Boeing / ボーイング(企業)

米国の航空宇宙機器開発製造企業。

  • NASAとボーイングが無人軌道飛行テストのやり直しを2021年3月に予定

    NASAとボーイングが無人軌道飛行テストのやり直しを2021年3月に予定

    NASAとBoeing社は、現在進行中の商業乗員輸送プログラムにおける重要な資格認定実証ミッションである軌道飛行テスト2(OFT-2)について、可能な限り早い日付として2021年3月29日を検討している。 続きを読む

  • ボーイングとNASAは無人軌道飛行の再挑戦を2020年9月に設定

    ボーイングとNASAは無人軌道飛行の再挑戦を2020年9月に設定

    米国時間8月28日のNASAのブログ記事には、NASAとパートナーであるボーイングは、無人飛行テストの再挑戦を2020年12月よりも前に実施することを目指していると書かれていた。これには、完全に再利用可能なStarliner CST-100が使用され、軌道上のISSとのランデブーとドッキング、着陸の操縦など、乗員の作業を、完全自動のシミュレーションで行うことにしている。 続きを読む

  • インテルとボーイング、米国を支える2本の大黒柱は政府の延命処置を受けるも予後に暗雲

    インテルとボーイング、米国を支える2本の大黒柱は政府の延命処置を受けるも予後に暗雲

    インテルとボーイング。米国工業界を支える2本の大黒柱だ。いまや米国工業界の例外主義の象徴である絶対にして最強の二本柱は、根深い脅威にさらされている。とりわけインテルは、最悪の立場にある。 続きを読む

  • IoT
    IoT接続用の衛星コンステレーションを展開するMyriotaがシリーズBで21億円を調達

    IoT接続用の衛星コンステレーションを展開するMyriotaがシリーズBで21億円を調達

    モノのインターネット(IoT)に、人工衛星によるインターネット接続を提供するMyriotaが、HostplusとMain Sequence VenturesがリードするシリーズBのラウンドで1930万ドル(約21億円)を調達した。 続きを読む

  • ボーイングが州の在宅命令に従い中型ジェット機787の生産を中断

    ボーイングが州の在宅命令に従い中型ジェット機787の生産を中断

    米国時間4月6日の発表によると、Boeing(ボーイング)は知事の在宅命令に従って南カリフォルニア工場におけるボーイング787の生産工程をすべて中断し、実質的に同社の商用航空機の製造を完全に休止する。休業は4月8日の第2シフトの終わりに始まる。 続きを読む

  • Starlinerの二度目のエラーでNASAがボーイングのソフトウェア工程の見直しを要求

    Starlinerの二度目のエラーでNASAがボーイングのソフトウェア工程の見直しを要求

    NASAのAerospace Safety Advisory Panel(ASAP, 航空宇宙安全顧問団)は、12月に行われたCST-100 Starlinerの宇宙ステーションとの無人ドッキングテストで発見された二度目の問題を受けて、Boeing(ボーイング)のソフトウェア試験工程の見直しを推奨した。 続きを読む

  • ボーイングはNASAのStarlinerミッションの再実行に備えて約447億円を確保

    ボーイングはNASAのStarlinerミッションの再実行に備えて約447億円を確保

    ボーイングは、第4四半期の業績を発表した。その中には、Commercial Crewミッションを再度実行しなければならなくなった場合に備えて、その費用、約447億円の確保が含まれていた。昨年の12月のミッションが計画通りに遂行できなかったため、再度の無人打ち上げが必要だとNASAが判断した場合に備えるもの。 続きを読む

  • 国際宇宙ステーションの商用化に向けてNASAが居住モジュールの設計をAxiom Spaceに発注

    国際宇宙ステーションの商用化に向けてNASAが居住モジュールの設計をAxiom Spaceに発注

    NASAは2ヒューストンのAxiom Spaceを、国際宇宙ステーション初の商用居住モジュールの生産者として選んだ。このモジュールは、将来の商用宇宙飛行ミッションの目的地となり、商用の宇宙旅行者により、居住実験や技術開発などが行われるだろう。 続きを読む

  • ボーイングがイスラエルのTactical Roboticsと提携して垂直離着陸機技術を開発

    ボーイングがイスラエルのTactical Roboticsと提携して垂直離着陸機技術を開発

    Boeing(ボーイング)は、イスラエルに本拠を置くTactical Robotics(タクティカルロボティクス)と新たな契約を締結した。これは、Tactical Roboticsの「Fancraft」ローター格納技術に基づく垂直離着陸機(VTOL)の「開発、生産、マーケティング」に両社が共同で取り組む契約だ。 続きを読む

  • 737 MAXの墜落事故を受けてボーイングCEOが退任、後任は現取締役会長

    737 MAXの墜落事故を受けてボーイングCEOが退任、後任は現取締役会長

    737 MAXの墜落事故を受け、Boeingは米国時間12月23日、CEOのデニス・A・ミューレンバーグ氏の辞任を発表。2020年1月13日より、現在の取締役会長であるDavid デビッド・L・カルホーン氏が同社の最高経営責任者兼社長に就任する。 続きを読む