自動運転(用語)

自動運転に関する記事一覧

  • Lunewaveが自動運転用レーダーナビシステムの商品化へ前進、約7.3億円調達

    Lunewaveが自動運転用レーダーナビシステムの商品化へ前進、約7.3億円調達

    自動運転車のための画期的なレーダー技術を開発するアリゾナのスタートアップLunewaveは、このシステムの商品化に向けた準備を整える中、700万ドル(約7億3000万円)の資金調達を行った。 続きを読む

  • 自動運転トラックで食料・生活雑貨などを運ぶGatikがカナダ小売大手Loblawと提携

    自動運転トラックで食料・生活雑貨などを運ぶGatikがカナダ小売大手Loblawと提携

    「中距離」専門の自動走行車両スタートアップGatikは、顧客がオンラインで注文したグローサリー、食料や生活雑貨、日常品などをWalmartのために輸送するのに自動運転ボックス型トラックを使用している。そして現在、GatikはシリーズAで2500万ドル(約26億円)を調達し、小売大手Loblawとの提携の下、カナダに進出する。 続きを読む

  • ヒュンダイとAptiveの合弁会社がドライバーレス自動運転車両のテスト許可をネバダ州で取得

    ヒュンダイとAptiveの合弁会社がドライバーレス自動運転車両のテスト許可をネバダ州で取得

    AptiveとHyndaiが自動運転車の商業化を目的に計40億ドル(約4165億円)を投資して設立した合弁会社Motionalは、完全無人の自動運転車両を公道で走らせる準備をしている。ネバダ州から走行許可を取得した。 続きを読む

  • Uberがトラブル続きだった自動運転技術部門ATGをライバルのAuroraに売却か

    Uberがトラブル続きだった自動運転技術部門ATGをライバルのAuroraに売却か

    18カ月前、Uberの自動運転部門である Uber Advanced Technologies Group(ATG)はトヨタやデンソー、ソフトバンクのビジョンファンドから10億ドル(約1047億円)の出資を受けてバリュエーションが72億5000万ドル(約7600億円)になった。そのATGはいま、売りに出ている。 続きを読む

  • ホンダが市販車初となるドライバーの監視が不要な自動運転レベル3の「レジェンド」を2021年3月発売

    ホンダが市販車初となるドライバーの監視が不要な自動運転レベル3の「レジェンド」を2021年3月発売

    HondaはSAEレベル3機能の自動運転車を初めて量産するメーカーになったことを発表した。Honda Legend luxury sedanの完全認定済み自動運転装置付きモデルは2021年3月に日本で販売開始される 続きを読む

  • 自動運転配達のNuroが新たに約526億円調達、ソフトバンクも追加出資

    自動運転配達のNuroが新たに約526億円調達、ソフトバンクも追加出資

    元Googleのエンジニア2人が創業した自動運転配達スタートアップのNuroが5億ドル(約526億円)を調達した。投資家らはロボティクスや自動走行車両のテクノロジーの長期的追求にまだ関心を持っていることをうかがわせる。ポストマネーのNuroのバリュエーションは50億ドル(約5260億円)だ。 続きを読む

  • 後付け自動運転システムを開発する中国のスタートアップPony.aiが276億円の資金調達、評価額5476億円に

    後付け自動運転システムを開発する中国のスタートアップPony.aiが276億円の資金調達、評価額5476億円に

    中国のスタートアップ、Pony.aiが自動運転車ビジネスに参入したのは比較的新しいが、カナダの教員年金基金等から275億円のベンチャー資金を調達し、 5476億円の会社評価額を達成した。 続きを読む

  • ダイムラーがLiDAR企業Luminarに投資、自動運転トラックの高速道路投入を推進

    ダイムラーがLiDAR企業Luminarに投資、自動運転トラックの高速道路投入を推進

    Daimlerのトラック部門が、LiDARの開発企業であるLuminarに投資を行った。これは運転席に人間のドライバーを乗せることなく、高速道路を走行できる自動運転トラックを製造するための、より広範なパートナーシップの一環である。 続きを読む

  • Teslaが「フル自動運転」オプションの価格を100万円超に引き上げ

    Teslaが「フル自動運転」オプションの価格を100万円超に引き上げ

    Teslaは、その「Full Self-Driving(FSD、フル自動運転)」ソフトウェアアップグレードオプションを先週から段階的にリリースし始めているが、創業者でCEOのイーロン・マスク氏の予告通り、同時にその価格を1万ドル(約104万円)に引き上げた。 続きを読む

  • Via、現代自動車、Aptivが米国でロボタクシーサービスを2021年上半期に展開

    Via、現代自動車、Aptivが米国でロボタクシーサービスを2021年上半期に展開

    HyundaiとAptivの合弁企業Motionalと、オンデマンドシャトルスタートアップのViaは2021年上半期に米国の都市の公道でロボタクシーサービスを展開する計画だ。オンデマンドシェアリングロボタクシーの「青写真」を描き、こうしたドライバーレスの車両をどれくらい大量輸送機関に統合できるかを調べるのが目的だ、と各社は話した。 続きを読む