BlackBerry(製品・サービス)

BlackBerryは、カナダのブラックベリー社が開発し、現在は中国のTCL集団などが企画・製造・販売を行っている携帯端末と関連するサービス。

  • BlackBerry、47億ドルでFairfax Capitalへ身売りか―最後のせめぎ合い続く

    BlackBerry、47億ドルでFairfax Capitalへ身売りか―最後のせめぎ合い続く

    今日(米国時間9/23)、BlackBerryは発行済株式を1株あたり9ドルで買い戻すと発表した。総額は47億ドル程度になる。9ドルという価格は現在の株価8.23ドルをわずかに上回るレベルだ。自社株買戻のニュースを受けて現在市場での取引は中断している。 BlackBerryの株価は今日だけで5%も下落した。同社の株をすでに10%保有しているFairfax Financialも9ドルでの株式買取を申し出ている。BlackBerryの取締役会はこの取引に賛成し、基本合意書に署名した。これで一件落着かと思われたが、そうではなかった。 続きを読む

  • スマートフォンの売上台数がついにフィーチャーフォンを抜く(2013 4-6月期)…Androidの支配はいよいよ強力

    スマートフォンの売上台数がついにフィーチャーフォンを抜く(2013 4-6月期)…Androidの支配はいよいよ強力

    調査会社のGartnerがスマートフォン市場に関する最新の報告書を発表し、その2013Q2の数字によると、ついに避けられない事態が訪れた。スマートフォンの売上がフィーチャーフォンの売上を始めて上回ったのだ(全世界ベースで台数ベース)。ここ数年Androidが一貫してダムフォン(dumbphones)の首を締め上げてきたが、いよいよ市場の転換点に到達したようだ。 続きを読む

  • この夏、Blackberryメッセンジャー(BBM)アプリがiOSとAndroidに登場する

    この夏、Blackberryメッセンジャー(BBM)アプリがiOSとAndroidに登場する

    今日(米国時間5/14)開催されたBlackBerry LiveカンファレンスでCEOのThorsten HeinsはBlackBerryメッセンジャー(BBM)がこの夏、AndroidとiOSから利用可能になると発表した。BlackBerryの最大の強みはメッセンジャー機能にある。最新バージョンのBB10のユーザーは世界に文字通り数億人もいることを考えると、この動きの影響は非常に大きい。 「われわれには自信がある。 BB10プラットフォームが世界中のユーザーから圧倒的な支持を受けている今こそ、BBMをサービスとして独立させるべきだと考えた」… 続きを読む

  • BlackBerry、日本でのBB10端末発売中止を正式決定

    BlackBerry、日本でのBB10端末発売中止を正式決定

    この数ヵ月間BlackBerryは、世界を駆け回ってデベロッパーにBlackBerry 10のサポートを必死に呼びかけていたかと思われるが、少なくとも一ヵ国、事実上断念した市場がある。Nikkei Business Dailyの最新記事によると、カナダ、ウォータールー拠点の同社は、BlackBerry 10および同OSが動作するデバイスを日本に持ち込むのをやめた。BlackBerryはこの報道内容を認めた。 続きを読む

  • 今年のスーパーボウル、人気CMトップ10はこれだ

    今年のスーパーボウル、人気CMトップ10はこれだ

    昨夜のスーパーボウルはハラハラものだったが、今日の会話を独占するのはレイブンズの終了寸前のセーフティーでもジャコビー・ジョーンズの108ヤードキックリターンでもなく、広告についてだろう。 しかし、一番よかったのはどのCMだろうか? [ビデオレコーダーの]TiVoを使用している匿名の3万世帯から集めた秒単位のデータを用いて、TiVoの調査分析部門がこのビッグゲームで最も視聴者を引きつけた広告を推定した。これは「通常再生」で見た人が何人いるか、広告の最中に視聴者数が増えたかを、前後15分間と比較することによって測定したものだ。 続きを読む

  • Blackberry Z10発表―BB10 OS初の強力なハードウェアだが、BB復活にはアプリの充実が急務〔抜粋〕

    Blackberry Z10発表―BB10 OS初の強力なハードウェアだが、BB復活にはアプリの充実が急務〔抜粋〕

    この製品はBlackBerryの新たな始まりであると同時にRIMの終わりをも意味する(Research in Motion Limitedは正式にBlackberry Limitedに社名を変更した)。同社は今日(米国時間1/30)、最新のモバイルOS、BB10を搭載したスマートフォンを発表した。私はフラグシップモデルのBlackBerryZ10を1週間に渡ってテストすることができたので、その結果を詳しく報告したい。 実際に使ってみた体験から新しいBlackBerryは長足の進歩を遂げたと確言できる。しかし同時にBlackberry復活に向けて… 続きを読む

