Bloglines

  • 「RSSは死んだ」論は死んだ。今日からは「RSSは死んでない」論

    「RSSは死んだ」論は死んだ。今日からは「RSSは死んでない」論

    テク業界の終りのない議論の中で、私のお気入りの一つが「RSSは死んだ」論だ。もっともこれはSteve Gilmoreが2009年5月の TechCrunchITに言い出した話なので、今更何をと思うかもしれないが、今でもこれにまつわる議論は見ていて興味深い。そして最近一番面白いのが、RSSは死んだと騒ぐ人ひとりにつき、それに反論する記事を書く人が10人は出てくることだ。 もしRSSに問題がないのなら、放っておいてもわかることではないのか。なぜそんなに多くの記事が、RSSは死んでいないことを強調する必要があるのだろうか。 続きを読む

  • Bloglinesにバンドエイド。会社はまだ買い手がつかないらしい。

    Bloglinesにバンドエイド。会社はまだ買い手がつかないらしい。

    先週末、Bloglinesに待望のバンドエイドが貼られ、何週間にもわたってユーザーを苦しめ、蒸発して久しいファウンダーMark Fletcherをして「Bloglinesはいい加減にしてくれ。もう2週間も経つのに〔まだ壊れたままだ〕。Googleリーダーを使わなけりゃならないのか。やれやれ」と書かせるに致ったフィード更新のトラブルが解決した。 われわれが引き続き調査したところによると、 通常版、ベータ版、ともにフィードが定期的に更新されているようだ。 しかし、もうひとつ聞いているのが、この夏以来サービスが売り出されているのに、本気で手を挙げる… 続きを読む

  • Bloglines、完璧に崩壊―ファウンダーさえGoogle Readerに乗り換えか?

    Bloglines、完璧に崩壊―ファウンダーさえGoogle Readerに乗り換えか?

    たいていのユーザーはすでにBloglinesからGoogle Readerなり、その他有効に機能するRSSリーダーに乗り換えていると思う。まだBloglinesを使っている数少ないユーザーもそろそろ乗り換えの時期だろう。それというのもBloglinesはまるで機能していないし、運営側はサイトに何が起きているのか、直る見込みがあるかなどの情報を一切ユーザーに知らせようとしていないからだ。 Bloglinesのファウンダー、Mark Fletcher(2005年にAsk.comに売却)でさえ、船から逃げ出す構えだ。昨日(米国時間10/17)のT… 続きを読む

  • Bloglines、長時間ダウンに説明なし

    Bloglines、長時間ダウンに説明なし

    RSSリーダーのBloglinesがこの週末、長時間のダウンに見舞われた。太平洋時間の2月24日午前零時少し前からすべてのブログについていっさいフィードを更新しなくなってしまった。 Bloglinesのフォーラムのスレッドへの投稿によると、この問題が起きている範囲はきわめて広にもかかわらず現在までBloglinesないし運営会社のIAC/Askのスタッフからはこの問題に関して何の説明もないという。太平洋時間午後11時のテストではBloglinesが更新した最後のタイムスタンプは15時間前になっていた。 Bloglinesのユーザーはこのサ… 続きを読む

  • Bloglines、新しい機能を3つ追加

    Bloglines、新しい機能を3つ追加

    BloglinesはオンラインRSSリーダー・サービスに新しい機能を3つ追加した。 1つは閲覧したウェブサイトのページをその場でテキストとグラフィックスを含めてBloglinesが用意する「Saved」というフォルダに保管することができるようになった。これによってユーザーは既読のページに後からすばやくアクセスできる。 写真ウィジェットはFlickrのフィードに大きなサムネール画像を表示する。従来は写真に付随するメタデータのテキストだけが表示されていた。 最後に、しかしこれも重要な新機能は、RSSリーダーとしてのブログの表示方法の改良だ。ユー… 続きを読む

  • BloglinesがOpenIDをサポート―oAuthとAPMLもサポートへ

    BloglinesがOpenIDをサポート―oAuthとAPMLもサポートへ

    IAC傘下のBloglinesは今日(米国時間10/2)たくさんの新しい機能について発表を行なった。そのうち、Bloglines向けOpenIDのサポート、携帯向け「Bloglines Mobile」のベータ版、ユーザーによるカスタマイズ機能のバージョンアップなどは、直ちに利用可能。 ある観点からすれば、oAuth (Open Authentication) と APML (Attention Profiling Mark-up Language)のサポートをBloglinesが意図していることにいっそう興味が持たれる。素人向けに言えば、Blogline… 続きを読む

  • Bloglines、すっかりリニューアルされたベータを公開

    Bloglines、すっかりリニューアルされたベータを公開

    ウェブ・ベースのRSSリーダーの元祖、Bloglinesが新しいベータ・サイトbeta.bloglines.comを今夕公開した。いちばん目立つ新機能は、最近の例に漏れず、Ajaxを利用したカスタマイズ可能な「クイックビュー」ページで、ユーザーは登録してあるフィードをドラグ&ドロップして、Bloglinesの起動と同時にすばやく記事の一覧を見られる。 Bloglinesには、3通りの閲覧オプションが用意された。クイックビュー(Ajaxを利用したドラグ&ドロップによるビュー。左のスクリーンショット参照)、3分割のOutlo… 続きを読む

  • 比較記事:オンラインのフィードリーダーを徹底比較!

    比較記事:オンラインのフィードリーダーを徹底比較!

    編集部注:これは日本語版公開前2006年3月30日に掲載された記事です。 シンジケーションがweb 2.0運動の中核概念なら、シンジケートしたコンテンツを効率よく消化していくソリューションとして最も広く受け入れられているのはフィードリーダー。無数のサイトと情報ソースを絶えず監視し、情報を一箇所にまとめてほぼリアルタイムに最新情報をアップデートしていくフィードは、時短に欠かせないツールだ。 リーダーもタイプはいろいろ。ウェブベースのもの、デスクトップ、Outlookベースのものまである。本稿ではウェブベースのものに絞ってみた。取り上げたのは大… 続きを読む

  • Bloglines、検索からプライベートフィードを外す基準を提案

    Bloglines、検索からプライベートフィードを外す基準を提案

    “ブログしたことは全文永久保存版!” という話はもう最近耳タコ。職場から家庭まで近しい人に向けて書いたつもりが、気付いたら世界中の誰でも検索して読めるようになっていた、これで頭に来ている人は少なくないはず。そこでBloglinesが今晩この流れを変える新基準を提案した。 新基準ではXML/RSS/Atomフィード発行者が検索結果からフィードを外すことが可能。これは外部からの検索を不能にする禁止タグをフィードのトップに追加して行う。BloglinesとAskの両社は禁止タグ対応済み。禁止タグのついたフィードは検索対象… 続きを読む