blippy

  • すべてを公開しながら生きる生き方, それがふつうだと思おう

    すべてを公開しながら生きる生き方, それがふつうだと思おう

    Webがますますソーシャルな環境になるにつれて、プライバシーの保護が難題になりつつある。人びとはFacebookやTwitterの上で過剰に共有し、FoursquareやGowallaの上では10歩歩くたびに自分の位置をブロードキャストし、自分の最もプライベートな瞬間をとらえた写真やビデオを公開サイトに投稿している。プライバシーは死んだ、今やみんなが公開性の中で生きている、そのことを前提にものごとを考えよう…こんな主張もある。 しかし‘ものごと’はそれほど単純ではない。これまで人間はプライベートな生活を送りつつ、… 続きを読む

  • Blippyでは、早くも$1M分のカード購入情報が公開されている

    Blippyでは、早くも$1M分のカード購入情報が公開されている

    昨日(米国時間12/22)Blippyは、それまでプライベートグループのみで行っていたユーザーテストの門戸を広げた。もらった招待状は、たちまち無くなり(下に追加がある)、自分のクレジットカードの利用履歴をソーシャルに公開するという明らかに議論を呼びそうなアイディアにも関わらず、多くのユーザーが飛び付いてデータの共有を始めた。その数はかなりのもので、Blippyはすでに$1M(100万ドル)相当以上の売上げを追跡していると言う。 もちろんこれは、Blippy自身が$1M(100万ドル)稼いだという意味ではないが、いずれはそのつもりだろう。… 続きを読む

  • クレジットカードでの買い物(店・品物・値段)を友だちと共有するサービスBlippy–ヤバそうだが重要な側面も

    クレジットカードでの買い物(店・品物・値段)を友だちと共有するサービスBlippy–ヤバそうだが重要な側面も

    インターネットの成熟とともに、ゆっくりとしかし確実に、われわれが現実世界でやることがどれもソーシャルになりつつある。でも、今あるいろんなサービスをすべて使っても、はっきりと共有できない情報もある。今日(米国時間12/11)非公開ベータで立ち上げられたBlippyは、あなたが毎日やっているあること、つまりクレジットカードを使って買い物することを、オンラインでほかの人たちに公開し、それをめぐって対話ができるようにする。 買い物がほかの人にばれてしまう、と聞くと、物騒なアイデアのようにも思えるが、でも物騒なところにこのサービスのおもしろさがあ… 続きを読む