Boeing

  • NASAの有人商用宇宙飛行をiOSとウェブアプリで疑似体験

    NASAの有人商用宇宙飛行をiOSとウェブアプリで疑似体験

    商用の有人宇宙飛行を目指しているNASAが、モバイルアプリとWebアプリケーションでその簡単なシミュレーションを提供している。来年行われるその商用飛行にはSpaceX Crew DragonとBoeing Starlinerが使われるが、シミュレーションはその両方を疑似体験できる。 続きを読む

  • ボーイングのStarliner宇宙船の発射台緊急脱出テストが成功

    ボーイングのStarliner宇宙船の発射台緊急脱出テストが成功

    NASAの商業乗員輸送計画のパートナーであるBoeing(ボーイング)は、CST-100 Starlinerに実際に宇宙飛行士を搭乗させるための、重要なマイルストーンを達成した。 続きを読む

  • NASAとボーイングがStarliner宇宙船の発射台からの緊急脱出システムテストをライブ配信

    NASAとボーイングがStarliner宇宙船の発射台からの緊急脱出システムテストをライブ配信

    NASAの商業乗員輸送プログラムに参加するBoeing(ボーイング)社は、早ければ来年にも米国の宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)へと輸送するために開発した新しい宇宙船「CST-100 Starliner」の重要なテストを、米国時間11月4日に実施した。 続きを読む

  • ボーイングがヴァージン・ギャラクティックに約21億円を戦略的投資

    ボーイングがヴァージン・ギャラクティックに約21億円を戦略的投資

    宇宙旅行の実現を追求しているVirgin Galactic(ヴァージン・ギャラクティック)にBoeing(ボーイング)が2000万ドル(約21億円)を出資する。 続きを読む

  • 空飛ぶ自動車のキティーホークがボーイングと提携でエアタクシーに協力

    空飛ぶ自動車のキティーホークがボーイングと提携でエアタクシーに協力

    この戦略的パートナーシップの詳しい内容はよく分からないが、二社は都市の空中移動手段で協力するらしい。とくに、安全性と、自動運転と人間操縦士の共存が課題になるようだ。 続きを読む

  • 民間宇宙船で宇宙ステーションへ、SpaceXとボーイングの計画はどこまで進んだのか

    民間宇宙船で宇宙ステーションへ、SpaceXとボーイングの計画はどこまで進んだのか

    SpaceXとボーイングは、NASAと協力して独自の宇宙船を開発している。その狙いは、民間開発の宇宙船による宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)への輸送だ。宇宙開発の民間企業へと委託の一環として進められているこの計画だが、その道のりは平坦ではない。民間企業による宇宙船開発のメリットと、その現状を紹介しよう。 続きを読む

  • ボーイングの商用有人宇宙船Starlinerの初テストは8月に延期

    ボーイングの商用有人宇宙船Starlinerの初テストは8月に延期

    商用宇宙旅行計画の進展はわれわれと宇宙の関係を一変させる可能性がある。しかしボーイング打ち上げテストが延期されたので、一番乗りの栄誉はSpaceX が手にするかもしれない。 続きを読む

  • トランプ大統領の緊急命令でボーイング737 Maxは飛行全面差し止め

    トランプ大統領の緊急命令でボーイング737 Maxは飛行全面差し止め

    飛行禁止はエチオピア航空の737 Maxの墜落事故を受けたもので、ボーイングはFAA(連邦航空局)、NTSB(国家運輸安全委員会)と協議し、この措置に全面的に協力すると声明した。 続きを読む

  • SpaceX、ボーイングの有人宇宙飛行計画さらに遅延、当面ソユーズの利用が続く

    SpaceX、ボーイングの有人宇宙飛行計画さらに遅延、当面ソユーズの利用が続く

    今後の宇宙プロジェクトでもっとも重要なのはSpaceXとボーイングが進めている有人宇宙飛行カプセルの開発だが、すでに遅れているスケジュールがさらに遅れることが明らかとなった。 続きを読む

  • ボーイングのプロトタイプ・ドローンは227kgを空輸する

    ボーイングのプロトタイプ・ドローンは227kgを空輸する

    ボーイングはさきほどドローンを開発していることを明らかにした。従来のドローンとは異なり、カメラなどよりはるかに重い貨物を搭載できるという。同社のエンジニアのチームがデザインした貨物ドローンのプロトタイプは500ポンド(227kg)の重量を空輸できる。 続きを読む

  • ボーイング、Aurora Flight Sciences社買収で無人飛行機に本腰

    ボーイング、Aurora Flight Sciences社買収で無人飛行機に本腰

    BoeingはAurora Flight Sciencesを買収すると発表した。ロボット飛行機やロボット乗り物を現実にするための無人飛行システムに特化した会社だ。Auroraの買収によって、軍用および商用両方の自動飛行機開発の開発が後押しされる、とBoeingは言っている。 続きを読む

