bit.ly

  • URL短縮の域を出たbitlyに「元に戻せ」の声、ソーシャル機能は受け入れられるか

    URL短縮の域を出たbitlyに「元に戻せ」の声、ソーシャル機能は受け入れられるか

    URL短縮サービスで知られるbitlyが5月29日に大幅な機能刷新を行い、リンク短縮サービスをリニューアルした。だが、中核機能を損ねた感もある。例えば、これまではリンクをコピー、ペーストすればよかったが、今回の変更によって、短縮URLを作るまでの手順が増えた。手順が複雑になったのと同時に機能が追加されているのだが、この変更を喜ばないユーザーもいる。 bitlyは今回のアップデートでリンク短縮サービスの範ちゅうを出て、ソーシャルブックマーキングサイトの性質を強めている。だが、ユーザーからすると今回の変更は不意打ちだった。ユーザーはリンクを… 続きを読む

  • Bit.ly、リアルタイムソーシャル検索を利用して未来予測システム構築を目指す

    Bit.ly、リアルタイムソーシャル検索を利用して未来予測システム構築を目指す

    URL短縮サービスを提供しているBit.lyが、有料利用者に対して独自の検索プラットフォームに基づいた評判管理(reputation monitoring)サービスのベータ版を提供開始するとアナウンスしている。 Bit.lyでは短縮したURLの情報を収集することで、当該情報のバイラルでの広がりを判定している(それがメインの業務だと思う)。これにより現在評判の情報や、おそらくはこれから評判になりそうな情報を判定して、企業利用者に対して注目対象に対するトレンド情報を提供していこうとしているわけだ。 続きを読む

  • Bitly Pro機能が無料に―独自ドメイン名で短縮ができる

    Bitly Pro機能が無料に―独自ドメイン名で短縮ができる

    URL短縮サービスのbitlyはBitly Proの機能を登録ユーザー全員に無料で開放した。2009年にベータを開始して以来Bitly Proは1万件以上の短縮用カスタム・ドメインを処理してきた。中にはP.Diddyのdiddy.it(一度訪問してみることをお勧めする)〔オープニングのビデオが凝っている〕やダライラマのDalaila.maなんていうドメインもある。 Bitly Pro(現在は単にbitlyになった)の利用者はアカウント(既存でも新規でもよい)にサインインして、独自の短縮ドメインを登録することができる。ユーザーはドメインのDNS… 続きを読む

  • いちばん多くbit.lyされたニュースは何だろう?–Bitly Newsがその上位一覧表を見せてくれる

    いちばん多くbit.lyされたニュースは何だろう?–Bitly Newsがその上位一覧表を見せてくれる

    もっとも多く共有されているニュースは何だろう? 新顔のニュース集積サイトBitly Newsは、この問いへの答として、Twitterに投稿されたbit.lyによる短縮リンクで、もっとも多くクリックされたものを見せてくれる。Bitly Newsは、bit.ly自身の製品ではない。Jeff Millerが、bit.lyとTwitterのAPIを使って作った作品だ(bit.lyとbetaworksのCEO John Borthwickが、SAIのIgnitionカンファレンスで、bit.lyのAPIの利用例としてこのサイトを挙げた)。毎月何十億ものb… 続きを読む

  • Bit.ly Bundles、複数のURLを束ねて1つに短縮

    Bit.ly Bundles、複数のURLを束ねて1つに短縮

    インターネットでリンクをバラまく時の単純なルールがある。共有しやすいリンクほど多く共有される。Bit.lyをはじめとするURL短縮サービスが何十億というリンクを140文字の世界のためにパッケージし直すことでこれを証明した。今日か明日、bit.lyが新しい機能を発表する。その名はbit.ly bundlesといい、たくさんのリンクを一つのbit.lyリンクに短縮することができる。これを待望していなかったふりなどしないように。 同社が作ったXtranormalのプロモーションヒデオを上に貼ってある。Bundlesにひどく興奮したテックおたくが… 続きを読む

  • Bit.ly、シリーズBで$10Mを調達、未だ猛烈成長中

    Bit.ly、シリーズBで$10Mを調達、未だ猛烈成長中

    どうやら短縮リンクは定着したようだ、少なくとも思ったよりは長く。Bit.ly、最大の独立系リンク短縮サービスが、シリーズBで$10M(1000万ドル)を資金調達を完了した。ラウンドをリードしたのはRRE Venturesで、AOL Venturesも新たに出資者に加った。既存の出資者には、O’Reilly Alpha Tech Ventures、SV Angel、Founders Fundほか、何人かのエンジェルがいる。 毎日2億回以上bit.ly短縮リンクがクリックされ、このリンク短縮サービスによって変換されている。Bit.lyは、すで… 続きを読む

