automotive

  • Tesla、Model 3の生産を24時間体制へ

    Tesla、Model 3の生産を24時間体制へ

    TeslaはModel 3セダンの生産能力を引き上げようとしていることがJalopnikが入手したメールでわかった。今週当社はModel 3の製造ラインを中断したが、このメールによるとラインは間もなく再開されるほか、第三の作業シフトが追加されて深夜にも製造が可能になる。Teslaは6月までに週6000台のペースでModel 3を製造することを目標にしている。 続きを読む

  • カリフォルニア州が自動運転車の完全無人テストを許可、Waymoはさっそく申請か

    カリフォルニア州が自動運転車の完全無人テストを許可、Waymoはさっそく申請か

    Alphabet/Googleの自動運転車事業Waymoが、セーフティードライバー不在でカリフォルニアの公道に出られる、州が新たに設けた許可を、二番目に申請する企業になった。San Francisco Chronicleの記事が、そう報じている。これにより同社の車–ミニバン–が、マウンテンビュー周辺の路上に出ることになる。そこは同社が(Google時代も含めて)、大量のテストをして大量のデータを取得した地域だ。 続きを読む

  • Elon Muskが過剰なオートメーションを過失と認め、人間を過小評価していたと反省

    Elon Muskが過剰なオートメーションを過失と認め、人間を過小評価していたと反省

    Wall Street Journalの記者のツイートに応えてMusukは、こう言った: “Teslaの過剰なオートメーションは間違いだった。人間が過小評価されていた”。彼はこれを、CBS NewsのGayle Kingにも語った: “工場にはコンベヤベルトの複雑でクレージーなネットワークがあったが、それほどの生産効果があるわけでもない。だから、全部捨てた”。 続きを読む

  • カリフォルニア州自動車局が自動運転車試験の規則を改定

    カリフォルニア州自動車局が自動運転車試験の規則を改定

    自動運転車という事業は今、厳しい検証にさらされている。それには、アリゾナ州テンピーにおけるUberの自動運転車が起こした死亡事故や、 TeslaのModel Xの同じく死亡事故がからんでいる。後者の事故は、Teslaの半自動システムAutopilotが関連している。今日(米国時間4/1)、カリフォルニア州自動車局は、自動運転車に関する新しい規則を採用した。 続きを読む

  • Tesla、死亡事故当時オートパイロットが作動していたと発表

    Tesla、死亡事故当時オートパイロットが作動していたと発表

    Teslaは先週の死亡事故について追加情報を公開した。Teslaの発表によると当時運転手はオートパイロットのアダプティブ・クルーズコントロールを最小車間距離設定して使用していたことがわかった。しかし、運転手は人間が制御を取り戻すよう促すシステムの警告を無視したと思われる 続きを読む

  • アナリストのジーン・マンスター曰く「TeslaはおそらくModel 3の生産目標に届かない」

    アナリストのジーン・マンスター曰く「TeslaはおそらくModel 3の生産目標に届かない」

    アナリストのGene Munsterの予測によると、TeslaはModel 3の生産目標を達成できそうにない。Bloombergが伝えた。MunsterはBloombergのインタビューに、投資家らはTeslaが週に2500~3000台生産すると予想したが、実際には週に1500~2000台となる可能性が高いと答えた。そんな予測にも関わらず、MunsterはTeslaの将来に楽観的だ。 続きを読む

  • Uber、自動運転車の死亡事故で被害者遺族と和解

    Uber、自動運転車の死亡事故で被害者遺族と和解

    報道によると、Uber は先週同社の自動運転車の事故で死亡したElaine Herzberg(47)の遺族と早期の和解が成立した。Herzbergは暗い道路を自転車を押しながら横断していて事故にあった。 続きを読む

  • 「Teslaはオートメーションを使いすぎ」とアナリストが指摘

    「Teslaはオートメーションを使いすぎ」とアナリストが指摘

    英国金融系調査会社、Bernsteinのアナリスト、Max WarburtonとToni Sacconaghiが、Elon Muskはオートメーションを使いすぎている、と指摘している。Business Insiderが報じた。そして、Tesla が思うようにスケーリングできないのはそれが理由だという。 続きを読む

  • Uberの自動運転車はNvidiaのDriveコンピューティングプラットホームを使っていなかった

    Uberの自動運転車はNvidiaのDriveコンピューティングプラットホームを使っていなかった

    Uberは同社の自動運転車にNvidiaのハードウェアを使っていたが、Nvidiaの自律コンピューティングプラットホームDriveは採用していなかった。後者にはNvidia独自のリアルタイムセンサーフュージョンやHDのマッピング、経路計画などの機能が含まれていた。NvidiaのCEO Jensen Huangは今日(米国時間3/28)、サンノゼで行われていた同社のGPU Technology Conferenceの記者会見でそう明かした。 続きを読む

  • TeslaがModel Xの死亡事故について知っていること

    TeslaがModel Xの死亡事故について知っていること

    Tesla は、先週起きたModel Xの火災を伴う死亡事故について追加情報を公開した。今夜のブログ記事でTeslaは、事故が起きる直前に何が起きたのかまだ明らかになっていないと言った。Teslaは事故の原因についてもわかっていないと言った。 続きを読む

  • Uber、カリフォルニア州での自動運転テスト許可を再申請せず

    Uber、カリフォルニア州での自動運転テスト許可を再申請せず

    死亡事故のあと自動運転車の試験走行を全面的に中断しているUber, は、カリフォルニア州での自動運転車のテスト許可を再申請しないことを決定した。Uberの同州での許可は3月31日に満了となる。 続きを読む

