bmw

  • BMWとレクサスも車のサブスクリプションを目指す

    BMWとレクサスも車のサブスクリプションを目指す

    間もなくより多くの自動車メーカーが、サブスクリプションサービスを通じて車を提供するようになるだろう。Lexusは本日(米国時間3月26日)、来るべきUXクロスオーバーがサブスクリプションを通して利用可能になることを発表した。またブルームバーグも本日、BMWがサブスクリプションの試験運用を発表しようとしていることをレポートした。 続きを読む

  • BMW、電気自動車の2017年販売目標10万台を達成

    BMW、電気自動車の2017年販売目標10万台を達成

    BMWは今年中に全世界で10万台の電動自動車を販売する見込みであることを今日発表した。これには全電動車のほかActive Tourer 2-シリーズのようなプラグイン・ハイブリッド車も含まれている。Reutersが報じた。 続きを読む

  • 高速道路ではレベル4が走り、駐車場は不要になる――2020年の自動運転と都市のモビリティー

    高速道路ではレベル4が走り、駐車場は不要になる――2020年の自動運転と都市のモビリティー

    11月25日、僕たちTechCrunch Japanは「TechCrunch Tokyo 2017 x CarTech @BMW Group Tokyo Bay 〜自動運転と都市のモビリティーを考える」と題して、CarTechをテーマにしたトークイベントを開催した。 イベント当日はビー・エム・ダブリュー株式会社 代表取締役社長 ペーター・クロンシュナーブル氏が基調講演を行い、その後に米Drivemode共同創業者の上田北斗氏、ティアフォー取締役の二宮芳樹氏、そしてビー・エム・ダブリュー株式会社テクノロジーオフィス・ジャパン研究員/テクノロジースカウトである山下… 続きを読む

  • 電気自動車版Mini、3ドアモデルをベースに2019年市場投入

    電気自動車版Mini、3ドアモデルをベースに2019年市場投入

    電気自動車版Miniについて、新たな情報がアナウンスされた。電気自動車化されるのは、Miniブランドの中核をなしている3ドアモデルになるのだそうだ。2019年に、他モデルに追加する形でリリースされることになる。 続きを読む

  • BMWがi3バッテリーをTorqeedoの電気モーターボート向けに供給

    BMWがi3バッテリーをTorqeedoの電気モーターボート向けに供給

    BMWのコンパクト電気自動車i3で使用されているi3大容量バッテリーには、BMW自身による適用を超えた応用例がある。同社は現在ドイツのボートエンジンシステム会社であるTorqeedoに対して、Deep Blue水中駆動システム向けに、i3バッテリーの供給を行なっているのだ。 Torqeedoシステムは、モーターボートに1〜160馬力のハイブリッドおよび電気推進機関を提供する。BMWによれば、Torqeedo社による技術の採用は、輸送効率観点からみた様々な応用に対応できる、同社の高電圧バッテリを製造する能力の証であると言う。現在のバージョン… 続きを読む

  • BMWの未来的なコンセプトバイクをスクーターと間違えてはいけない

    BMWの未来的なコンセプトバイクをスクーターと間違えてはいけない

    これはスクーターみたいだけど、実はBMW Motorrad Concept Linkといって、BMWのオートバイ、Motorrad(モトラッド)ブランドの、最新のコンセプトバイクだ。すべてを説明しようとして、長たらしい名前になってしまった。それは、そう遠くない未来にわれわれみんながこれで旅をすべき、あちこち角(かど)だらけの、SF的スタイルなのだ。 続きを読む

  • BMW、ゲームエンジンのUnreal Engineを使って車両デザインを複合現実化

    BMW、ゲームエンジンのUnreal Engineを使って車両デザインを複合現実化

    BMWはリアルとバーチャルの良いところを組み合わせて、新車の設計をできるだけ早く、スムーズにしようとしている。同社はゲームエンジンのUnreal Engineのレンダリング機能を利用してバーチャルサーフェスを生成し、プロトタイプ部品を3Dプリントすることで、デザイナーやエンジニアが実際に制作することなく様々な部品や表面が最終製品でどう見えるかを確認できるようにする。 続きを読む

