Bitcoin / ビットコイン(用語)

公共トランザクションログを利用するオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網、暗号資産、仮想通貨。

  • 【コラム】インフレヘッジとしてのビットコインの力を再考、金持ちはより金持ちに

    【コラム】インフレヘッジとしてのビットコインの力を再考、金持ちはより金持ちに

    七面鳥からガソリン、衣類、1ドルショップに至るまで、人間の活動のほとんどすべての手段がインフレの不安に見舞われてきた。世界的にインフレ率の上昇が購買計画と支出を混乱させている。このインフレの猛威に直面して、フィアット通貨の減価を懸念する消費者や金融機関はヘッジの代替策を模索してきた。 続きを読む

  • Operaが暗号資産ウォレットやdAppsサポートを搭載したWeb3「クリプトブラウザ」ベータ版で提供開始

    Operaが暗号資産ウォレットやdAppsサポートを搭載したWeb3「クリプトブラウザ」ベータ版で提供開始

    OperaのEVPであるヨルゲン・アーネンセン氏は「メインストリームユーザーが戸惑うことの多いWeb3のユーザー体験をシンプルにする」ことを目指していると声明で述べている。主な特徴は、イーサリアム、ビットコイン、セロ、ネルボスなどのブロックチェーンに対応するノンカストディアル(自己管理型)ウォレットを最初から内蔵していることだ。 続きを読む

  • Block(旧Square)のCash AppがLightning Networkを統合、手数料無料でビットコイン支払い可能に

    Block(旧Square)のCash AppがLightning Networkを統合、手数料無料でビットコイン支払い可能に

    2021年11月、TwitterCEOのジャック・ドーシー氏が辞任した。同氏が所有する別の会社Square(現在はBlock)に全力を注ぐためだ。同社は近年ブロックチェーンと暗号資産に多大な投資を行っており、それはドーシー氏自身も同じだ。そして今、Blockの暗号資産への取り組みの結果が見え始めてきた。 続きを読む

  • 「暗号資産の未来」への投資競争には確実に金がかかる

    「暗号資産の未来」への投資競争には確実に金がかかる

    私は、Coinbaseがより大きなブロックチェーン市場の他の企業に資本を投入するペースに感銘を受けている。米国の上場企業は比較的少額(売上と比べての場合だが)を支払うことで、スタートアップの所有権と情報アクセス権の両方を買うことができ、何が起きているかの早期警告データを得ることができるので、これは賢明な動きだ。 続きを読む

  • ビットコイン急落、大台4万ドルを割り込む

    ビットコイン急落、大台4万ドルを割り込む

    米国時間1日10日早朝の取引で、Bitcoin(ビットコイン)の価格は4万ドル(約461万円)の大台を割り込んだ。 続きを読む

  • 【コラム】暗号通貨は送金の代替手段か、それとも付加的なものなのか?

    【コラム】暗号通貨は送金の代替手段か、それとも付加的なものなのか?

    パンデミックの結果、あらゆる産業でデジタルプラットフォームへの大規模なシフトが見られた。世界の政治指導者たちも、自国の経済を同じ方向に向かわせるために、これに追随する措置をとっている。最も新しい例としては、エルサルバドルがある。この国は、法定通貨としてビットコインを採用した最初の国になったことで話題になった。 続きを読む

  • 北京の裁判所がビットコインのマイニング契約を「無効」と判決

    北京の裁判所がビットコインのマイニング契約を「無効」と判決

    暗号資産投資家ならよく知っているように、中国はすべての暗号資産取引を違法とし、暗号資産マイニング活動も違法行為だと宣言している。最近出された、裁判所の判決は、ビットコインマイニング活動を可能な限り抑制するという政府の姿勢を改めて示したものだ。 続きを読む

  • 【コラム】マイニング業界の転換で訪れる、暗号資産のグリーンな夜明け

    【コラム】マイニング業界の転換で訪れる、暗号資産のグリーンな夜明け

    気候変動は現代における主要な問題だ。政策立案者から個人まで、誰もが持続可能性とグリーンな行動が社会に浸透するために自らの役割を全うする責任を持っている。事実、米国から中国まで世界中の政府が気候変動に積極的に取り組んでおり、最近行われた2021年国連気候変動会議、COP26は、 パリ協定の目標に向けた気候変動対策の推進力となっている。 続きを読む

  • ビットコイン「先物」ETFと何が違うのか?SEC、ビットコイン「現物」ETFは拒否

    ビットコイン「先物」ETFと何が違うのか?SEC、ビットコイン「現物」ETFは拒否

    ビットコイン先物ETFがニューヨーク証券取引所に上場してから約2カ月。米資産運用会社プロシェーアズが手がける米国初のビットコイン先物ETFの人気は衰えることはなく、先週、取引量がすべてのETF取引量の2%に到達したと報じられました。しかし、もう1つの悲願であったビットコイン現物のETF承認に関しては当局から「待った」がかかりました。「先物」が良くて「現物」がダメな理由には何があるのでしょうか?ETFの基本的な概念を押さえつつ、解説します。 続きを読む

  • 次期ニューヨーク市長エリック・アダムズ氏が最初の3回の給与をビットコインで受け取ると表明、マイアミ市長に対抗か

    次期ニューヨーク市長エリック・アダムズ氏が最初の3回の給与をビットコインで受け取ると表明、マイアミ市長に対抗か

    次期ニューヨーク市長エリック・アダムズ氏が、Twitterで市長としての最初の3回の給与をBitcoinで受け取りたいと発言しました。これはおそらく、11月2日にマイアミ市長のフランシス・スアレス氏が次の給与はBitcoinで受け取ると述べたことに対して「ならば自分は向こう3か月分を」とばかりに意気込んだ発言と考えられます。 続きを読む