battlefield

  • ベルリンのBattlefield勝者は晩婚者のために元気な精子を冷凍保存するLegacyに決定

    ベルリンのBattlefield勝者は晩婚者のために元気な精子を冷凍保存するLegacyに決定

    Legacyは、おもしろい問題を探究している。それは、加齢に伴う精子の活動低下だ。 続きを読む

  • Spikeは糖尿病患者をソーシャルに見守るアプリ

    Spikeは糖尿病患者をソーシャルに見守るアプリ

    糖尿病患者にとって、自分の血糖値レベルを常に監視しておくことは容易ではない。 Spike Diabetesは、家族と医者が患者の状態をリアルタイムで本人に通知できるようにするサービスだ。 続きを読む

  • スマホで数学を教えてくれるPhotomathはダウンロード数1億, $6Mを調達

    スマホで数学を教えてくれるPhotomathはダウンロード数1億, $6Mを調達

    Photomathが、Goodwater Capitalが仕切りLearn Capitalが参加したラウンドで600万ドルを調達した。Photomathは大成功したモバイルアプリで、iOSとAndroid合わせてこれまで1億回ダウンロードされた。 Photomathは2014年に本誌TechCrunch主催のTechCrunch Disrupt Londonでデビューしたが、そのときは(手書きなどの)テキスト認識技術が売りだった。Photomathは、その技術をデモする宣伝用アプリにすぎなかった。 でもそのアプリは、何かの間違いのように消費者向け… 続きを読む

  • Disrupt SF 2018 Startup Battlefieldの優勝は企業用検索エンジンForethoughtに決定

    Disrupt SF 2018 Startup Battlefieldの優勝は企業用検索エンジンForethoughtに決定

    初めに21のスタートアップありき。そして激しい戦いの3日後の今日(米国時間9/7)、1社の優勝者が残った。 Startup Battlefieldに参加したスタートアップは、最初に厳しく選別された21社だった。彼らはVCたちとテクノロジー業界のリーダーから成る審査員たちの前でプレゼンを行い、50000ドルの賞金と優勝カップDisrupt Cupを争った。 続きを読む

  • Disrupt SF 2017 Startup Battlefieldの優勝チームは無線充電のPiに決定

    Disrupt SF 2017 Startup Battlefieldの優勝チームは無線充電のPiに決定

    初めに22のスタートアップありき。3日におよぶ激戦を経て今ここに、その勝者がいる。 Startup Battlefieldに参加したスタートアップは全員、われわれスタッフによる選択という、競争率の非常に高い事実上の一次予選を通過している。彼らは全員が複数のVCとテクノロジー業界のリーダーから成る審査団の前でプレゼンを行い、優勝賞金5万ドルと名誉の象徴Disrupt Cupを争った。—続— 続きを読む

  • Looxid Labsが脳波検査とVRを結びつけてコンテンツに対する反応、人間の感情分析を行う

    Looxid Labsが脳波検査とVRを結びつけてコンテンツに対する反応、人間の感情分析を行う

    仮想現実は消費者市場の厚い壁をぶち破ることができず、その需要の核心も未だに掴みかねている。しかし一方、コンテンツの制作の分野では、企画や開発の過程で人間の感情を把握し分析できることが、ヒット作を生むための重要な鍵とみなされている。 今日(米国時間9/18)のDisrupt SF Startup Battlefieldに登場したLooxid Labsは、そのためにVRと〔それらを経験中の人の〕脳波の利用を考えている。 続きを読む

  • モバイルアプリにメッシュネットワーキング機能を持たせるSDKを提供するBridgefy

    モバイルアプリにメッシュネットワーキング機能を持たせるSDKを提供するBridgefy

    今日(米国時間9/18)のDisrupt SF Startup Battlefieldに登場したBridgefyをモバイルアプリのデベロッパーが利用すると、インターネットが使えないところでもデバイス同士がネットワークを作って互いに通信することができる。 続きを読む

  • 未払い請求書への対応を自動化するYayPayが$5.3Mを調達、新たに入金予報機能を導入

    未払い請求書への対応を自動化するYayPayが$5.3Mを調達、新たに入金予報機能を導入

    本誌TechCrunchのStartup Battlefieldに出てから2年になるYayPayが、530万ドルをQED Investors, Birchmere, Fifth Third Capital, それに500 Fintech Fund, Aspect Ventures, Gaingels, Techstars, Zelkovaなどから調達した。 YayPayは会社の経理部の仕事を最適化する。 続きを読む

  • マルチクラウドコンテナサービスContainerShipがついにKubernetesを積極導入

    マルチクラウドコンテナサービスContainerShipがついにKubernetesを積極導入

    Disrupt NY 2015でデビューしたContainerShipは、コンテナに収めたアプリケーションの、さまざまなクラウドプラットホーム上へのデプロイメントを支援する。はじめ同社は主に、ユーザーのコンテナを扱うためにDockerと同社独自のコンテナ管理ツールを使用していたが、しかし今日(米国時間7/25)からは、Googleで生まれたコンテナオーケストレーションツールKubernetesをサポートすると発表し、完全な管理を伴う同社のKubernetesプロダクトを立ち上げた。 続きを読む

  • 売掛金管理のYayPayは機械学習を利用して向こう二か月のクライアントごとの入金日を予測する

    売掛金管理のYayPayは機械学習を利用して向こう二か月のクライアントごとの入金日を予測する

    大きなクライアントをたくさん抱えている会社では、今後の入金〜口座残高を細かく正確に予測することが難しい。そこでYayPayは、未入金の請求に関する‘天気予報’を提供する。それをもとに、大きなプロジェクトの着手の是非を判断できるだろう。 YayPayは本誌主催のDisrupt Londonでローンチした。同社は企業の売掛金管理を助け、どこにどれだけの未入金があるかが、すぐに分かるようにする。常時大量のクライアントを抱えている企業なら、発行した請求書の個々のステータスが簡単に‘現状不明’になって… 続きを読む