Bio

  • 双子のDNAを検査したらおかしな結果が出た…DNA検査は眉に唾して受けよう

    双子のDNAを検査したらおかしな結果が出た…DNA検査は眉に唾して受けよう

    メールオーダーのDNA検査を利用する人たちの多くは、その結果の背後にある科学について無頓着だ。 続きを読む

  • Apple Watchは最初の心電計ではないが、消費者に与える影響は膨大だ

    Apple Watchは最初の心電計ではないが、消費者に与える影響は膨大だ

    Apple’s COOのJeff Williamsは、Apple Watchが一般販売用心電計として最初にFDA認可を受けたことを、Apple本社で行われたスペシャルイベントで高らかに宣言した。Appleはものごとの最初になるのが大好きだが、この陳述は虚偽である。 続きを読む

  • HP、薬品を「プリント」して抗生物質試験をスピードアップ

    HP、薬品を「プリント」して抗生物質試験をスピードアップ

    米国では毎年少なくとも200万人が「スーパーバグ」と呼ばれる耐性菌に感染し、2万3000人以上がこの感染が直接原因で死亡していると疾病対策センター(CDC)は伝えている。そこでHPのバイオハッカー技術チームはCDCと協力して、抗生物質を「プリント」するバイロットプログラムに取り組み、抗菌薬耐性をもつ菌の蔓延を防ごうとしている。 続きを読む

  • バイオ専門のアクセラレーターIndieBioが初めてのデモデー、14社が勢揃い

    バイオ専門のアクセラレーターIndieBioが初めてのデモデー、14社が勢揃い

    [筆者: Neesha A. Tambe] 【抄訳】 今日(米国時間4/17)の午後2時から、本誌TechCrunchはIndieBioのデモデーをお届けする。 IndieBioは、バイオテク企業にフォーカスする生後4か月のアクセラレーターだ。初期段階の企業にメンター(mentor, 指導者, 個人指導)がつき、バイオセーフティーlevel 1と2のラボを利用でき、業界のエキスパートからのアドバイスと25万ドルの資金が得られる。 続きを読む

  • 批判を浴びていたMITが脳を保存するスタートアップNectomeとの関係を断つ

    批判を浴びていたMITが脳を保存するスタートアップNectomeとの関係を断つ

    MITが、Nectomeとの関係を断つことになった。この、Y Combinatorが支援するスタートアップは、将来のデジタルアップロードの可能性のために顧客の脳を保存すると称してきた。 続きを読む

  • CRISPRがDNA鎖を切るとき何が起きているのか…分子レベルの3Dアニメーションが完成

    CRISPRがDNA鎖を切るとき何が起きているのか…分子レベルの3Dアニメーションが完成

    CRISPR-Cas9遺伝子編集テクニックは、今日のバイオテクの進歩について知るべき重要な概念だが、それを正しく視覚化することは難しい。それは、分子の鋏(はさみ)のようなものか? DNAはどこにあるのか? それは大きな分子かそれとも小さな分子か? 今回、幸いにもあるグループが、そのプロセスを分子のレベルで見せる3Dアニメーションを作った。 続きを読む

  • 細胞と組織が自然に発達発育していく能力をプログラミングして簡単に生物機械(バイオマシン)を作れそうだ

    細胞と組織が自然に発達発育していく能力をプログラミングして簡単に生物機械(バイオマシン)を作れそうだ

    生物学とテクノロジーの境界は、研究者たちが両者間の相似性を次々と発見していくに伴い、ますます薄れつつある。今日(米国時間12/28)彼らが発見したのは、細胞中にパターンをプログラミングすることによって生きてる組織をハックすることが、比較的容易にできる、ということだ。それらの組織は、成長するに伴い、鉢、コイル、箱など、プログラミングされたとおりの形になっていくのだ。 続きを読む

  • 薬剤のリリースをコントロールして治癒を早めるスマート包帯をMITなどが共同開発

    薬剤のリリースをコントロールして治癒を早めるスマート包帯をMITなどが共同開発

    切り傷や擦り傷の治療は通常、包帯や救急絆などを何度か取り替えながら、その都度軟膏などを塗って行う。でも、傷薬(きずぐすり)の要らない包帯があったら、どうだろう?今、ネブラスカ大学リンカーン校とハーバード大学とMITが共同開発しているスマート包帯が、まさにそれなのだ。 続きを読む

  • 米FDA、針を使わない血糖値モニターを認可

    米FDA、針を使わない血糖値モニターを認可

    米国食品医薬品局(FDA)が現代科学技術に向けて準備運動している証拠がまた一つ見つかった ―― このたびFDAは、血液サンプル採取のために針を刺す必要ない初の連続血糖値モニターを承認した。 続きを読む

  • 遺伝子検査種目の増えた23andMeが研究開発拡大のため$200Mを調達

    遺伝子検査種目の増えた23andMeが研究開発拡大のため$200Mを調達

    複数の情報筋によると、一般消費者向け遺伝子分析サービスの23andMeが、Sequoiaがリードするラウンドにより、2億ドル近い資金を調達している。このラウンドには、Fidelityも参加しているようだ。 ここしばらく、このパーソナル・ジェネティクス企業が研究部門の拡大と新製品開発のために資金を求めている、という噂が漂っていた。 続きを読む