  • Twitterが独自のツイートボタン提供開始―元のURLの一部が表示されるのはうれしい

    Twitterが独自のツイートボタン提供開始―元のURLの一部が表示されるのはうれしい

    この数年でリンク短縮サービスが普及したおかげで、いろいろ興味深い現象が起きている。そのうちでもっとも重要なのは、われわれが本来のURLがどういうものか全く見当がつかなくても平気でクリックするよう慣らされてしまったことだ。読者はTechCrunchを訪問しようというつもりでいても、Twitterのタイムラインンの中でそのリンクはhttp://bit.ly/lkowieofiとかなんとかいうわけの分からないものに変わっている。しかし今日(米国時間8/12)ローンチされたTwitter独自のツイートボタンで、状況が若干変わった。 この新しいツ… 続きを読む

  • Twitter、公式短縮サービスを利用したコンテンツ推薦サービスを検討中

    Twitter、公式短縮サービスを利用したコンテンツ推薦サービスを検討中

    今日(米国時間6/8)、Twitterは独自のURL短縮サービス(t.co domainを使用)のテストの範囲を拡大した。今回のテスト拡大(最終的にはTwitterの全ユーザーが利用可能になる)で興味深いのはURL短縮サービスのエコシステムへの影響だ。Twitterでは新URL短縮サービスをコンテンツの推薦などの新たなサービスに利用することを考えているようなので、Twitterのエコシステム全体に影響が及ぶかもしれない。 続きを読む

  • Bit.ly、月間47億クリック。Pro版も好調、Yahoo、MySpaceらも採用

    Bit.ly、月間47億クリック。Pro版も好調、Yahoo、MySpaceらも採用

    Bit.lyのリンクは毎日1億500万回以上クリックされている。同サービスを通過するデータ量は膨大であり、未だに驚異的なペースで伸び続けている。だが、それはかなり前からわかっていた。恐らくそれと同じくらい目覚ましいのが、プレミアムサービス、Bit.ly Proの実績だ。 今日(米国時間6/3)同社は、ウェブのビッグネームの数々がBit.ly Proの利用契約を結んだことを発表する。Yahoo、MySpace、The Huffington Post、Politico、Pepsi、NPR、Scribd、Toys”R”Us、C… 続きを読む

  • Bit.lyデータが語るリアルタイムウェブ

    Bit.lyデータが語るリアルタイムウェブ

    今日(米国時間5/6)サンフランシスコで行われたWeb 2.0 ExpoでBit.lyの筆頭データサイエンティストHillary Mason登壇し、同サービスに関する興味深いデータをいくつか披露した。彼女は、bit.lyデータがリアルタイムウェブの何を語っているかということに焦点を絞った。 下にスライド全編を貼ってあるが、いくつか要点を抜き出してみた。 続きを読む

  • bit.ly CEOのBorthwickが、独自URL短縮を始めるTwitterに伝える「これまではどうもありがとう」

    bit.ly CEOのBorthwickが、独自URL短縮を始めるTwitterに伝える「これまではどうもありがとう」

    TwitterのChirpカンファレンスにて、締めくくりのQ&Aセッションの中CEOのEvan Williamsが爆弾発言を行った。既に大きく報じられていることだが、Twitter.comにて独自の短縮URLサービスを開始する予定というものだ。ここしばらくの間に、Twitterは従来エコシステムの一部をなす他社が行っていたサービス分野への進出をアナウンスしている。URL短縮サービスについては、2009年5月以来bit.lyが標準URL短縮サービスの地位を担っていた。 このQ&Aセッションの後、bit.lyおよびbetawo… 続きを読む

  • SeesmicとTweetMemeいわく、Twitter生態系に問題なし。ご心配なく

    SeesmicとTweetMemeいわく、Twitter生態系に問題なし。ご心配なく

    昨日(米国時間4/16)本誌は、SeesmicのLoic Le Meur、TweetmemeのNick Halsteadとの会話を 一部紹介した。ここにビデオ全篇を2部に分けてお送りする。 これは、最近Twitterが、同社言うところの「穴を埋めている」だけのTwitterアプリケーションを作っているサードパーティーデベロッパーらと、直接対決する決定を下したことに関するディベートである。現在さまざまなサードパーティーアプリがTwitterと直接競合している。 本誌が取材したデベロッパーの殆どが怒っており、Twitterは自分たちと競合しないという… 続きを読む

  • bit.lyが月間34億クリックを記録、新機能も近々登場

    bit.lyが月間34億クリックを記録、新機能も近々登場

    Twitterの標準リンク短縮サービスbit.lyがひたすら成長を続けている。3月にbit.ly短縮リンクは34億回クリックされた。2月は27億回、1年前はわずか8700万回だった。そして昨日(米国時間4/12)はbit.lyにとって1億4700万クリック/日という新記録の日だった。 未だにTwitterが圧倒的ではあるが、bit.lyリンクの半分以上はTwitter.com以外でエンコードされている。Twitterエコシステム内で生まれる40~50%の大部分が、Twitterのクライアントやサービスを経由して作られたものだ。先月は約1… 続きを読む

