Berkshire Grey(企業)

高度なピックアンドプレースロボットを開発するマサチューセッツ拠点の企業。

  • より安価な義手を求めて

    より安価な義手を求めて

    Alt-Bionicsは、2019年の終わりにテキサス大学サンアントニオ校(UTSA)の技術シンポジウムに出場したまったく新しいスタートアップ企業で、波紋を呼んだ。同社は3BMの赤外線塗装硬化システムに次いで2位に終わったが、有望な技術とすばらしいストーリーを武器に国内外の話題をさらった。 続きを読む

  • パンデミック以降、最もロボットによる自動化が進んだのは倉庫と工場

    パンデミック以降、最もロボットによる自動化が進んだのは倉庫と工場

    パンデミックのゴールが(少なくとも一部の人には)見え始めた今、過去1年半に起きた出来事によって一番影響を受けたセグメントは何かを評価するよい時期だろう。ロボティクスに関しては、あらゆる場所で投資が行われた。正当な理由によって。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)は、仕事のやり方に深く永続的な影響を与える運命にあり、ロボットとオートメーションはかつてないほど大きな役割を担いそうだ。 続きを読む

  • 全米ロボット週間の話題を振り返る、隠れたものを拾い上げる技術からSPACまで

    全米ロボット週間の話題を振り返る、隠れたものを拾い上げる技術からSPACまで

    ロボティクス週間おめでとう。とはいえ、2021年は愛する人と一緒に過ごせない人も多いはず。しかし、National Robotics Week(全米ロボット週間)組織は、4月3日から11日までの期間中、全米50州でたくさんのバーチャルイベントを開催した。 続きを読む

  • ピックアンドプレースロボットBerkshire GreyがSPACを通じての上場を発表

    ピックアンドプレースロボットBerkshire GreyがSPACを通じての上場を発表

    資金調達に関して、Berkshire Greyはかなり良い状態にある。昨年、同社がシリーズBで2億6300万ドル(約279億円)もの巨額を調達した後、マサチューセッツ州にある本社を筆者が訪問した際には、非常に意欲的な成長計画について語っていた。しかし、それは新型コロナウイルス感染流行が米国に本格的に上陸する前のことだ。 続きを読む

  • アマゾン、バークシャー・ハサウェイ、JPモルガンのヘルスケア合弁事業が正式に終了

    アマゾン、バークシャー・ハサウェイ、JPモルガンのヘルスケア合弁事業が正式に終了

    やや漠然としているが、注目度が高く多額の資金を得られる可能性のあるジョイントベンチャーが終焉を迎えようとしている。CNBCの報道によると、Amazon、Berkshire Hathaway、JPMorgan Chaseの3社で設立されたジョイントベンチャーであるHavenは設立から3年が経過した現在、「解散」されようとしているという。 続きを読む

  • 激化する小売業向けロボティクス競争の中、Berkshire Greyが289億円調達

    激化する小売業向けロボティクス競争の中、Berkshire Greyが289億円調達

    ここ数年、ロボティクス業界で最も大きく、最も資金を調達している分野が小売業で、その中でも倉庫の管理、輸送などのインターネット接続を利用した特定市場だ。Berkshire Greyは、これまでほとんど表に出ていなかったが、2020年に入り相当な金額の資金調達をしたというニュースで一躍その名を轟かせた。 続きを読む