Barack Obama

  • バラク・オバマの次の手はNetflixに連続番組を持つことのようだ

    バラク・オバマの次の手はNetflixに連続番組を持つことのようだ

    アメリカの前大統領には、退任後に民間からのオファーが洪水のように押し寄せるものだ。最近までホワイトハウスのテナントだったBarack Obamaはしかし、ユニークな道を選ぼうとしている。報道によると、Netflixに自分の番組を持つ件で合意間近だ、という。 そのThe New York Timesの記事は、Obamaがこのグローバルなストリーミングサービス(Netflix)のために連続番組を製作する交渉がかなり進んでいる、と書いている。 続きを読む

  • Netflixが初めての トークショー番組を開始、最初のゲストBarack Obamaはソーシャルメディアの“バブル”を警告

    Netflixが初めての トークショー番組を開始、最初のゲストBarack Obamaはソーシャルメディアの“バブル”を警告

    30年あまりという超長寿命の芸歴と人気を誇るお笑いタレント兼番組ホストのDavid Letterman(70歳)がなんと、Netflixに新番組を持った。そしてその初回の最初のコーナー“紹介する必要のないゲスト”に招かれたのは、前アメリカ合衆国大統領Barack Obamaだ。 二人のトークにも、お笑いは多かった。ObamaはLettermanの、聖書の中の人物のようなあごひげをからかった。まじめな政治的話題もあった。 続きを読む

  • 前大統領オバマがソーシャルメディアの現状を孤立化を助長し分断的と警告

    前大統領オバマがソーシャルメディアの現状を孤立化を助長し分断的と警告

    前大統領バラク・オバマが今週、イギリスのハリー王子と共に、BBCの話題が多岐にわたる長時間のインタビュー番組に出て、彼のソーシャルメディア観を語った。 ソーシャルメディアは、いろんな話題の中に一つにすぎなかったが、彼はとくに、国のリーダーの地位にある者が、インターネット上に共通のスペースを築くことを妨げるようなやり方でそれを使うことを戒めた。名前こそ挙げなかったがそれは、ドナルド・トランプと彼のTwitterの使い方を暗に指しているのだろう。その、おそらく意図的に国民同士の対立を煽るようなやり方を。 続きを読む

  • 史上最多の「いいね!」がついたツイートが、世界の現状をものがたる

    史上最多の「いいね!」がついたツイートが、世界の現状をものがたる

    先週末バージニア州シャーロッツビルで起きた出来事は、インターネットのいたるところで大きな反響を呼んだ。中でも、一人のTwitterユーザー、バラク・オバマ前大統領のツイートには、何百万もの人々が共鳴した。 続きを読む

  • ロシアによる選挙のハッキングを調べるようオバマ大統領が命令

    ロシアによる選挙のハッキングを調べるようオバマ大統領が命令

    ホワイトハウスの国土安全保障とテロ対策アドバイザーLisa Monacoによるとオバマ大統領は、この前の大統領選挙を誘導し、結果に影響を与えたかもしれないハッカー行為や情報リークを徹底的に調べるよう、政府の諜報部門に命じた。 Monacoはこう言った: “大統領は、CIAや国防総省など諜報活動を行う複数の政府機関を全体的に統括する国家情報長官に、2016年の選挙の過程で何が起きたのかを徹底的に調べるよう、指示した”。 続きを読む

  • 政府全体のオープンソース化をねらうホワイトハウス(大統領府)が、ソースコード公開のための一般ポリシーを提案

    政府全体のオープンソース化をねらうホワイトハウス(大統領府)が、ソースコード公開のための一般ポリシーを提案

    ホワイトハウスはかねてから、テクノロジーを利用して政府の機能を改善することに熱心だった(現在のその方面のリーダーはCIO(Chief Information Officer)のTony Scottだ)。彼らは、コード(コンピューターのプログラム)が政府諸機関の役に立ち、害をもたらさないことと、合衆国政府が民間企業と同じように効率的にテクノロジーを利用できることを、望んでいる。 3月に公開したブログ記事でホワイトハウスは、オープンソースソフトウェアの利点を政府も利用したい、という意思を表明し、そして今日は(米国時間8/8)、政府諸機関が自分たち… 続きを読む

  • Barack Obama「大統領を辞めたらVCになるかも」

    Barack Obama「大統領を辞めたらVCになるかも」

    誰がオゥヴァルオフィスのBarack Obamaの椅子を取るのか、今や国中が固唾を呑んでいるが、当の大統領自身は、ホワイトハウスの8年の居住権が切れたあと、どうやって彼の履歴書を正しい手に渡すべきかを検討している(DCの借家法は冷酷だね)。最近のBloombergのインタビューで大統領は、ベンチャー投資がまさに、彼のポスト大統領のキャリアにふさわしいかもしれない、と示唆している。 続きを読む

