AWS Lambda

  • サーバーレスワークロードの保護とトラブルシューティングを支援するThundra

    サーバーレスワークロードの保護とトラブルシューティングを支援するThundra

    サーバーレスツールスタートアップのThundra(サンドラ)は、米国時間1月22日に、Battery Venturesが主導する400万ドルのシリーズAを発表した。 続きを読む

  • モニタリング大手のNew RelicがサーバーレスモニタリングのIOpipeを買収

    モニタリング大手のNew RelicがサーバーレスモニタリングのIOpipeを買収

    仮想マシンが支配している世界からサーバーレスの世界へ移行すると、モニタリングの性質も変わってくる。New Relicのような伝統的なモニタリングのベンダーも、そのことをよく承知していて、今朝はサーバーレスのモニタリングを行うシアトルの新進スタートアップIOpipeの買収を発表した。 続きを読む

  • サーバーレスをモニタするEpsagonがAWS Lambdaオンリーを脱して多極化

    サーバーレスをモニタするEpsagonがAWS Lambdaオンリーを脱して多極化

    イスラエルのEpsagonが昨秋ローンチしたときは、サーバーレスのアーキテクチャの中でも特にAWS Lambdaをモニタする意向だった。 続きを読む

  • Blissfullyが全てをサーバーレスで行うと決めた理由

    Blissfullyが全てをサーバーレスで行うと決めた理由

    サーバーレスは最近の大きな流行語だが、そうなったのには正当な理由がある。開発者がコ​​ードを書く方法を、完全に変えてしまう可能性があるのだ。その世界では、開発者たちは単に連続するイベントトリガーを書き、後はクラウドベンダーたちに、その仕事を終わらせるために必要な計算リソースの確保の心配を、任せてしまうことができるのだ。このことによって、プログラムが開発される方法は大きく変化するが、このやり方はまだ極めて新しいものであるために、完全にこの方法を採用する会社を見出すのは難しい。 顧客たちがそれぞれの企業内で使うSaaS利用の管理を助けるスタ… 続きを読む

  • AWS Lambdaのサーバーレスのコードをライブ(実動時)でデバッグできるRookoutのデバッグツール

    AWS Lambdaのサーバーレスのコードをライブ(実動時)でデバッグできるRookoutのデバッグツール

    AWS Lambdaのようなサーバーレスコンピューティングサービスの良いところは、サーバーそのものを抽象化してしまうことだ。それによってデベロッパーは、下層にあるインフラストラクチャのことを気にせずにアプリケーションを作れるが、しかしいくつかの問題も生じている。静的なサーバーが目の前になければ、プログラムをどうやって実動状態でデバッグするのか? イスラエルのRookoutは、その最新のリリースでこの問題を解決した。 続きを読む

  • AWSがIoTデバイスのワンクリックでLambdaファンクションを実行するアプリを発表

    AWSがIoTデバイスのワンクリックでLambdaファンクションを実行するアプリを発表

    Amazonが2015年にAWS Lambdaを導入したときには、サーバーレスコンピューティングという概念がまだよく知られていなかった。デベロッパーはそれによってソフトウェアを、それを実行するサーバーの管理等をせずに配布できる。サーバーはAmazonが管理し、そのインフラストラクチャは何かのイベントが要求をトリガしたときだけ動く。今日同社は、AWS IoT 1-Clickと呼ばれるアプリをiOS App Storeにリリースして、サーバーレスコンピューティングの概念をさらにまた一歩、前進させた。 続きを読む

  • AWS Lambdaのイベントトリガを使いやすくしてWebサイトの開発方法を改革するNetlify

    AWS Lambdaのイベントトリガを使いやすくしてWebサイトの開発方法を改革するNetlify

    Webプロジェクトの継続的なデプロイメントを支援するサービスNetlifyのビジョンは、Webサイトの作り方を変えることだ。とくに、フロントエンドのデザインとバックエンドで実行されるサービスとの結合を、もっとシンプルにしたい。今日同社は、そのビジョンの実現に向かう次の一歩として、NetlifyのサービスにAWS Lambdaのファンクションを導入した。 続きを読む

  • Amazon AWSのサーバーレス・サービス、LambdaがGo言語のサポート開始

    Amazon AWSのサーバーレス・サービス、LambdaがGo言語のサポート開始

    Amazo AWSのサーバーレス・プラットフォーム、LambdaはGoのプログラムのサポートを開始した。GoはGoogleが開発したプログラミング言語で、最近人気を高めつつある。 続きを読む

  • サーバーレス環境で動くアプリのインサイトを提供するIOpipe

    サーバーレス環境で動くアプリのインサイトを提供するIOpipe

    いまや、サーバーレスアプリケーションが大いにもてはやされている。コンテナのことをどこかへ置き忘れて、AWSのLambdaやAzureのFunctionsのようなサービスに夢中になってる企業もある。 続きを読む

  • 開発のサーバーレス化を助けるServerlessがシードで$3Mを調達、ただしサーバーレスはサーバーが動かす

    開発のサーバーレス化を助けるServerlessがシードで$3Mを調達、ただしサーバーレスはサーバーが動かす

    Serverlessはデベロッパーたちに、彼らがAWS Lambdaや、今後のMicrosoft Azure FunctionsやGoogle Cloud Functionsなどを利用して、なるべく容易にアプリケーションを書けるためのフレームワークを提供する。同社は今日(米国時間10/12)、Trinity Venturesがリードするシードラウンドで300万ドルを調達し、そのフレームワークがベータを終了したことを発表した。 Serverlessという社名の起源でもあるサーバーレスという流行(はや)り言葉は、一種の誤称でもある。 続きを読む

  • サーバーレスは新しいマルチテナンシーだ…高度なコンピューティングの低価格化を実現

    サーバーレスは新しいマルチテナンシーだ…高度なコンピューティングの低価格化を実現

    マルチテナンシーは、SaaSにおける最大の技術的突破口だった。こんな状況を考えてみよう: 顧客が10万あまりいると、Salesforceのような企業は、彼らのニーズに奉仕するために、10万あまりのサーバーとデータベースを必要とし、利益は消えてしまう。 マルチテナンシーは、高い粗利率を可能にするだけでなく、高度なソフトウェアを中小企業に低料金でサーブしても利益を上げられるようになる。それは単に新しいアーキテクチャであっただけでなく、エンタープライズソフトウェアの費用に関するわれわれの考え方を変えた。CPUやサーバーの数ではなく、ソフトウェア… 続きを読む

  • 「クラウドネイティブ」アプリケーションの真の姿

    「クラウドネイティブ」アプリケーションの真の姿

    「 クラウド ネイティブ 」の話題が盛んである。そしてそれぞれが好き勝手にその解釈を語っている – 要するにすべてのことをなんでもクラウドでこなすことだ、といった具合に。 Cade MetzはこのWiredの投稿でこの現象を正しく説明している:「この用語には最近本当に沢山の意味がまとわりついている。しかし忘れないで欲しい:大部分のそうした解釈はIBM、HP、EMC、Dell、Ciscoといったクラウドネイティブに『乗り遅れたくない』会社から発せられているということを」。 「 クラウド ネイティブ 」とは簡単に言えば、オンプレミスで生まれ育つアプ… 続きを読む