Box(企業・サービス)

セキュアなコンテンツ管理、ワークフロー、コラボレーションのためのクラウドベースのプラットフォーム、それを提供する企業。

  • 未公開株式投資会社KKRがクラウドコンテンツ管理のBoxに546.8億円の命綱を投入

    未公開株式投資会社KKRがクラウドコンテンツ管理のBoxに546.8億円の命綱を投入

    Boxは、未公開株式投資会社のKKRが同社に5億ドル(約546億8000万円)を投資したと発表した。アクティビスト投資家(物言う投資家)のStarboard Valueからの圧力に苦しむクラウドコンテンツ管理会社を救う行動だ。 続きを読む

  • 身売り検討の報道を受けてクラウドサービスBoxの株価が上昇

    身売り検討の報道を受けてクラウドサービスBoxの株価が上昇

    2015年に上場したコンテンツとコラボの会社Boxの株価は米国時間3月22日、同社が身売りを検討しているとのロイターの報道を受けて上昇した。同日のBox株の終値は23.65ドル(約2570円)で、開始値から約5%上昇したが、ニュースが流れた直後に達した取引時間内の最高値26.47ドル(約2880円)を下回った。 続きを読む

  • Boxがデジタルトランスフォーメーションの恩恵を受けて成長予測を引き上げ

    Boxがデジタルトランスフォーメーションの恩恵を受けて成長予測を引き上げ

    Box(ボックス)はウォールストリートにとって、そしておそらく一般的なエンタープライズソフトウェアとして、いつでもちょっと謎の存在だった。 続きを読む

  • Boxでも2021年まで従業員の在宅勤務が可能に

    Boxでも2021年まで従業員の在宅勤務が可能に

    米国時間5月22日の朝、BoxのCEOであるアーロン・レヴィ氏は、今後も同社は「デジタルファーストの企業であり続ける」と発表した。具体的に同社が何をどうするのかはまだよくわからないが、重要なことのひとつは、Boxの社員は少なくとも2021年の1月まで「どこから仕事をしてもよい」ということだ。 続きを読む

  • Boxがファイル管理や注釈、共有など新コラボ機能を急遽追加、新型コロナ禍で

    Boxがファイル管理や注釈、共有など新コラボ機能を急遽追加、新型コロナ禍で

    6週間前に封鎖が始まったとき、Boxの幹部たちは状況を議論するために会議の席についた。もちろんそれぞれの部屋で。彼らは他の人たちと同じように、ウイルスに隔てられてはいたが、これは会社としてのBoxにとって、重要な瞬間であると認識していた。 続きを読む

  • Boxがセキュリティ製品のBox Shieldにマルウェア自動検出機能を追加

    Boxがセキュリティ製品のBox Shieldにマルウェア自動検出機能を追加

    自宅で仕事をする人がこれまでになく増え、多くの人がITやセキュリティチームの権限外のPCで仕事をするようになるにつれ、ネット上の攻撃から保護するための創造的な方法を見つけることが、ますます重要になってきている。 続きを読む

  • Boxがセキュリティ強化ツールの「Box Shield」を発表

    Boxがセキュリティ強化ツールの「Box Shield」を発表

    Boxは、利用者にとっては共有する相手をよりわかりやすくし、セキュリティチームにとってはコンテンツが不適切に使われたときに発見できるようにするツールを発表した。 続きを読む

  • Boxがデジタルハブを構築し、コンテンツの断片化に対抗する

    Boxがデジタルハブを構築し、コンテンツの断片化に対抗する

    クラウドの相互接続性によって、組織内外の人びとの間で様々なアプリケーションをまたがって、コンテンツを広く共有することが可能になった。しかしそうした可能性は新たな問題を引き起こしている。一種のデジタル断片化だ。1つのコンテンツが、広がるクラウドサービスの中でどのように使われているかを、どのように追跡すれば良いのだろうか?それこそが、そBoxが最新の機能、Activity StreamとRecommended Appsで解決したい問題なのだ。 続きを読む

  • Dropbox、上場初日の株価は36%アップ――終値は$28.48、100億ドル企業の仲間入り

    Dropbox、上場初日の株価は36%アップ――終値は$28.48、100億ドル企業の仲間入り

    今日(米国時間3/23)、Dropboxが上場を果たし、公開企業の仲間入りをした。1株当たり21ドルで売り出し、7億5600万ドルを市場から調達した後、株価は一時31.60ドルまで跳ね上がった後、28.48ドルで取引を終えた。上場初日のアップ幅は36%となった。Dropboxのパフォーマンスは市場がクラウドストレージサービスの将来に強い期待を寄せていることを間違いなく示している。 続きを読む

  • DropboxのコラボレーションツールPaperがドキュメントのプレビュー機能などを加えてアップデート

    DropboxのコラボレーションツールPaperがドキュメントのプレビュー機能などを加えてアップデート

    大企業を相手に一挙に大量のユーザーを獲得したいDropboxは、そのためにプロダクトのチューンナップを続けている。今日(米国時間8/30)のアップデートではコラボレーションツールPaperに、ドキュメントをプレビューしてからロードする機能などを加えた。 続きを読む

  • Boxがアプリ開発者向けに、コンテンツサービスをパッケージ化したBox Elementsを提供

    Boxがアプリ開発者向けに、コンテンツサービスをパッケージ化したBox Elementsを提供

    Boxは、数行のコードだけでBoxの機能を使えるようにデザインされた、Box Elementsという新しい開発者ツールの提供を始めた。これは事前にパッケージされたアプリケーション要素群だ。 最終的にはUI、アプリ、そしてサービスの3種類の要素が提供されるが、今日(米国時間7月13日)が提供が始められたのはUI要素だ。この中に含まれるものの例としては、開発者がドラッグアンドドロップ機能をアプリケーションに組み込むためのContent Uploader、任意のアプリケーションの中にBoxファイルナビゲーション機能を組みこむContent Expl… 続きを読む