  • DARPAのXS-1宇宙往還機、ボーイングがプロトタイプの開発を受注

    DARPAのXS-1宇宙往還機、ボーイングがプロトタイプの開発を受注

    シアトルのボーイング本社ではシャンペンを抜いてお祝いしているに違いない。DARPA〔国防高等研究計画局〕のクールな宇宙往還機のプロトタイプの開発をボーイングが受注することに成功した。このプロジェクトを巡ってボーイング、ノースロップ・グラマン、Masten Space Systemsの3社が競争していた。 続きを読む

  • ボーイング、3Dプリントで衛星の小型化、製造の効率化へ

    ボーイング、3Dプリントで衛星の小型化、製造の効率化へ

    宇宙航空産業のボーイングは衛星の小型化、組立工程の省力化を進めようとしている。Wall Street Journalの記事によれば、ボーイングは衛星を運用可能にするまでの複雑な手順の多くをオートメーション化して製造を効率化するという。 続きを読む

  • 国際宇宙ステーション、初の商用エアロックを2019年に設置へ

    国際宇宙ステーション、初の商用エアロックを2019年に設置へ

    国際宇宙ステーションに 初の商用エアロック(気密区画)が設置される。宇宙用設備を作るNanoRacksがBoeingと協同で開発し、2019年を目標に打ち上げ、結合する。この商用エアロックは、CubeSats(小型低価格の人工衛星)を始めとする小型実験機器をISSから発射する際の利用を念頭に設計されている。ISSからの衛星発射は、最近民間宇宙会社の間でよく用いられている方法だ。 続きを読む

  • 民間企業の宇宙レース激化―ボーイングCEOが「SpaceXより先に火星に着く」と宣言

    民間企業の宇宙レース激化―ボーイングCEOが「SpaceXより先に火星に着く」と宣言

    競争は進歩の源だ。ボーイングのCEO、Dennis Muilenburgが人間を火星に送り込むレースでSpaceXに勝つことを宣言したのは素晴らしい。 Bloombergによれば、Muilenburgば火曜日、シカゴで開催されたカンファレンスで「火星に足を踏み入れる最初の人類はボーイングのロケットを使うことは間違いないと確信している」と語った。 続きを読む

  • 合衆国空軍がGPS用の新しい人工衛星を打ち上げ、精度が1mから42cmにアップ

    合衆国空軍がGPS用の新しい人工衛星を打ち上げ、精度が1mから42cmにアップ

    今朝(米国時間2/5)United Launch Alliance(ULA)が、合衆国空軍Global Positioning System(GPS)(全世界位置測定システム)用Boeing製人工衛星の、軌道上への打ち上げに成功した。 最新のGPSシリーズはBlock IIFと呼ばれる人工衛星を12使うが、今回打ち上げられた1億3100万ドルの衛星はその最後のものだ。 GPS衛星は空軍が運用し、グローバルな位置測定やナビゲーションおよび時間計測サービスを、軍と民間の両ユーザーに提供している。この‘星’たちがあるおかげで、誰も… 続きを読む

  • 航空機のBoeingが超セキュアなスマートフォンBlackをFCCに申請, お役所でBlackBerryの座を奪うか

    航空機のBoeingが超セキュアなスマートフォンBlackをFCCに申請, お役所でBlackBerryの座を奪うか

    BlackBerryは今でも官公庁ご愛用の座を捨てていないが、でも航空機メーカーのBoeingが発売するAndroid製品にその座を脅かされるかもしれない。この大手航空機メーカーは昨年、セキュアなスマートフォンを開発していることをついに自白したが、Myceによると、今やその”Boeing Black”と呼ばれる機種がFCCに申請されているのだ。 続きを読む

  • 環境意識の高まりの中、実用用途としての飛行船復活の可能性はあるか?

    環境意識の高まりの中、実用用途としての飛行船復活の可能性はあるか?

    大量の荷物を運ぶのに、貨物旅客機が環境の面からみて最適でないことは多くの人が言っている通りだ。そのような中、新たな空輸方式を模索する動きも出ている。たとえば環境に優しい輸送手段として飛行船を見直す動きも出ている。英国はオクスフォードで行われているEnterprise and the Environmentという国際フォーラムにて、科学者のDavid Kingが、十年以内にヘリウムを充填した飛行船による輸送が実用化されるだろうと予測している。 あるいは馬鹿げだ話だと思う人もいるかもしれないが、実は現実的な話なのだ。Lockheed Martinやボ… 続きを読む