後払い販売 / BNPL(用語)

BNPLは「Buy Now, Pay Later」の頭文字をとったもの。後払い、ツケ払い。商品やサービスの提供を先に受けてから(先に買ってから)、後で代金を支払う。

  • アマゾンが支援するインドのBNPLプラットフォーム「Capital Float」が約55.6億円を調達

    アマゾンが支援するインドのBNPLプラットフォーム「Capital Float」が約55.6億円を調達

    Amazonが支援するスタートアップ企業Capital Floatは、インドで人気のある多くのオンラインプラットフォームで「Buy Now, Pay Later(後払い決済)」サービスを提供しているが、ここ数四半期の力強い成長を受けて、新たに5000万ドル(約55億6300万円)を調達したことを現地時間9月28日に発表した。 続きを読む

  • 累計利用件数2.8億件のBNPLサービス「NP後払い」のネットプロテクションズが約10億円調達、株式評価額1060億円に

    累計利用件数2.8億件のBNPLサービス「NP後払い」のネットプロテクションズが約10億円調達、株式評価額1060億円に

    ネットプロテクションズホールディングスは9月24日、MY.Alpha Managementが運営するファンドを引受先とする、約10億円の第三者割当増資について合意したと発表した。また、アドバンテッジパートナーズがサービスを提供するファンドからMY.Alpha Managementが運営するファンドに対して総額約17億円の既存株式譲渡を行う。今回の資金調達および株式譲渡により、ネットプロテクションズホールディングスの2021年における資金調達の総額は80億円超となった。今回の資金調達を前提とした同社の株式価値評価額は1060億円超となる。… 続きを読む

  • お気に入りのフィンテックサブニッチの真の価値を理解しよう

    お気に入りのフィンテックサブニッチの真の価値を理解しよう

    今回お話しするのは、後払い(BNPL)企業についてだ。これらは大きくて興味深いフィンテックの世界の、特定の一角を占めている。 続きを読む

  • BNPLが続々と

    BNPLが続々と

    先買い後払い(BNPL)スペースは、フィンテックの中でもっともホットな業界の1つだ。少なくとも2020年8月にSquareがオーストラリアのAfterpayを買収するために、驚異的な290億ドル(約3兆1900億円)を費やすと発表して以来そうなったということができるだろう。しかし、今週はその状況に本当に火がついて、報道価値のあるBNPL関連の発表が続々と行われた。 続きを読む

  • 対面式サービス業にBNPL式後払いを導入するWisetackが約49億円調達

    対面式サービス業にBNPL式後払いを導入するWisetackが約49億円調達

    「Buy Now, Pay Later(BNPL、今買って後払い)」方式は、アフリカ、ラテンアメリカ、アジアなど、世界各地でさまざまな企業が展開し、グローバルに成長している。従来のBNPLは、消費者がオンラインや店頭で分割払いをする機会を提供するものだった。しかし、国内でも、分割払いの機能は、eコマースや小売業界以外にも広がっている。 続きを読む

  • 米PayPalが日本のペイディを3000億円で買収、アジアで「BNPL」後払い市場に参入

    米PayPalが日本のペイディを3000億円で買収、アジアで「BNPL」後払い市場に参入

    米国のフィンテック企業であるPayPal Holdingsは、日本でのビジネスを強化するために、日本の後払い(BNPL)サービスプラットフォームであるPaidyを、約27億ドル(3000億円)の現金で買収することを発表した。 続きを読む

  • 【コラム】次世代グローバル決済を生み出すAfterpayとSquareの融合

    【コラム】次世代グローバル決済を生み出すAfterpayとSquareの融合

    フィンテックにとって米国時間8月1日は重要な日となった。AfterPayがSquareと合併することに合意した。この合意により、近年最も高い評価を受けている2つの金融テクノロジー企業が1つの企業になる道を歩み始める。 続きを読む

  • 名刺の復活、株式公開はなぜ良いことなのか、BNPLはどこにでもある

    名刺の復活、株式公開はなぜ良いことなのか、BNPLはどこにでもある

    今回はまず、かなりすてきベンチャーラウンドについて話し、とある創業者に対象の産業分野の話を聞き、Marqetaの収益レポートについてとりあげる。ということで、手元にはフィンテックとSaaSと公開企業に関するメモを用意している。では始めよう。 続きを読む

  • ローコードの後に来るものは?そして、何故公開をする必要があるのか?

    ローコードの後に来るものは?そして、何故公開をする必要があるのか?

    第2四半期の業績報告シーズンは順調に進んでいる。つまり、Exchangeのスタッフたちが、重要なトレンドやメモをお届けするために、多くの公開企業のCEOたちにせっせと電話をかけているということだ。ということで、今回はAppian、Paycom、BigCommerceを取り上げる。 続きを読む

  • 年間ユニークユーザー数1580万人の後払い決済サービス「NP後払い」をテレビ通販「ショップチャンネル」が導入

    年間ユニークユーザー数1580万人の後払い決済サービス「NP後払い」をテレビ通販「ショップチャンネル」が導入

    ネットプロテクションズは8月4日、ジュピターショップチャンネルが展開するテレビ通販「ショップチャンネル」に「NP後払い」決済サービスを8月1日から導入したと発表した。EC受注と電話受注への同時導入という。専門チャンネルを持つテレビ通販会社の電話受注に「NP後払い」が導入されるのはこれが初めてとのこと。 続きを読む