automotive

  • Boschが車載ディスプレイをグラス不要で3D化

    Boschが車載ディスプレイをグラス不要で3D化

    ドイツの自動車産業を支える製造業大手のBosch(ボッシュ)が、未来のダッシュボードディスプレイの3D化を、専用グラス(眼鏡)不要、しかもアイトラッキング(目線追跡)不要で実現しようとしている。 続きを読む

  • テスラの車内ゲームセンター「テスラアーケード」にチェスがやってきた

    テスラの車内ゲームセンター「テスラアーケード」にチェスがやってきた

    同社は6月のゲームカンファレンスE3で、車載インフォテインメントシステム用の「アーケード」(ゲームセンター)アプリを発表し、そして今度はそこに、世界でもっともスリリングなゲームであるチェスを加える。 続きを読む

  • アップルはテスラから今度は車の内装の専門家をスカウト

    アップルはテスラから今度は車の内装の専門家をスカウト

    テスラ(Tesla)の技術系高級役員がまた一人、アップル(Apple)に移籍した。Teslaのエンジニアリング部門の副社長だったSteve MacManus(スティーブ・マクマナス)氏は、今ではAppleのシニアディレクターだ。 続きを読む

  • 自動運転技術を車いす利用者向けにチューニングしたシャトルカー

    自動運転技術を車いす利用者向けにチューニングしたシャトルカー

    このような低速の電気自動車に関しては、アメリカなど多くの国でまだその設計や安全性機能に関して明確な指針や規制がない。そこで同社が考えたのが、障がい者向けの設計に関して最初からコミュニティと協働することだ。 続きを読む

  • 電気自動車の電池をインターネットからリアルタイム管理するクラウドサービス

    電気自動車の電池をインターネットからリアルタイム管理するクラウドサービス

    Boschが提供するクラウドサービスには、アドバンテージが3つある: (1)電池の長寿命化、(2)修理間隔を長くしてメンテナンスを楽にする、(3)充電の適正管理により電池の好調高能力を長時間維持する。 続きを読む

  • 自動運転車の視界に入っていない歩行者を検出できるRF探知技術

    自動運転車の視界に入っていない歩行者を検出できるRF探知技術

    今では歩行者もそのほとんどがモバイルデバイスを持っているから、この検出装置はそれらをスマートなビーコンに換えて、車から見えるように、そして避けられるようにする。 続きを読む

  • ソフトバンクとトヨタ合弁のオンデマンドバス事業に5社の自動車メーカーが参加

    ソフトバンクとトヨタ合弁のオンデマンドバス事業に5社の自動車メーカーが参加

    ソフトバンクとトヨタの合弁事業MONET Technologiesは、最終目標としては自動運転のモジュール構造バスによるオンデマンドの交通サービスを提供する。同社にこのほど、5社の新たなパートナーが加わった。 続きを読む

  • 走行距離720kmの完全ソーラーカーLightyear Oneは予約価格1450万円

    走行距離720kmの完全ソーラーカーLightyear Oneは予約価格1450万円

    プロトタイプ車の「Lightyear One」は今日(米国時間6/25)披露されたばかりだが、すっきりとしたドライバーフレンドリーなデザインで、しかも一回の充電で720キロメートル走る。太陽光を電源とし実際に消費者市場をねらっている自動車としてこの性能は、断固初めてだ。 続きを読む

  • 日産のゼロエミッションのアイス販売車は古いEVの電池を再利用

    日産のゼロエミッションのアイス販売車は古いEVの電池を再利用

    アイスクリーム販売車は、実は「環境に重大な危害をもたらすとは誰も思わなかったけどもしかしたらそうかもしれない」モノの仲間だった。 続きを読む

  • Waymoが自動運転車技術のグローバル展開を目指しルノー日産と提携

    Waymoが自動運転車技術のグローバル展開を目指しルノー日産と提携

    WaymoのCEOおよび同社の見方では、これは両国における商用サービスの展開の開始を意味し、可能性としてはさらに中国などほかの国での展開にもつながる。 続きを読む