  • BlackBerry Z10、比較ビデオでiPhone 5と直接対決

    秘密が秘密でなくなるのはいつか? 公式発表前にライバル機との比較ビデオに登場した時だ。発売間近のBlackBerry Z10(もし来週正式発表された時に名前やデザインが変わっていたら誰もが仰天するだろう)が、ドイツのブログ、telekom-presse.at(via 9t05Mac)でビデオの主役としてiPhone 5の隣で仕事をしている。外観の比較だけでなく、両オペレーティングシステムが同じような仕事をどうこなすかも見せている。 見どころの一つはボイスコントロールの比較で、ドイツ人のナレーターが2つのデバイスに同じ仕事を同時にやらせている。i… 続きを読む

  • RIM、2013年Q3決算:損失1.14億ドル、売上27億ドル、BlackBerry 10に期待

    RIM、2013年Q3決算:損失1.14億ドル、売上27億ドル、BlackBerry 10に期待

    RIMが2013年第3四半期の決算報告を発表し、アナリストたちの厳しい予測を今回も辛うじて上回った。RIMのGAAP損益は、1.14億ドルの損失(1株当たり0.22ドル)、売上は27億ドルだった。発表前の一致意見は、1株当たり0.35ドルの損失と、売上26.6億ドルだった。 スマートフォン、BlackBerryの出荷台数は減少したが、これは何ら特別なことではない。同社はBlackBerry 10出荷に向けた準備に全力を集中しており、BlackBerry 7の新ハードウェアには殆ど力を入れていなかった。RIMは今四半期に690万台のBlack… 続きを読む

  • 11月にはアメリカでWindows PhoneがBlackBerryのシェアを抜く(StatCounter予測)

    11月にはアメリカでWindows PhoneがBlackBerryのシェアを抜く(StatCounter予測)

    少なくとも、有力な調査会社3社が2015年までにWindows PhoneがiOSを抜くと予測している。もっとも、この変化の激しい時代にそんな先のことを予測するのは不可能に近い。しかしここ数カ月の予測ならできるかもしれない。StatsCounterの予測によれば近々Windows Phoneは少なくともBlackBerryは抜くという。 WMPowerUserによれば、このMicrosoftのモバイル・プラットフォームはアメリカ市場で今年中にBlackBerryを抜くという。しかしだからといってWindowsPhoneに大成功が約束されたわ… 続きを読む

  • Adobe、Flash BuilderとFlexのアップデートをリリース。Androidに加え、iOS、PlayBook用アプリケーション開発にも対応

    Adobe、Flash BuilderとFlexのアップデートをリリース。Androidに加え、iOS、PlayBook用アプリケーション開発にも対応

    Adobeが、アプリケーション開発ツールのFlash Builderと、オープンソースのFlexフレームワークのアップデートを発表した。今回のアップデートにてiPhone、iPad、およびBlackBerry PlayBook向けのアプリケーションが開発できるようになる。Androidについては4月の段階から開発可能となっていた。 これでウェブ、デスクトップに限らず、さまざまなタブレットやスマートフォン向けにもAdobeプラットフォームを活用することができるようになったわけだ。そしてコードやロジックをプラットフォーム間で共有できるようになる… 続きを読む

  • Gartner予測:タブレット市場におけるiOSシェアは2015年には47%にまで下落?!

    Gartner予測:タブレット市場におけるiOSシェアは2015年には47%にまで下落?!

    AppleのiPadは、タブレットマーケットにおける覇権をいつまで保持し続けるのだろうか。現在のところは他のタブレットと比して大きくリードを奪っているのは間違いない。マーケットシェア、アプリケーション、デザイン、およびユーザエクスペリエンスを踏まえたトータル面で見れば、Androidの最新OSであるHoneycombを搭載した最新タブレットも相手になっていない。Appleの方は最近発売を開始したiPad 2により、依然としてリードを保っている。果たしてこのリードはいつまで続くものだろうか。スマートフォンのマーケットシェアで、Androi… 続きを読む

  • Distimoレポート:2010年に大ブレイクした各種モバイルアプリケーションストアの動向

    Distimoレポート:2010年に大ブレイクした各種モバイルアプリケーションストアの動向

    昨年から、「アプリケーション」が世界的に大流行だ。2010年はモバイル用の「アプリケーションの年」として記憶に残りそうだ。この現象はAppleのみに限った話ではなく、Android、Blackberry、およびNokiaにさえも波及している。アプリケーションストアの分析を行なっているDistimoが今回発表した最新レポートでも、2010年のモバイル向けアプリケーションストアの大流行について分析している。たとえばAppleの場合、昨年末の段階でiTunesストアに300,000のアプリケーションが登録されている。Android Marke… 続きを読む

  • 音声電話は死んだ

    音声電話は死んだ

    テック業界で何かが死んだと言う時、実際には「衰退を始めた」ことを意味する。そう、電話の衰退ぶりは止めようがない。 この記事のタイトルは当初「電話はあと○年で死ぬ」だったが、消費者の惰性が未だにわが親会社AOLをダイアルアップ事業に留めているので、電話の死に関して予定日を含めるのは分別ある行動ではないと判断した。 陳腐さでは負けるが手書きの手紙以上に面倒な電話の通話は、しばらくの間は郷愁の念に賛美されるだろうが、コミュニケーション手段としては色あせてきている。2008年には、利用度数でテキストメッセージが音声通話を越え、それ以来われわれはテ… 続きを読む