  • ホワイトハウスのソフトウェア政策(草案)は連邦諸機関へのオープンソース思想の普及を目指す

    ホワイトハウスのソフトウェア政策(草案)は連邦諸機関へのオープンソース思想の普及を目指す

    今やオープンソースのアドバンテージは、誰の目にも明白だ。コードを一般公開すれば、いいことが起きる。バグやセキュリティホールを、人びとが見つけてくれる。多くの目や声により、ソフトウェアがどんどん良くなる。さまざまなニーズに適応できる。それどころか、スタートアップのエコシステムはその全体が、オープンソースの主要プロジェクトがベースだ。 オープンソースが民間部門でこれほどまでに遍在的になってきたので、最近では政府も注目するようになった。今日(米国時間3/11)は合衆国政府のCIO Tony Scottが、ホワイトハウスのブログで、オープンソースを… 続きを読む

  • スマートフォンの暗号化に関する法執行機関へのバックドア提供義務などをホワイトハウスが却下

    スマートフォンの暗号化に関する法執行機関へのバックドア提供義務などをホワイトハウスが却下

    Obama政権は、テクノロジ企業が情報を法執行機関に提供するためにプロダクトのセキュリティを破らなくてもよい、と決定した。テクノロジ業界にとっては、ひとつの勝利だ。 iPhoneと一部のAndroidフォーンに暗号化が導入されたため、電話データへのアクセスをめぐって法執行機関とテク企業とのあいだに議論が起こり、その一年後に今回の決定が出た恰好だ。iOS 8では、電話機に保存されるデータと、iMessageなどのコミュニケーションのほとんどが、ユーザしかアクセスできない方式で暗号化されている。Appleですら、アクセスできない。 続きを読む

  • The White House Hosts Its First Demo Day

    初のホワイトハウス・デモ・デーの内側(ビデオあり)

    昨日(米国時間8/4)、オバマ大統領が30チームの起業家をホワイトハウスに招待し(ちなみに彼の誕生日だった)、史上初となるホワイトハウス・デモ・デーを開催した。イベントの目的は、米国IT分野の多様化促進であり、まさしくそのゴール達成を支援するTechCrunchも、大統領の発言を聞くべく現地に足を運んだ。 イベントの詳細については、こちらの記事をご覧あれ。 [原文へ] (翻訳:Nob Takahashi / facebook) 続きを読む

  • ホワイトハウスで最初のデモ・デー開催―シリコンバレーとオバマ大統領、マイノリティの雇用促進で協力

    ホワイトハウスで最初のデモ・デー開催―シリコンバレーとオバマ大統領、マイノリティの雇用促進で協力

    「全ての人間は平等に造られている」と述べたアメリカ独立宣言にと共にアメリカン・ドリームというコンセプトが生まれた。 アメリカン・ドリームはベンジャミン・フランクリンの自伝に受け継がれ、ハックルベリー・フィンと共にミシシッピ川を遡り、マンハッタンのギャッツビーの黄色のスポーツカーに象徴され、『セールスマンの死』でその幻滅が表現された。 しかし、「すべての人間は平等に造られている」はずなのにアメリカが奴隷制を維持し、婦人参政権を認めない時代が長く続いた。そして現在でさえ、もっとも重要な産業の一つであるテクノロジー分野でマイノリティーと女性の進… 続きを読む

  • オバマ大統領、やっと独自のTwitterアカウント@​​POTUSを取得―即座に10万ユーザーがフォロー

    オバマ大統領、やっと独自のTwitterアカウント@​​POTUSを取得―即座に10万ユーザーがフォロー

    バラク・オバマ大統領がTwitterアカウントを開設してからフォロワーが10万人を超すまで24分しかかからなかったという。この@POTUSアカウントには、当然ながら、認証マークがついている。このニュースは今朝(米国時間5/18)、ホワイトハウスのウェブサイトで紹介された。 続きを読む

  • プログラミングなるもの、大統領もしてみんとてするなり

    プログラミングなるもの、大統領もしてみんとてするなり

    いよいよ大統領もプログラミングをする時代になった。 もちろん、RubyとPythonのどちらが良いのかなどという議論に加わるのはまだ当分先のことになるだろう。今回は、子供たちにプログラミングへの関心を持ってもらうためのイベントであるHour Of Codeの一環として、大統領自らもプログラミングをしてみたというわけだ。書いたのはJavascriptを使ったプログラムだ。 続きを読む

