boston dynamics

  • TechCrunchセッション「Robotics + AI」に登場したロボットたち

    TechCrunchセッション「Robotics + AI」に登場したロボットたち

    4月18日に米国のUC Berkeley(カリフォルニア大学バークレー校)で開催された、TechCrunchのイベント「Sessions: Robotics + AI」。会場はロボットだらけで、メインMCを務めたTechCrunchの記者であるBrian(Heater)もロボなんじゃないかと一瞬、疑ったほどだ。 続きを読む

  • Boston Dynamicsが4本足ロボの商用生産に先立ち新利用例をお披露目

    Boston Dynamicsが4本足ロボの商用生産に先立ち新利用例をお披露目

    昨年のTC SessionsのRoboticsイベントで、Boston Dynamicsは4本足ロボのSpotMiniを商品化する意向を発表した。それは秘密主義の同社にとって大きな一歩だった。 続きを読む

  • ボストン・ダイナミクスの製品版4本足ロボがデビュー

    ボストン・ダイナミクスの製品版4本足ロボがデビュー

    昨年のTCセッション、ロボティクスカンファレンスでBoston Dynamics(ボストン・ダイナミックス)は、SpotMiniが商業展開する初の製品になると発表した。 続きを読む

  • Boston Dynamicsが恐竜的2輪ロボットで倉庫業務をデモ

    Boston Dynamicsが恐竜的2輪ロボットで倉庫業務をデモ

    Boston DynamicsがHandleロボットの最初のバージョンをデビューさせたのは2年前になる。しかしその後は横置き2輪で移動できるHandleは脇に置かれた感があった。 続きを読む

  • Boston Dynamicsのロボットのパルクールを見よう――2足歩行ロボットが段差を軽々ジャンプ

    Boston Dynamicsのロボットのパルクールを見よう――2足歩行ロボットが段差を軽々ジャンプ

    5年前にBoston Dynamicsから2足歩行ロボット、Petmanが登場したとき、安全のために頑丈なケージで囲んでおくこと が必要だった。2年前のAtlasは平地を歩くときでもテザリングワイヤーが接続してあった。ところが、最新のロボットは人間でも苦労するような障害物でも難なく飛び越え、駆け上がってしまう。 続きを読む

  • 「サービスとしてのロボット工学」で新ビジネスモデルを開拓するinVia Robotics

    「サービスとしてのロボット工学」で新ビジネスモデルを開拓するinVia Robotics

    inVia Poboticsの面々は、ロボットを大量に販売するための、新しいビジネスモデルを構築する目指して会社を立ち上げたつもりではなかったのだが、それはまさに、彼らが今、行っていることなのかも知れない。 サザンカリフォルニア大学のロボット工学プログラムを卒業したLior Elazary、Dan Parks、Randolph Voorhiesの三人は、即座に人の注目を集められるアイデアを模索していた。 続きを読む

  • Boston Dynamicsが犬のようなロボットSpotMiniを2019年に発売する

    Boston Dynamicsが犬のようなロボットSpotMiniを2019年に発売する

    今年で創業26周年を迎えるBoston Dynamicsが、ついにそのロボットを売ることになった。ファウンダーのMarc Raibertによると、同社の犬に似たロボットSpotMiniは今、2019年の商用化に向けて準備を進めている。発表は、UC Berkeleyで行われた本誌TechCrunch主催イベントTC Sessions: Roboticsで行われた。 続きを読む

  • Jeff Bezosが完全招待制のロボット・カンファレンスでAmazonロジスティクスの未来を模索?

    Jeff Bezosが完全招待制のロボット・カンファレンスでAmazonロジスティクスの未来を模索?

    今日(米国時間3/19)から、Amazonが秘密秘密と大声で言っていた例年のMARS Conference(火星会議)がパームスプリングスで行われる。その意味は二つある: あなた(人間)は招待されていない。 これから数日間、Jeff Bezosが彼の最愛のロボットたちと歩き回っている写真が大量にメディアに配信される。 続きを読む

  • Boston DynamicsのSpotMiniが人類に代わって地球を支配したらこんな光景か?

    Black Mirrorのワンシーンのようなこのドキュメンタリーふうビデオは、Boston DynamicsのSpotMinisno の大集団が地球上を覆い尽くす未来を描いている。もちろんフィクションだが、でもBoston Dynamicsのロボットに対する唯一の防御策として、エンジニアにホッケーのスティックを持たせることしかないのなら、このシーンはやがて現実になるかもしれない。 続きを読む

  • ロボットに虐待やいたずら対策を実装するより人間のマナー向上が先…その深遠な理由

    ロボットに虐待やいたずら対策を実装するより人間のマナー向上が先…その深遠な理由

    おぼえておられると思うけど、先週はBoston Dynamicsの最新ロボット、細身で黄色のSpot Miniが、自分でドアを開けられるようになった。でも、それぐらいでロボットを怒らせたいとは、誰も思わない。でもロボットたちはやがて、人間個人を見分けるようになるだろう。そして、ロボットの停止ボタン勝手にを押した人を見つけると、自分のやるべきことをやらせてくれないロボット虐待の罪で、そいつを罰するかもしれない。Spot Miniもやがて、紐に繋がれていない自由な‘生き物’になる。 続きを読む