  • Nielsen調査―アメリカのスマートフォン新規ユーザーの32%がAndroidを選択

    Nielsen調査―アメリカのスマートフォン新規ユーザーの32%がAndroidを選択

    Nielsen社が発表したアメリカ市場の1月から8月までの調査データによれば、AndroidはiPhone、BlackBerryを抜いて、新規スマートフォン・ユーザーの間でもっとも人気のある携帯OSとなった。 過去6ヶ月間に、新規スマートフォン・ユーザーの32%がAndroid携帯を購入している。同期間におけるiPhone OSの購入者は25%、 RIMのBlackberryの購入者は26%だった。 続きを読む

  • 多極化の中のモバイル開発の現状と世界のデベロッパたちの意識調査

    多極化の中のモバイル開発の現状と世界のデベロッパたちの意識調査

    モバイルアプリケーションの業界は、多極化(fragmentation, フラグメンテーション, 細分化)が激しいし、デジタル経済全体の中でも全世界的に規模が大きく、しかもたえず成長している分野だから、状況を正確に知るためには良質な調査報告があると助かる。そこでこの記事では、VisionMobilesが行った相当広範な研究調査(スポンサーはTelefónica Developer Communities)を紹介しよう。私がこれまで読んだ類似の調査報告の中では、ずば抜けて詳しくて深い。 Developer Economics 2010と題されたこの報告… 続きを読む

  • スマートフォン市場調査:Appleは横ばい、Palmがやや減少となる中、Googleはシェア拡大中

    スマートフォン市場調査:Appleは横ばい、Palmがやや減少となる中、Googleはシェア拡大中

    Appleが、Andoroid Phoneによる特許侵害の件でHTCを訴えたのも無理はない。10月から1月において、Androidの米国内スマートフォン利用者全体におけるシェアは4.3ポイント伸びて7.1%となっている。データはcomScoreによるもの。Androidのこの伸び率はトップ5のスマートフォンプラットフォームでも首位となるものだ。Appleのシェアはほぼ横ばいで25.2%(0.3%の伸び)、RIMのBlackberryは1.7%増加して43%となっている。 続きを読む

  • Foursquareの利用率は(予想通り)iPhone経由が最多。続くのはAndroidとBlackBerry

    Foursquareの利用率は(予想通り)iPhone経由が最多。続くのはAndroidとBlackBerry

    Foursquareの成長が目立ってきている。トラフィック数の面でみると、過去2ヵ月で3倍の成長を遂げているようだ。ではそれだけのトラフィックをどのような形で獲得しているのだろうか。 FoursquareがTwitterに展開しているメインアカウントで統計情報が報告されていた。利用プラットフォームを整理したものだ。この統計は過去七日間についてのものだが、BlackBerry用のアプリケーションなどもついに出揃った今、なかなか興味深いデータだ。 続きを読む

  • Androidの怖い話:Gmailチャットで誰がAndroidユーザーかがわかる

    Androidの怖い話:Gmailチャットで誰がAndroidユーザーかがわかる

    Googleの力は強大である。みんなそれを知っていて我慢もしている。しかし、この会社が新しいビジネスに乗り出す時には、その力のために興味深い懸念が引き起こされることがある。その強大な力を使ってGoogleは不当に有利な立場を得るのではないか。大きな力を持つことは、大きな責任を持つことでもある、等々。今日 紹介する例は、全くの無害なのだが、それでも興味深い。 Gmail Labsの新機能を使うと、連絡先のチャット状態を表す丸いアイコンを、Androidロゴのアイコンに変えることができる。 続きを読む

  • 消費者の視点で選んだベスト9(ナイン)のスマートフォン–クリスマスの買い物はこれでキマリ

    消費者の視点で選んだベスト9(ナイン)のスマートフォン–クリスマスの買い物はこれでキマリ

    筆者: David Diaz クリスマス商戦がもうすぐ始まるから、本誌は「ベストスマートフォン」のリストの決定版を作るべきだと考えた。今ある機種だけでなく、迷える子羊たちのお役に立つためには、もうすぐ発売されるのも含めるべきだ。クリスマスまでには全員、店頭に勢揃いするだろうからね。 機種を選ぶにあたって、あくまでも消費者の視点から製品を見た。だから、デベロッパたちの悩みとか、仕事で使うためのセキュリティとかは無視している。重視したのは、機能、価格、そしていろんな意味での便利さだ。最終的に選んだ機種は、キャリアやオペレーティングシステム、それに… 続きを読む

  • [CG]ホットな女性はBlackBerryがお好き

    [CG]ホットな女性はBlackBerryがお好き

    みんながみなiPhoneが好きなわけじゃない。ハリウッドセレブはBlackBerryがお好きのようだ。Ziggytekがセレブユーザーの写真を特集している。 ジェニファー・ロペス、ハル・ベリー、スカーレット・ヨハンソン、アドリアナ・リマ、みんなBlackBerryが好き。ホントのほんとだよ。その証拠はこちら・・・ 続きを読む