ブロックチェーン(用語)

ブロックチェーンに関連する記事一覧

  • オハイオ州、bitcoinで納税できる最初の州に

    オハイオ州、bitcoinで納税できる最初の州に

    月曜日(米国時間11/26)から、オハイオ州の企業は税金をbitcoinで収められるようになる——同州は暗号通貨を正式に受理する最初の州となる。 続きを読む

  • ブロックチェーン・ゲーム盛況、Mythical GamesがシリーズAで1600万ドル調達

    ブロックチェーン・ゲーム盛況、Mythical GamesがシリーズAで1600万ドル調達

    Fortnite。この無料マルチプレーヤー・サバイバルゲームはゲーム内のバーチャル購入だけで驚異の10億ドルを稼いだ。そして今ゲーム業界では、別の誰かがどうすればゲームの新しいトレンドで自分たちも儲けられるかを実験している。 続きを読む

  • Bitcoinと暗号通貨の市場がまた大暴落、原因不明

    Bitcoinと暗号通貨の市場がまた大暴落、原因不明

    Bitcoinを持ってる人にとって良い年ではなかったが、最近の24時間(米国時間11/14)はそれも忘れさせる。この暗号通貨は、この1年あまりの間としては初めて、時価総額が1000億ドルを割った。 10月の終わり…正確には29日…までさかのぼる必要がある。最後にBitcoinの市場総流通量が1000億ドルを下回ったのが、その日だ。 このレートが24時間維持されたのも、これが初めてのようだ。 続きを読む

  • コインチェック、イーサリアムやネムなど3通貨の入金・購入を再開

    コインチェック、イーサリアムやネムなど3通貨の入金・購入を再開

    コインチェックは10月12日、仮想通貨ETH・XEM・LSKの3通貨について入金と購入を再開した。本日よりサービス再開となる。「外部専門家による協力を受け技術的な安全性の確認が完了」したためとコインチェックはコメントしている。なかでも特に、XEMに関してはコインチェックの仮想通貨流出事件で実際に流出した通貨にあたるため、今回のサービス再開は大きな進歩と言える。 続きを読む

  • ブロックチェーンアプリとユーザー繋ぐ“ポータル”へ、ブラウザ連動型ウォレット開発のスマートアプリが資金調達

    ブロックチェーンアプリとユーザー繋ぐ“ポータル”へ、ブラウザ連動型ウォレット開発のスマートアプリが資金調達

    イーサリアムに特化したブラウザ連動型ウォレット「GO! WALLET」を開発するスマートアプリは10月31日、セレスを引受先とした第三者割当増資により5000万円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • コインチェック、新規口座開設と一部通貨の入金・購入を再開

    コインチェック、新規口座開設と一部通貨の入金・購入を再開

    コインチェックは10月30日、2018年1月に発生した仮想通貨流出事故の影響でこれまで停止していた新規口座の開設、および一部仮想通貨の入金・購入を再開すると発表した。仮想通貨の入金再開対象となる通貨は、BTC、ETC、LTC、BCH。購入再開の対象通貨は、ETC、LTC、BCHとなる(BTCの売買はもともと停止対象外だった)。 続きを読む

  • 暗号通貨ウォレットの「Blockchain」、Ledgerと提携してハードウェア・ウォレットを発売

    暗号通貨ウォレットの「Blockchain」、Ledgerと提携してハードウェア・ウォレットを発売

    ブロックチェーンのスタートアップ、”Blockchain“が今後数ヶ月の shared its 計画を発表した。同社はLedgerと提携してハードウェア・ウォレットを発売する。またBlockchainは新しい取引プラットフォームとしてSwap by Blockchainの提供を開始する——このプラットフォームは数ある交換所の中から最高の取引条件を見つけるので、ユーザーは自分のBlockchainアカウントで直接適正価格でトークンを交換できる。 続きを読む

  • Originのブロックチェーンによるマーケットプレース、UberやAirbnbのような中間搾取をなくせるか

    Originのブロックチェーンによるマーケットプレース、UberやAirbnbのような中間搾取をなくせるか

    【抄訳】 共有経済は、UberやAirbnbのような媒介者による、大量の労働収益の共有〔中間搾取〕に終わっている。そこで3800万ドルの投資を得たOriginは、次に主流になるべき二者間マーケットプレースはブロックチェーン上に分散化し、運転者と乗客や、ホストとゲストなどが直接結びつくことによって、20%以上もの高額な手数料を不要にすべきだ、と考えている。そのため今日(米国時間10/11)Originは、Ethereumのメインネット上にその分散マーケットプレースのプロトコルを立ち上げ、それにより、ユーザーとベンダーをスマートコントラクト… 続きを読む

  • スポーツ選手やチームをブロックチェーン応用の投げ銭で応援するEngateが正式ローンチ、競技場でキャンペーンを展開

    スポーツ選手やチームをブロックチェーン応用の投げ銭で応援するEngateが正式ローンチ、競技場でキャンペーンを展開

    エンゲートは、スポーツ選手やチームを、ブロックチェーン上で発行したデジタルの「投げ銭」で応援するサービス「Engate(エンゲート)」(関連記事)をこの10月20日より開始する。まずWebアプリケーションの形態から開始する。スマートフォンアプリ版も追って投入する方向だ。スポーツ選手、スポーツチームにとって「ファンの応援と資金」はとても重要だ。Engateが目指すビジネスは、選手やチームを応援するファンの応援の可視化、コミュニティ形成、そして投げ銭という形での収入を選手とチームにもたらすことだ。 続きを読む

  • 大変残念だが、心配することを止めてブロックチェーンを愛することを学ばなければならないだろう

    大変残念だが、心配することを止めてブロックチェーンを愛することを学ばなければならないだろう

    変なタイトルだ。皆さんには謝りたい。分かっている。「ブロックチェーン」と耳にすると、皆さんはすぐに「胡散臭い成金手法」だとか「魔法のイカサマインターネットマネーのバブル」だとか、「はた迷惑な自由至上主義者」だと思うことだろう。そしてブロックチェーン信奉者の1人が、なぜそれが重要なのか、なぜ新しい財閥を形成すること以上に世界を変えるのかを説明しようとしても、「いやいや、単にデータベースを使えば良いだけじゃ?」と考えることだろう。無理もない。 続きを読む