  • Box、デスクトップ用アプリの Box Drive を公開

    Box、デスクトップ用アプリの Box Drive を公開

    Boxはパソコン上でファイル操作を便利にするツールを公開した。 Box DriveはWindowsおよびmacOSで動作するデスクトップアプリだ。ファイルの編集、検索、共有などをブラウザーを開くことなく実行できる。 続きを読む

  • 富士通、Boxのクラウドストレージを企業向けソフトウェアに統合

    富士通、Boxのクラウドストレージを企業向けソフトウェアに統合

    Boxは、海外での成長に焦点を絞る中、アジアで最大の契約を完了した。日本の大手ITサービスプロバイダー、Fujitsuは今日(米国時間6/7)、クラウドストレージ会社のBoxと戦略的提携を行い、同社の企業向けソフトウェアにBoxを統合することを発表した。 続きを読む

  • OktaがBoxとのパートナーシップを拡張してエンタープライズモバイル管理サービスを提供

    OktaがBoxとのパートナーシップを拡張してエンタープライズモバイル管理サービスを提供

    Oktaは、クラウド上のアイデンティティ管理で知られている企業だが、同社は2004年の終わりごろにエンタープライズモバイル管理(enterprise mobility management, EMM)の分野に進出した。同社は今日(米国時間3/17)、Boxとのパートナーシップを発表し、Boxのモバイルアプリのために、デバイスレベルのセキュリティをサポートすることになった。 同社はこのパートナーシップをきっかけとして、今後もそのほかのエンタープライズモバイルアプリのベンダのために、デバイス上の一連のポリシーの設定実施サービスを提供していきたい、… 続きを読む

  • Box KeySafeは、中小企業の暗号鍵管理を容易にする

    Box KeySafeは、中小企業の暗号鍵管理を容易にする

    Boxは今日(米国時間2/4)、新しいサービスBox KeySafeを発表した。暗号鍵の管理を容易にして、暗号化は必要だが、BoxのハイエンドサービスであるEnterprise Key Managementは複雑すぎる、という中小規模企業(SMB)を対象にしている。 続きを読む

  • Office Onlineのリアルタイム編集コラボレーションがDropboxなどMicrosoftのパートナー上のファイルに対してもできる

    Office Onlineのリアルタイム編集コラボレーションがDropboxなどMicrosoftのパートナー上のファイルに対してもできる

    Microsoftが今日(米国時間1/27)、1年前に始めたCloud Storage Partner Program(CSPP)を拡大して、BoxとDropbox、Egnyte、CitrixおよびShareFileのより深い統合をローンチする、と発表した。 この‘深い統合’による、同社が自慢しているひとつの新しい機能は、Office Onlineのリアルタイム共同執筆だ。ドキュメントは、パートナーのクラウドサービスに保存されていてもよい。これにより、複数の人が一つのドキュメントの上でリアルタイムにコラボレーションできる… 続きを読む

  • 2015年最後のテクノロジーIPOは成功―Atlassian株、32%アップで時価総額は58億ドルに

    2015年最後のテクノロジーIPOは成功―Atlassian株、32%アップで時価総額は58億ドルに

    おそらくは2015年最後のテクノロジー系新規上場になるであろうAtlassianが、今日(米国時間12/10)初めて取引された。 共同作業と生産性向上のためのソフトウェア・ツールのメーカー、Atlassianは上場初日を32%のアップで締めくくった。Atlassianは上場以前、33億ドルの会社評価額で資金を調達していた。この株の値上がりで同社の価値は60億ドルに近づいたことになり、今年最強の上場会社の一つとなった。 続きを読む

  • Dropbox、登録ユーザー4億人以上に

    Dropbox、登録ユーザー4億人以上に

    Dropboxは今日(米国時間6/24)、登録ユーザーが4億人を超えたことを発表した ― 最後にユーザー数を正式公開した昨年5月から大きく伸ばした。 続きを読む

  • Microsoftのオープン化さらに進む―iOS版OfficeからiCloud、Boxへのアクセスを提供

    Microsoftのオープン化さらに進む―iOS版OfficeからiCloud、Boxへのアクセスを提供

    Microsoftは、最近のDropboxとの統合に続いて、今日(米国時間2/17)、Officeソフトと新たなサードパーティーのクラウドサービスとの連携を発表した。手始めとして、iOS版OfficeがiCloudとBoxに直接アクセスできるようになる。これはOfficeのファイル選択機能とiOSのクラウド上に保存されたファイルにアクセするス機能を連携させることによって 実現された。 続きを読む

  • Dropbox For Businessから強力なエンタープライズ向けAPIリリースへ―Boxとの競争激化

    Dropbox For Businessから強力なエンタープライズ向けAPIリリースへ―Boxとの競争激化

    Dropboxにはコンシューマー向けサービスのイメージが強く、またh本格的なエンタープライズ向けセキュリティー機能を欠くために企業向けのDropbox For Businessの普及が遅れていた。しかしTechCrunchが入手した情報によれば、Dropboxはエンタープライズ向けの強力なツールとなるDropbox For Business APIをリリースするという。これによってこの市場の状況は一変する可能性がある。 続きを読む