  • bit.ly、既存出資者から追加で$1.5Mを調達。サービスは順調に成長中

    bit.ly、既存出資者から追加で$1.5Mを調達。サービスは順調に成長中

    URL短縮サービスの最大手であるbit.lyが、転換社債を既存投資家に比例配分することにより$1.5M(150万ドル)の追加調達を行った。bit.lyにはbetaworksJeff ClavierのSoftTech Ventures、Ron Conway、Mitch Kapor、Chris Sacca、Howard Lindzon、およびO’reilly AlphaTech Venturesなどが出資している。今回の追加調達はSECへの申告書類にも記載されており、betaworksのCEOおよびbit.lyのプレジデントであるJohn Bo… 続きを読む

  • リアルタイムウェブとTwitterエコシステムの規模を探る

    リアルタイムウェブとTwitterエコシステムの規模を探る

    「リアルタイムウェブ」を測定するのは難しい、なぜならそれは従来型のウェブページだけに存在するわけではないからだ。ストリームリーダーやデスクトップクライアント、携帯電話の中にも存在している。しかもそれはTwitterとFacebookだけではない。bit.ly、TweetDeck、Seesmic、Tweetie、さらにはGoogleやBingのリアルタイム検索等、果てしがない。このため、comScoreを見て、米国で2009年12月にTwitter.comがユニークユーザー数2000万人で停滞を続けている(11月の1940万人よりわずか… 続きを読む

  • bit.lyの市場シェアに何が起きた?

    bit.lyの市場シェアに何が起きた?

    今や猫も杓子もURL短縮サービスをやるか、自分用の短縮ドメイン名を持っている。短縮URLは、もやらブランディングの一環と言ってもよい。しかし、短縮リンクの利用が増すにつれ、さまざまなURL短縮サービスの市場シェアは分断されてきている。最大のURL短縮サービスは未だにbit.lyで、月間リンク数は20億を超えているが、Twitterでの短縮リンクのシェアは現在56%にすぎない。昨年夏には80%近かったのに。この減少が表面化しなかったのは、短縮URL市場の統計を取っているTweetMemeが、サイトをスケーラブルにするためのアップグレード… 続きを読む

  • Bitly.TVで、「今」人気のビデオを見よう

    Bitly.TVで、「今」人気のビデオを見よう

    URL短縮サービスで月間20億件を超えるリンクの受け渡しをしているbit.lyは、ウェブで今一番の話題や、一番共有されているコンテンツが何であるかを垣間見ることができる。今日(米国時間12/17)同社は、bit.ly経由で最も多く共有されたビデオを、Bitly.TVで公開する。これは、bit.ly Labsによる2番目のプロジェクトだ(最初は超短縮URLのj.mp)。 bit.lyは、Twitterでリンクを共有する主たる手段なので、Bitly.TVはTwitter TVと呼ぶべきかもしれない。掲載されているビデオは、bit.lyのbitr… 続きを読む

  • Googleの挑戦を受けるbit.ly、独自ドメインでURL短縮サービスを行う「プロ」版を発表

    Googleの挑戦を受けるbit.ly、独自ドメインでURL短縮サービスを行う「プロ」版を発表

    平和な時代は終りを迎えた。昨日(米国時間12/14)、GoogleおよびFacebookがURL短縮サービスに参入してきた。短縮時に用いるURLはそれぞれgoo.glとfb.meだ。とくにGoogleは、これまで独自にURL短縮のスタンダードの地位を獲得してきたbit.lyの直接のライバルとなるだろう。bit.lyはGoogleの発表をうける形で、パブリッシャーや消費者に対し、Google独占を支持するのか否かの問い掛けを行うこととなった。 bit.lyが新たに繰り出してきたのはbit.ly Proというサービスだ。短縮URLにnyti.… 続きを読む

  • 短縮URLサービスを展開するbit.ly、新たに3サービスと連携してスパマーに対応

    短縮URLサービスを展開するbit.ly、新たに3サービスと連携してスパマーに対応

    Twitterが人気を集めるに従い、URL短縮ツールもいろいろと出てきた(URLをそのまま入力すると文字数制限にひっかかってしまう)。現在のところURL短縮ツールでナンバーワンはbit.lyだ。bit.lyはTwitterの標準URL短縮ツールとして利用されており、全URL短縮サービスの中で75%以上のシェアを持つ。bit.lyは毎月10億件ものURLを短縮化している。しかしスパマーにとっては、短縮URLが悪事を働く狙い目として機能もしている。 つまりURL短縮は便利な反面、欠点も併せ持っている。「http://bit.ly/6Pwhc… 続きを読む

  • Bit.lyの共有リンクに関する統計情報が、より面白くなってきた

    Bit.lyの共有リンクに関する統計情報が、より面白くなってきた

    Bit.lyを使う最大の理由は(もちろんURLを短縮するという目的は別として)、分析データを取得できることだろう。短縮URLをTwitterなどで公開した際、そのリンクに関する様々なデータが閲覧できるようになる。ただ、個々のリンクについてだけでなく、全体像も見ることができればより面白いと考えたことはないだろうか。それがついにできるようになった。 米国時間11月13日、Bit.lyはBit.ly Click Summaryという新しいサービスを開始した。これはBit.lyを用いた短縮URLに関する統計情報を一定期間毎にまとめて表示するものだ。… 続きを読む