットホームにより、小規模でローカルな事業者を新型コロナの時代に適応させようとしている 続きを読む

  • フォードのSUV「Bronco」のアクセサリーマウンティングバーがすごい、自由自在にスマホやドラレコを取り付け可能

    フォードのSUV「Bronco」のアクセサリーマウンティングバーがすごい、自由自在にスマホやドラレコを取り付け可能

    FordのSUV、2021 Broncoは、オーナーがガジェットをたくさん持っていることを知っている。ダッシュボードの上、フロントガラスの手前にアクセサリーマウンティングバーがある。iPhoneをマウントする。レーダー検知器やGoProやドライブレコーダーなどなんでも取り付ける。これは素晴らしい! 続きを読む

  • 米国でのナンバープレート監視回避は「非現実的」と米税関・国境警備局

    米国でのナンバープレート監視回避は「非現実的」と米税関・国境警備局

    米税関・国境警備局(CBP)は、最新のプライバシー評価の中で、同局のナンバープレートリーダーによる車の追跡を米国人が回避する現実的な方法はないと認めた。 続きを読む

  • フォードの主力ピックアップトラック「2021 F-150」で採用されたテクノロジーのすべて

    フォードの主力ピックアップトラック「2021 F-150」で採用されたテクノロジーのすべて

    Ford(フォード)社は木曜日の晩、エレキギターのリフをバックに、ビデオの中から飛び出してくるような演出を用いて、フルモデルチェンジを果たしたF-150 トラックの新型車を大々的に発表した。MCにはなんと、あの歯に衣着せぬDenis Leary(デニス・リアリー)を起用した。 続きを読む

  • Karma AutomotiveがEVプラットフォームの他社再販へ約110億円を調達

    Karma AutomotiveがEVプラットフォームの他社再販へ約110億円を調達

    Bloomberg(ブルームバーグ)が報じたところによると、Karma Automotiveは外部投資家から1億ドル(約110億円)の資金を調達した。同社は2014年にWanxiang Groupに買収される前に倒産に直面していたFisker Automotiveの生まれ変わりだ。 続きを読む

  • メルセデス・ベンツの2021年型Sクラスは大型タッチスクリーン搭載でさらにデジタル化

    メルセデス・ベンツの2021年型Sクラスは大型タッチスクリーン搭載でさらにデジタル化

    Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)が米国時間7月6日に、次期2021年型Sクラスの予告画像とビデオを公開した。これまでのモデルに見られる物理的なノブやトグルボタンが少なく、デジタル化をさらに打ち出した、洗練されたインテリアを強調している。 続きを読む

  • 2020年ベントレー新型フライングスパーは極上の乗り心地とパフォーマンス

    2020年ベントレー新型フライングスパーは極上の乗り心地とパフォーマンス

    ベントレーの新型フライングスパーはラグジュアリーを極めた高級セダンである。ほとんどのスポーツカーよりも大きなエンジンを搭載し、極上の座り心地の4つの座席を備え、まるでシャワーフロアを滑る石鹸のようになめらかに道路を滑走する。27万9000ドル(約3000万円)という価格を掲げたさすがの仕様である。 続きを読む