  • Barack Obamaのスピーチが毎分52757のツイートを生成, 民主党大会全体では900万以上

    Barack Obamaのスピーチが毎分52757のツイートを生成, 民主党大会全体では900万以上

    Twitterの発表によれば、アメリカ合衆国の大統領Barack Obanaが今夜(米国時間9/6)民主党全国大会で次期大統領候補指名受諾演説を行い、そのときこれまでのTwitterの記録を破った(政治分野)。 Twitterが稼いだ得点: その演説の間、最初から最後まで、Twitterは一度もダウンまたは不調にならなかった。 A new record political moment on Twitter: @barackobama drives 52,757 Tweets per minute. Over 9 million Tweets sent about #DNC201… 続きを読む

  • 「バラク・オバマだけど質問ある?」―大統領、RedditでAMA(なんでも聞いてね)セッション開催

    「バラク・オバマだけど質問ある?」―大統領、RedditでAMA(なんでも聞いてね)セッション開催

    今日(米国時間8/29)、バラク・オバマ・アメリカ合衆国大統領は、予告なしにRedditに登場した。 オバマ大統領は東部時間の午後4時30分(日本時間8/30 AM05:30)からRedditでAMAセッションを開催する。AMAというのはReddit用語でAsk Me Anything(なんでも聞いてね)の意味だ。Redditはこのセッションが事実、オバマ大統領によるものであることを確認した。Redditには急速にユーザーが集まりつつある。オバマ大統領はおよそ30分間質問に答えるという。 続きを読む

  • オバマ大統領Facebook本社で語る―インターネットの発達は月面着陸以上の歴史的偉業だ

    オバマ大統領Facebook本社で語る―インターネットの発達は月面着陸以上の歴史的偉業だ

    今日(米国時間4/20)の午後、オバマ大統領はFacebook本社で開催されたタウンホール・ミーティングにかなりの長時間を割いた。会場からの移民法と教育の改革について尋ねられると、大統領はまずIntelのファウンダーでハンガリーからの移民であるアンディー・グローブ氏の例を取り上げ、「こうした人物こそアメリカが必要とする移民だ」と述べた。 「アメリカは世界中の野心にあふれた人々を惹きつけてきました。そうした人々は新しいアイディアを携えてアメリカにやって来ました。アメリカにはこうした能力のある人々、優れたアイディアを持っていて起業したい人々… 続きを読む

  • オバマ大統領とザッカーバーグが4月20日にFacebook本社でタウンホールミーティング開催

    オバマ大統領とザッカーバーグが4月20日にFacebook本社でタウンホールミーティング開催

    アメリカ大統領選はいよいよ来年に迫ってきた。バラク・オバマ大統領は昨日(米国時間3/4)Facebookを通じて再選キャンペーンを公式に開始した。キャンペーンの中心には今回もFacebookを据えるもようだ。 今月、Facebook本社でCEOのマーク・ザッカーバーグ、COOのシェリル・サンドバーグを交えて、オバマ大統領のタウンホール・ミーティングが開催される。日時は4月20日、太平洋時間午後1時45分。 続きを読む

  • オバマ大統領、再選キャンペーン開始―Facebookが文字通り中心となる

    オバマ大統領、再選キャンペーン開始―Facebookが文字通り中心となる

    バラク・オバマ大統領の再選キャンペーンがスタートした。今回もまたクチコミによる支持者の獲得のツールとしてFacebook が巧みに利用されている。 キャンペーン・サイトにあるボタンからFacebookに接続すると、友だちのうちの誰がすでにオバマ支持を明らかにしているか、プロフィール写真つきの対話的リストが表示される。ユーザーはこのAre You In?〔もう参加してる?〕アプリをインストールするよう勧誘するメッセージを送ることができる。 ユーザーは表示される友だちを次々に横にスクロールさせて誰が参加しているか確認することができる。誰か勧誘したい… 続きを読む

  • オバマ大統領もFacebookの巨大さは無視できない

    オバマ大統領もFacebookの巨大さは無視できない

    来週火曜日に行われる議会選挙の投票率を高めようとして、大統領のBarack Obamaが有権者にTwitterで呼びかけた。Facebookアプリケーション“Commit to Vote Challenge”〔仮訳: 必ず選挙に行きますゲーム〕をインストールしましょう、と。それはFast CompanyのInfluence Projectをやや上品にしたようなプログラムで、Facebookのユーザ数~フレンド数の多さに目を付け、”投票に行きましょう”というメッセージのスパムをユーザにばらまいてもらうア… 続きを読む