books

  • 印刷書籍、2017年の売上は1.9%増(米国市場)

    印刷書籍、2017年の売上は1.9%増(米国市場)

    物理的書籍の強みをささやかに称賛するかのように、NPDは2017年に印刷書籍の売上が1.9%増加したことを報告した。これは2013~2016年の3%増を下回っている。NPDは米国内の書籍売上を追跡している。 報告書にはこう書かれている。 「2016年の『ハリー・ポッターと呪いの子』の大ヒットと、大人向けぬり絵本の人気上昇の後、2017年の書籍売上の成長は近年では比較的控えめだった」とNPD Groupの書籍業界アナリスト、Kristen McLeanは語る。「巨大なヒット作は出版業界にとって恩恵であると同時に恐怖でもある。ヒットの出た年は出版… 続きを読む

  • 米最高裁、Googleブックスの書籍スキャンを公正使用と認定

    米最高裁、Googleブックスの書籍スキャンを公正使用と認定

    本日(米国時間4/19)発行された最高裁判所命令によって、Googleと米国著作家団体Authors Guildの間で10年以上にわたって争われてきた、著作権付き書籍を無断でスキャンすることの合法性に関する法廷闘争が終了した。最終決定は「公正使用」。 続きを読む

  • 英国の印刷書籍は売上ダウン、電子書籍はアップ

    英国の印刷書籍は売上ダウン、電子書籍はアップ

    米国の印刷書籍売上は安定しているが、英国出版協会が非常に興味深い傾向を報告している。印刷本の売上は5%減の27億ポンドだったのに対して、電子書籍の売上は11%増の5.63億ポンドだった。未だにEブックが書籍売上全体に占める割合はわずかだが、印刷書籍にじわじわと迫っていることが確実に見てとれる。 続きを読む

  • 書評:ベン・ホロウィッツの『HARD THINGS 』―「戦時の組織のリーダー」の必読書

    書評:ベン・ホロウィッツの『HARD THINGS 』―「戦時の組織のリーダー」の必読書

    TechCrunchの読者にはベン・ホロウィッツはシリコンバレー最強のベンチャーキャピタルリストの一人としてよく知られているだろう。ホロウィッツは起業家向けコラムのライターとしても人気があり、ブログの延べ読者は1000万人近い。TechCrunchにもたびたびコラムを寄稿している。そのホロウィッツが昨年出版したThe Hard Thingsの日本版が今日(5月18日)、日経BP社から発売となるのでご紹介したい。 続きを読む

  • 電子書籍は2018年に紙を越えられるか

    電子書籍は2018年に紙を越えられるか

    PricewaterhouseCoopers(PwC)のアナリストたちは、近々電子書籍が出版社の稼ぎ頭の座を印刷書籍から奪い取るだろうと(またも)予測している。これは何を意味しているのか? 要するに、電子本が普及し価格が安定すれば、ユーザーはパルプよりもビットに多くの金を費やすだろうということだ。その結果起こる変化は、印刷本にとどめをさすことになる。 続きを読む

  • 本を3Dプリントで作ることに十分な意味がある, という作例

    本を3Dプリントで作ることに十分な意味がある, という作例

    デザイナーのTom Burtonwoodがデザインした本は、その中に、彼が住むシカゴの博物館/美術館や建築物から採取したテクスチャ(立体組織)がある。その本はアコーディオンのような形をしていて、orihon(折り本)と呼ばれ、だいたいどんな3Dプリンタでも作れる。 続きを読む

  • Amazon、ユーザー1600万人のソーシャル読書サービスのGoodreadsを買収―Kindleとの統合で圧倒的優位を狙う

    Amazon、ユーザー1600万人のソーシャル読書サービスのGoodreadsを買収―Kindleとの統合で圧倒的優位を狙う

    今日(米国時間3/28)、Amazonは有力なソーシャル読書サービス、Goodreadsを買収したと発表した。金額などの詳細は不明。買収手続きは第2四半期に完了する。 Goodreadsは2007年1月のスタート以来、True Ventures他から275万ドルの資金を調達している。 去年8月にわれわれが取材した際には、ユーザーは1000万人以上、 投稿された本は3億6000万冊以上で、毎月2200万冊が新たに投稿されているということだった。現在GoodReadsではユーザーは1600万人だと発表している。 この種のソーシャル・サービスを傘下に… 続きを読む

  • 成人向けフィクションの分野ではついにeBookがハードカバーの売り上げを抜く

    成人向けフィクションの分野ではついにeBookがハードカバーの売り上げを抜く

    愛してはいけない男を愛してしまった若い女性のお話の電子版が、爆発的に売れている*。それだけでもすでにお分かりと思うが、eブックは今や大人気で、2011年の売上は2010年の倍増となった。とくに成人向けフィクションの部門では、eブックがハードカバーの売り上げ部数を完全に超えた。 Book Industry Study Groupが行った2000社の出版社に対する調査結果が、昨日(米国時間7/19)発表されたが、それによると本全体の売上は2010年の279億ドルから2011年は2.5%減少して272億ドルだった。そのうち、2011年のeブックの売… 続きを読む

  • アメリカでついにeブックの売上がハードカバー書籍を抜く

    アメリカでついにeブックの売上がハードカバー書籍を抜く

    Association of American Publishers(アメリカ出版社協会)が今日(米国時間6/15)発表した数字によると、ついにeブックの売上がハードカバーの書籍を上回った。1〜5月で、2012年はeブックの売上が2億8230万ドルに対し、ハードカバーは2億2960万ドルだった。前年同期ではeブックが2億2040万ドル、ハードカバーが2億2350万ドルだった。 ハードカバーの唯一の成長部門は青少年児童で、売上は1億8770万ドルに上昇、児童のeブックは2011年の390万ドルから6430万ドルへと急増した。 eブックの浸食は、衰… 続きを読む

  • 本の終り:イケアの書棚売り場に異変

    本の終り:イケアの書棚売り場に異変

    紙の本の時代が終った証拠がまだ必要な人は、イケアのちょっと気になる変化を見てほしい。家具メーカーを代表するBILLY書棚が、陳列棚の奥へ奥へとしまい込まれている。なぜか。消費者が本のためにこの棚を買わないことに、イケアが気付き始めているからだ。 これは炭鉱のカナリアとはかなり違うが ― 炭鉱の親方の喉がちょっとムズムズしているくらいか ― あらゆる兆候が物理的書籍の終りを示している。似た状況の例はいくらでもある。半端物セール以外でカセットテープ用ラックを売っているのを見たのはいつが最後だっただろう。大量のレコードを収納できる豪華な「ステレオ・キ… 続きを読む

  • Googleは、みなし子たちを解放せよ

    Googleは、みなし子たちを解放せよ

    またもGoogleが 反トラスト監査を受けている。今回は同社が絶版書籍をスキャンするために作家協会に提案した和解案に関するものだ。まともな人の多くは、こうした本をスキャンしてデジタル化するのは良い考えだということに同意するだろうし、和解案ではさらに形ばかりながら書籍一作品当たり最大$60が著作権者に支払われる。 これに対する反発は数多く、それは「みなし子本」(著作権が残っているが著作権保有者が見つからないか、この和解のために作られた権利登録簿に登録していなかった本)に関してGoogleが決めようとしていることに対するものだ。著者やその他の… 続きを読む