autonomous vehicles

  • ヒュンダイとソウル市が共同事業で自動運転車の路上テストへ

    ヒュンダイとソウル市が共同事業で自動運転車の路上テストへ

    Hyundaiがソウル市と交わした覚書により、同社は来月からカンナム地区で6台の自動運転車の公道上のテストを行う。その取り決めによると、6台の車は12月に23の道路でテストを開始する。 続きを読む

  • Sense PhotonicsのフラッシュLiDARが量産体制に移行

    Sense PhotonicsのフラッシュLiDARが量産体制に移行

    Sense Photonicsは、その高度なフラッシュライダーを予約販売している。 続きを読む

  • Google系自動運転のWaymoが20兆円程度の評価額で外部資本導入か

    Google系自動運転のWaymoが20兆円程度の評価額で外部資本導入か

    自動運転車企業Waymoが初めて、外部資本を調達するかもしれない。しかもそのとき望む評価額は、ジェネラルモーターズ傘下の自動運転車企業Cruiseの150億ドル近くの、“数倍以上”だ。 続きを読む

  • 地元検察はUberに刑事責任なしと判定、2018年の自動運転車歩行者死亡事故で

    地元検察はUberに刑事責任なしと判定、2018年の自動運転車歩行者死亡事故で

    Herzbergの死のほぼ1週間前にUberの管理職の一人が役員たちに送ったメールで、同社の自動運転車の安全性の問題に関して警告を発していた。 続きを読む

  • 死亡事故から数か月経ったUberが自動運転車のテストを再開

    死亡事故から数か月経ったUberが自動運転車のテストを再開

    ロイターの報道によれば、Uberは同社の自動運転車のテストの再開をペンシルベニア州から認められた。 Uberはペンシルベニア州交通局から認可証をもらったが、まだ自動運転の運用を再開していない、と同社のスポークスパーソンが確認した。 続きを読む

  • Appleの自動運転車、4ヶ月で27%増の70台に

    Appleの自動運転車、4ヶ月で27%増の70台に

    Appleは自動運転車のカリフォルニア州でのテスト車を増やし続けている。カリフォルニア州陸運局の記録によると、5月以来27%の増加だ。 続きを読む

  • Waymoは、自動運転車を毎日2万5000マイル走らせている

    Waymoは、自動運転車を毎日2万5000マイル走らせている

    Googleの自動運転プロジェクトがスピンオフしてAlphabet傘下の会社となったWaymoは、これまでに自動運転車を800万マイル公道で走らせた。 続きを読む

  • 死亡事故を起こしたUberの自動運転車は歩行者検出から衝突まで6秒あったのに緊急ブレーキが無効にされていた

    死亡事故を起こしたUberの自動運転車は歩行者検出から衝突まで6秒あったのに緊急ブレーキが無効にされていた

    【抄訳】 Uberの自動運転車が三月に起こした死亡事故に関する、国の交通安全委員会(National Transportation Safety Board, NTSB)の最初の報告書が、車は衝突の6秒も前に歩行者を検出していたが、緊急ブレーキシステムが意図的に無効にされていたため、減速も停止もしなかったことを、確認している。 続きを読む

  • Apple、フォルクスワーゲンと提携して従業員用無人運転シャトルを開発

    Apple、フォルクスワーゲンと提携して従業員用無人運転シャトルを開発

    Appleは自動運転車の開発でVolkswagenと提携することを決めた。a href=”https://www.nytimes.com/2018/05/23/technology/apple-bmw-mercedes-volkswagen-driverless-cars.html”>The New York Timesが今日(米国時間5/23)報じた。同紙によると、VolkswagenのトランスポーターT6をベースにした無人運転車を従業員向けシャトルバスとして使う計画だ。 続きを読む

  • 死亡事故を起こしたUberの自動運転車は被害者を見たけど無視したらしい

    死亡事故を起こしたUberの自動運転車は被害者を見たけど無視したらしい

    Uberの自動運転車による死亡事故の原因は、ソフトウェアにあったようだ。それは具体的には、どのオブジェクトを無視しどれに対応するかを判断するファンクションだ、とThe Information誌が報じている。これで、責任はUberの玄関の真ん前に置かれることになるが、そもそも最初から、それ以外と考えられる余地はあまりなかった。 続きを読む