アバター(用語)

アバターに関する記事一覧

  • テレワーク・イベントなど対応のバーチャル空間を提供するoViceが18億円調達、海外進出やハイブリッドワーク対応加速

    テレワーク・イベントなど対応のバーチャル空間を提供するoViceが18億円調達、海外進出やハイブリッドワーク対応加速

    ちょっとした会話・雑談も行え、自由に動いて自由に話しかけられるバーチャル空間「oVice」(オヴィス)を手がけるoViceは9月15日、シリーズAラウンドにおいて、第三者割当増資による18億円の資金調達を発表した。調達した資金により、海外への展開を加速させるとともに、アフターコロナのハイブリッドワークでも快適にoViceを使用できるよう開発を進める。 続きを読む

  • ロボット学者・石黒浩教授が大阪大学発スタートアップ「AVITA」を設立し5.2億円の資金調達

    ロボット学者・石黒浩教授が大阪大学発スタートアップ「AVITA」を設立し5.2億円の資金調達

    ロボット学者として知られる石黒浩教授は9月7日、大阪大学発スタートアップとして「AVITA株式会社」を設立するとともに、5.2億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、大阪ガス、サイバーエージェント、塩野義製薬、凸版印刷、フジキン。各社と事業連携を行いながら、アバターの社会実装に取り組む。 続きを読む

  • 3Ⅾのアバター・仮想空間によるクラウドオフィス「RISA」、テレワークで失われた気軽な会話を生む環境を追求

    3Ⅾのアバター・仮想空間によるクラウドオフィス「RISA」、テレワークで失われた気軽な会話を生む環境を追求

    クラウドオフィス「RISA」は、ビジネスシーンで利用可能な3Ⅾのアバター・仮想空間による新たなバーチャルオフィスとなる。大阪に拠点を置くOPSIONが2020年10月からRISAの提供を開始し、現在はコニカミノルタなどの大手企業をはじめ約40社が導入している。 続きを読む

  • アバター作成スタートアップGeniesがNFT人気に乗じて約71億円調達

    アバター作成スタートアップGeniesがNFT人気に乗じて約71億円調達

    ロサンゼルスのGeniesは、有名ミュージシャンたちとのパートナーシップを成功させ、非常に広い範囲のアバタープラットフォームという大きなビジョンの実現に、初めて近づいている。同社は米国時間5月3日、メアリー・ミーカー氏のBondがリードする6500万ドル(約71億円)のシリーズBを完了したことを発表した。 続きを読む

  • 登録者数1.5億人のアバターアプリZEPETOはSnowから独立して中国を意識する

    登録者数1.5億人のアバターアプリZEPETOはSnowから独立して中国を意識する

    1年半前にZ世代ユーザーの間で流行した韓国のアプリZEPETOを覚えている人もいるだろう。自撮り画像をアニメーションするアバターに変換して、コンピューターが作り出したバーチャルなアイテムに囲まれた世界で楽しく遊ぶというアプリだが、そのレリバンスは維持されているようだ。 続きを読む

  • Facebookが写真から自動的にアバターを生成する研究結果を発表

    Facebookが写真から自動的にアバターを生成する研究結果を発表

    アバターの作成。いったい誰が、そんなことに使える時間を持っているのだ?もちろんその「誰」はコンピューターだ。もしこのFacebookも研究が製品化されたら、髪型や、肌の色や、ヒゲの長さを選ぶのにただの1秒も無駄に使う必要はなくなる。 コンピュータービジョン国際会議(International Conference on Computer Vision)で発表された論文(PDF)で、Lior Wolfたちが報告したのは、入力した実際の顔から、絵文字ジェネレーターによる最高の出力結果を生み出す、機械学習システムの構築だ。 続きを読む

  • GoogleのVRプロトタイプは、かわいいグルグル目だけで人間を効果的に表現できる(という意外性)

    GoogleのVRプロトタイプは、かわいいグルグル目だけで人間を効果的に表現できる(という意外性)

    仮想空間の中で人間を表現するベストの方法はなんだろう? 顔写真みたいな矩形の中にアバターの画像を収めるか? それじゃあ、まるでSlackだ。スライダーが100万もある顔を特製するか? それはあまりにもSecond Life的だ。顔の3Dスキャンをやるか? そんなの、“Lawnmower Man”のぱくりだよ。では、ユーザーが着けているヘッドセットを漫画的に表現するのはどう? 目だけが、グリグリっと(googly)前に飛び出てるんだ。うーん、天才的なアイデアかも。 続きを読む

  • Twitterでアバターが知らない人と入れ替わるバグ, 今プロフィールの設定を不能に

    Twitterでアバターが知らない人と入れ替わるバグ, 今プロフィールの設定を不能に

    ちょっと気になるTwitterのバグがある。正しいアカウントで、アバターが別のユーザと入れ替わってしまうらしいのだ。 現在、全ユーザのプロフィール設定を不能にしている。今のままで行くしかない。ツイートしようとしたら、自分が見知らぬ他人になっていた、なんて困るよね。ぜったい、おかしい。数時間前に、Twitter自身は次のように言っている: 続きを読む

  • Twitterには散々な1日―多数のユーザーのアバターがタマゴに変わってしまった

    Twitterには散々な1日―多数のユーザーのアバターがタマゴに変わってしまった

    今日(米国時間7/26)Twitterは1時間近くダウンしたかと思うと、今度は多くのユーザーがアバター写真がタマゴに変わってしまったと苦情を言っている。タマゴは新規登録したもののアバター写真をアップロードしていないユーザーに仮に割り当てられるアバターだ。 続きを読む

  • 遠隔地に触覚までをも伝達する、慶応大学舘教授のテレプレゼンスロボット(動画あり)

    遠隔地に触覚までをも伝達する、慶応大学舘教授のテレプレゼンスロボット(動画あり)

    慶応大学の舘教授は、1980年代からテレプレゼンスロボットの研究を続けている。そして発表されたTELESAR Vはテレイグジスタンス・ロボットアバターと呼ばれ、舘研究室のこれまでの集大成となっている。ロボットは視覚、聴覚、および触覚までをも遠隔地に伝えることができ、人々を時間的空間的制約から解き放つものとして期待されている。 ロボットの機能として目指すのは、遠隔地においてオルターエゴ(アバターと言った方がわかりやすいだろうか)として動くようなレベルだ。遠隔地で動くロボットの視覚を通してオペレーターも同じ物を見て、そしてロボットが耳にするも… 続きを読む

  • 映画「アバター」は観るべき? Twitter上のクチコミ調査では75%が好評価

    映画「アバター」は観るべき? Twitter上のクチコミ調査では75%が好評価

    ジェームズ・キャメロンが映画ビジュアルに新風を送り込んだアバターが、ハリウッド史上に残るSF大ヒット作となりそうな勢いだ。初日の興行収入は$27M(2700万ドル)に過ぎなかった(「ニュームーン/トワイライト・サーガ」は$72M、「トランスフォーマー」は$68だった)。しかしTechCrunchのMichael Arringtonは「アバター」を評して「映画界のiPhoneだ」と述べている(既に4回はこの映画を観ているはずだ。Yammerでも褒めまくっている)。そしてこの映画を評価するのは彼だけではない。既に全世界でチケット販売額$40… 続きを読む