  • Uberはアリゾナ州の路上の自動運転車のテストを禁じられた

    Uberはアリゾナ州の路上の自動運転車のテストを禁じられた

    先週、試験走行中の車の一台が道路を横切ろうとする歩行者を死亡させるという事故を起こしたUberは、アリゾナ州の公道上での自動運転車のテストを禁止された。州知事Doug DuceyはUberのCEO Dara Khosrowshahiに送った書簡を公開し、その中で彼は、車載カメラが捉えた事故の様相を、“不穏当かつ怖ろしい”と形容している。 続きを読む

  • Mobileyeが事故映像を分析して歩行者検出から衝突まで間が十分あったとUberを非難

    Mobileyeが事故映像を分析して歩行者検出から衝突まで間が十分あったとUberを非難

    自動運転車による歩行者の死亡人身事故は、この技術の関連企業にとって決して良い宣伝にはならないが、話題が冷(さ)めないうちに原因をよく知るべきでもある。そこでMobileyeのCEO兼CTOのAmnon Shashuaは親会社Intelのブログで、同社のコンピュータービジョンソフトウェアが事故時の映像を分析した結果、被害者の人物を衝突の1秒も前に検出した、と述べている。 続きを読む

  • Appleの無人運転試験車、この2カ月で倍増

    Appleの無人運転試験車、この2カ月で倍増

    Appleの自動運転車への取組みが進んでいる。1月以来試験走行車の数が2倍近くになった。 続きを読む

  • トヨタが自動運転車の公道テストを休止、Uberの事故を受けて

    トヨタが自動運転車の公道テストを休止、Uberの事故を受けて

    Toyotaは、Uberの自動運転テスト車が歩行者の死亡事故を起こしたことを受けて、同社の自動運転システム‘Chauffeur’のアメリカにおける公道試験を一時停止する。 警察が発表した最初の所見では、被害者が道路の横断歩道以外の場所を急いで横断しようとしたため、人間運転者でも事故を避けることはきわめて難しかっただろう、という。しかしToyotaはBloombergの取材に対して、“テストドライバーたちの心情に及ぼす事故の影響”を考慮したため、と言っている。 続きを読む

  • Fordは自動車の生産方法を変えようとしている…プラットホームからアーキテクチャへ

    Fordは自動車の生産方法を変えようとしている…プラットホームからアーキテクチャへ

    115歳になるFordはこれまで、数多くの変化を経験してきた。同社は今年もまた、変わろうとしているようだ。 今日Fordは、ミネソタ州ディアボーンの開発センターの奥深くにある劇場に、数百名のジャーナリストを集めた。その建物は、技術研究所や試験施設に囲まれている。通りの向こうには、テストコースがある。その向こうに本部の建物があり、駐車場からはThe Henry Ford Museum(ヘンリー・フォード博物館)が見える。ここは、Fordの発祥の地だ。 続きを読む

  • Fordのコロンブスの卵: 自動運転車のセンサーシステムをドローンでバックアップする

    Fordのコロンブスの卵: 自動運転車のセンサーシステムをドローンでバックアップする

    未来の自動車は、自分が正しく動くために大量のセンサーに依存するだろう。今日すでに彼らは、カメラや超音波機器やレーダーの配列などなどを山のように積み込んでいるが、しかしそれらの多くは、やや規格から外れたようなドライバーのアシストが主な目的で、しかもそれらが万一動作しなくても、いざというときは人間ドライバーが持っている感覚器に頼る、という前提だ。 しかし、そのかんじんの、人間の感覚器が役に立たないときもある。そこでCNETの報道によるとFordは、車載センサーのバックアップとして、人間の感覚器官に代わる新しい方法を編み出し、特許を出願した。… 続きを読む

  • Lyft曰く、売上成長率はUberの3倍

    Lyft曰く、売上成長率はUberの3倍

    Lyft は2017年に大きく躍進した。米国内での市場拡大に加えて主要ライバルであるUberのさまざまな悪いニュースのおかげでもある。会計2017年度の売上はGAAP基準で10億ドルを超え、特にQ4の伸び率はUberの2.75倍となる前年比168%を記録した。Uberは61%増だった。 続きを読む

  • テキサス州アーリントン、市内バスを相乗りサービスで置き換え

    テキサス州アーリントン、市内バスを相乗りサービスで置き換え

    輸送サービス会社は様々な方法を使って公共交通当局と関わっている。しかし、その究極ともいえるのが、テキサス州アーリントン市がライドシェアリング会社のViaと結んだパートナー契約だ。Viaはアーリントン市のダウンタウン地域に相乗りワゴン車10台を配置する(The Vergeによる)。 続きを読む

  • Volkswagenの自動運転スクールバスは通学だけではもったいないクールバス

    Volkswagenの自動運転スクールバスは通学だけではもったいないクールバス

    自動運転車が普及したら、子どもを学校に行かせることがずっと楽になるかもしれない。そう主張したいVolkswagenはジュネーブのモーターショーに二年連続で、自動運転マイクロバスSEDRICを出展した。この未来のスクールバスは、外観がアメリカの小学校教科書の表紙によくあるような黄色で、中には学童を楽しませるための大型OLEDスクリーンがある。そして椅子の下には、かばんなどのための収納スペースがある。 続きを読む