blind

  • 視覚障害者のテクノロジー利用を拡大する

    視覚障害者のテクノロジー利用を拡大する

    テクノロジーは、世界2億8500万人の視覚あるいは視力障害者にとって生活の中心をなす ―― ただし、使い方を知っていれば。視覚・視力障害者の支援団体、LightHouse for the Blind and Visually Impairedのアクセステクノロジー担当ディレクター、Erin Lauridseに話を聞いた。 続きを読む

  • 3DPhotoWorksは、偉大な芸術を視覚障害者に届ける

    3DPhotoWorksは、偉大な芸術を視覚障害者に届ける

    芸術は人類全員の所有物であり、誰もが啓発される機会をもつ。だから私たちは、ここに3DPhotoWorks、「世界の一級芸術作品」を目の見えない人に届けるプロジェクトを紹介する。John Olson率いるチームは、有名な絵画をデジタル彫刻に変換し、全盲の人が触れて体験できるようにしたいと思っている。 続きを読む

  • Facebook、視覚障害者が画像を「見る」方法を開発中

    Facebook、視覚障害者が画像を「見る」方法を開発中

    Facebookは世界15億の人々をつないでいるが、視覚障害のある人たちにとって、つながるための巨大プラットフォームをアクセスすることは難しい。Jeff Wieland率いるFacebookのアクセシビリティーチームは、そのために立ち上がった。アクセシビリティーチームの目的はただ一つ、障害者がFacebookでシームレスな体験を得られるようにすることで、最終的には、世界をつなぐというミッションを達成する。 続きを読む

  • 視覚障害者用キーボードアプリBlindType(Googleが買収)の後継FleksyがiOSでデビュー, 健常者も使える

    視覚障害者用キーボードアプリBlindType(Googleが買収)の後継FleksyがiOSでデビュー, 健常者も使える

    FleksyはiOS用のキーボードアプリの新顔だが、元々それは視覚障害者用に作られたもので、作者はSyntelliaの協同ファウンダIoannis VerdelisとKostas Eleftheriouだ。ご存じと思うがKostasは、前に概念実証のためのアプリBlindTypeを作り、やはり視覚障害者の市場をターゲットにしていたが、のちにGoogleに売ってしまった。Fleksyはいわば、そのBlindTypeの後継製品だが、もはや単なるアイデアではなく、技術としてもプロダクトとしても完成度が高い。 将来的には上位のモバイルプラットホーム… 続きを読む