  • BMW、ダイムラー、フォード、VWがヨーロッパに高速充電ネットワークを設置へ

    BMW、ダイムラー、フォード、VWがヨーロッパに高速充電ネットワークを設置へ

    大手自動車メーカーによる新しいジョイントベンチャーが、ヨーロッパを電気自動車で走りやすくしようとしている。充電時間が従来より劇的に短くなる最大350 kWの容量をもつ充電ネットワークを構成する。参加するのはBMW、Daimler、Ford、およびVolkswagenで、高速充電ステーションの設置は2017年にスタートする。 続きを読む

  • アメリカ代表水泳チーム、BMWのモーショントラッキングを活用したトレーニングを導入中

    アメリカ代表水泳チーム、BMWのモーショントラッキングを活用したトレーニングを導入中

    BMWは過去6年にわたって、アメリカのオリンピック委員会の公式モビリティパートナーとなっている。そのパートナー活動の一環として、BMWはアメリカ水泳チームのためのモーショントラッキング・システムの開発なども行なっている。泳者をあたかもプールの中で動く自動運転車のように見立てて、各種データを収集するわけだ。 続きを読む

  • BMWがAndroidアプリの統合を発表、最初はiHeartRadio, Pandora, Spotify

    BMWがAndroidアプリの統合を発表、最初はiHeartRadio, Pandora, Spotify

    BMWはそのほかの自動車メーカーとともに2011年にiPhonesとの統合を導入したが、それから5年後の今年、New York International Auto Show(ニューヨーク国際自動車ショー)でついに、BMV AppsがAndroidデバイスと統合する、と発表した。2016年のBMW 7 SeriesのiDriveシステムで動く最初の3つのアプリはすべて音楽系で、iHeartRadio、Pandora、そしてSpotifyだ。 続きを読む

  • BMW:われわれにとってAlphabetは名前以上の存在

    BMW:われわれにとってAlphabetは名前以上の存在

    Googleは今、新たに設立された持ち株会社、Alphabetの最大の子会社となった。しかし、Alphabetのウェブサイトはabc.xyzであり、それはAlphabet.comは、BMWの運送管理サービスが所有しているからだ。BMWのAlphabetを聞いたことのある人は少ないだろうが、彼らはこの無料宣伝の機会をただ放置しておくつもりはない。 続きを読む

  • GoogleはAlphabetになった、しかしAlphabet.comドメインは持っていない

    GoogleはAlphabetになった、しかしAlphabet.comドメインは持っていない

    そういうわけで今やGoogleは、Alphabetの一部となり、新持ち株会社がGoogleおよびその他の事業を経営する。なぜ新会社の名前はAlphabetなのか? Alphabet CEOのLarry Page 曰く、Alphabetは「人類で最も重要な革新の一つである言語を表現する文字の集合であり、われわれがGoogle検索のインデックスを作るしくみの中核だから」。しかし、Alphabetのドメイン名は abc.xyzであり ー alphabet.com(現在猛烈なトラフィックに襲われているらしい)ではない。 続きを読む

  • Nokia、HERE地図情報事業を30.7億ドル(3800億円)でアウディ、BMW、ベンツに売却

    Nokia、HERE地図情報事業を30.7億ドル(3800億円)でアウディ、BMW、ベンツに売却

    Nokiaは先ほど、HERE地図情報事業をヨーロッパの自動車メーカーのコンソーシアムに 28億ユーロ(30.7億ドル、3800億円)で売却したと発表した。これによって数ヶ月前から流れていたHERE事業の将来に関するさまざまな観測に終止符が打たれた。 続きを読む

  • 新型BMW、Appleインターフェースを採用。iPadとiPod Outも

    新型BMW、Appleインターフェースを採用。iPadとiPod Outも

    パリ・モーターショウが開催中だ。いつのも新車発表に加え、このショウは自動車メーカーによる胸踊らせる新技術の発表の場となりつつある。例えばBMW。この会社は「究極のドライビングマシン」を作ることで世界中に知られている。今彼らが、究極のコネクティビティーマシンの世界へ入ろうとしている。 続きを読む