倒産(用語)

倒産に関する記事一覧

  • 2020年に倒産した米国スタートアップを振り返る

    2020年に倒産した米国スタートアップを振り返る

    何もない通常の年でさえ、スタートアップの経営を成功させるには大変なパワーが必要だ。2020年のコロナ禍の後、すでに余裕のない状態だった多くのスタートアップがぎりぎりの経営を続けている。パンデミックの最中、自社の製品やサービスに対する関心の高まりを感じたスタートアップの中にも、最後まで走り抜くことができなかったものがいくつかあった。 続きを読む

  • 2019年に市場を去ったスタートアップたち

    2019年に市場を去ったスタートアップたち

    さまざまなタイプのスタートアップがさまざまな理由で失敗している。しかし、1つ変わらないことがある。それはスタートアップで成功することが信じられないほど困難な仕事であることだ。 続きを読む

  • 夢の衣類折り畳みロボ「laundroid」開発会社が倒産、負債総額は22億5000万円

    夢の衣類折り畳みロボ「laundroid」開発会社が倒産、負債総額は22億5000万円

    帝国データバンクによると、seven dreamers laboratories(セブンドリーマーズラボラトリーズ)は、4月23日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。 続きを読む

  • 2018年に市場を去ったスタートアップたち

    2018年に市場を去ったスタートアップたち

    すべてのスタートアップが明るく輝いて成功するとは限らない。いや、成功できない企業のほうが多いのが事実だ。 続きを読む

  • 2017年に閉鎖された、かつて多くの資金調達を行ったスタートアップたち10社

    2017年に閉鎖された、かつて多くの資金調達を行ったスタートアップたち10社

    立ち上がるスタートアップもあれば、失速するスタートアップもある。2017年にはいくつもの著名なスタートアップが失敗に終わった。JawboneからBeepi、Yik Yakに至るこれらの企業は、最終的にその扉を閉ざす前に大金を調達していた。 以下に挙げるのは、2017年の最初の9ヶ月に閉鎖される、もっとも多くの資金調達を行った10社だ。これらの企業は合計で、ベンチャーキャピタリストと銀行から合計17億ドルを調達している。 続きを読む

  • 毎週2〜4社のスタートアップが倒産―、企業清算の専門家が語る業界の現状

    毎週2〜4社のスタートアップが倒産―、企業清算の専門家が語る業界の現状

    Marty Pichinsonと彼が共同設立したSherwood Partnersは、事業に失敗したスタートアップの資産売却や、彼らが順を追って倒産の手続きを踏めるようにランウェイを伸ばす手助けを、25年間も主要事業として行ってきた。その結果、彼はターミネーターや葬儀屋といった死に関連した様々なニックネームを持っている。 しかし、セールスマン魂と同じくらい気の強さで有名なイリノイ生まれのPichisonは、Sherwood Partnersの事業がうまく行く限り、そんなニックネームのことを気にかけることもない。 そんなPichisonに先週イン… 続きを読む

  • Gawker Mediaがニューヨーク南部地区連邦地裁に破産申請

    Gawker Mediaがニューヨーク南部地区連邦地裁に破産申請

    ニューヨーク南部地区連邦裁判所から公開された文書によれば、今日(米国時間6/10)、Gawker Mediaは破産を申請した。 Gawkerの破産申請は、プロレスラー、ハルク・ホーガン(本名、Terry Bollea)との法廷闘争が長引く中で行われた。ホーガンはGawkerがセックステープの一部を公開し、これに関するブログ記事を書いたことで同社を訴えていた。 続きを読む