box.net

  • 社内システムとBox.netクラウドを繋ぐECM Cloud Connect

    社内システムとBox.netクラウドを繋ぐECM Cloud Connect

    $48M[4800万ドル]の資金調達を終えたばかりのクラウドストレージと協業サービスのスタートアップ、Box.netが、同社のエンタープライズ分野における存在感をさらに高める新製品を発表する。新製品のECM Cloud Connectは、企業内サーバー上のコンテンツ管理システムと、Box.netのクラウドプラットフォームを繋ぐ架け橋となるものだ。 Box.netのCEO兼共同ファウンダー、Aaron Levieが本誌に語ったところによると、企業サーバー上のデータを社内で管理するためのソフトウェアやシステムは従来から存在しているが、BoxはEC… 続きを読む

  • 企業向けクラウドCMSサービスBox.netがHTML5のファイルドラッグ&ドロップを実装–デスクトップは単なるファイル置き場に?

    企業向けクラウドCMSサービスBox.netがHTML5のファイルドラッグ&ドロップを実装–デスクトップは単なるファイル置き場に?

    クラウド上のストレージと文書共有サービスを提供するBox.netは、ごく最近HTML5を採用した。そして今日(米国時間5/29)、HTML5のドラッグ&ドロップ機能の幅広い実装により、デスクトップとのネイティブな対話をサポートすると発表した。これによりユーザは、デスクトップのファイルをBox.netのWebアプリケーションに簡単にドラッグ&ドロップできるようになる。 この機能はPC上のFirefox 3.6とChromeで使える(全プラットホーム上のSafariとChromeのサポートは数週間後に提供)。BoxのCEO… 続きを読む

  • オンライン・ストレージのBox.net、ソーシャル機能をリリースして企業ユーザーにアピール

    オンライン・ストレージのBox.net、ソーシャル機能をリリースして企業ユーザーにアピール

    オンライン・ファイル・ストレージのスタートアップ、Box.netの新バージョンがリリースされた。ユーザーインタフェースがリニューアルされ、ユーザー間の共同作業を容易にする機能がいくつも追加されている。これはBox.netが新たにターゲットにした大小の企業ユーザーにアピールするのが狙いだ。 このサイトはこれまで何年も提供してきたサービスをこれからも継続提供する。しかし同時に、最近になってサイトのもっとも頻繁な利用者となったビジネス・ユーザー―これが同時に、進んで料金を払おうとするユーザーでもある―をターゲットに新たなビジネスモデルを構築し… 続きを読む

  • Dellの新発売ミニノートにはBox.netのオンラインストレージ付き。読者の方にこのミニノート5台をプレゼント

    Dellの新発売ミニノートにはBox.netのオンラインストレージ付き。読者の方にこのミニノート5台をプレゼント

    Dell初のミニノートであるInspiron Mini 9に、オンライン共有ストレージサービスを展開するBox.netがオンライン作業環境を提供することになった。 Inspiron Mini 9のハードディスク容量は4GBしかなく、何らかの方法で記憶容量を増やす必要があった。そこで採用したのがBox.netのサービスで、デスクトップに最初からBoxのアイコンを置き、BoxはInspiron Mini 9の利用者に2GBのインターネットストレージを提供することになった(Boxが無料アカウント利用者に通常提供するのは1GBで、Mini 9利用者はその倍の… 続きを読む

  • Googolopoly―Google風味のモノポリー

    Googolopoly―Google風味のモノポリー

    さっき、私はここ数年ずっと噂に上っているGoogleのネットワーク・ベースのファイル管理サービス、「GDrive」が早く実現するよう願っていると書いた。 もちろんGoogleが参入してきてあっという間に覇権を確立してしまうというのは、オンライン・ストレージ市場のスタートアップのファウンダーたちの悪夢だろう。とはいえ、「Googleに何もかもまかせてしまうのは消費者の利益にならない」という彼らの議論にも一理ある。 ファイル管理を含めて、われわれの情報を何もかもGoogleに管理させるべきではないという主張を、Box.netはモノポリー・ゲー… 続きを読む

  • Box.net、オンラインストレージで$6Mの追加調達

    Box.net、オンラインストレージで$6Mの追加調達

    オンラインストレージサービスのBox.netがシリーズBラウンドで$6M(600万ドル)を調達した。U.S. Venture Partnersのリードで、Draper Fisher Jurvetsonが参加した。 リリース文によると、Box.netは現在140万人の登録ユーザーを持ち、この資金を元に「会社を拡大し、新しいサービスや製品の開発とマーケティングを継続していく」。 われわれは最近OpenBoxのローンチを紹介した。サードパーティーのウェブサービスデベロッパーが、Box.netに機能を組み込むためのしくみだ。同社は2006年半ばに、Dra… 続きを読む

  • Drop.ioが、カンタン電話-MP3変換ツールを公開

    Drop.ioが、カンタン電話-MP3変換ツールを公開

    ニューヨーク拠点のDropは、昨年11月に超カンタンなファイル用「ドロップボックス」を公開した。このサービスのバックエンドはオンラインストレージで、フロントエンドは、実に簡単でクリーンなユーザーインターフェースとアップロード機能がある。 Drop.ioはbox.netをはじめとする他の多くのスタートアップに似ている。ユーザーはFlashツールを使うか、決められたアドレスにメールを送ってファイルをアップロードする。ファイルはウィジェットを使ってアップロードすることもできる(ここの右サイドバーにサンプルがある)。ページ自体(サンプル)にパス… 続きを読む

  • Box.net、ウェブアプリが統合できるOpenBoxプラットフォームを公開

    Box.net、ウェブアプリが統合できるOpenBoxプラットフォームを公開

    オンラインのストーレッジプロバイダーBox.netが本日(米国時間11/13)開発者用OpenBoxプラットフォームを公開、Box.netにも各種ウェブアプリが取り込めるようになった。 プラットフォームは12月5日までに全面公開となり、その後はウェブ開発者もBox.net上に“サービスアクション”を生成可能に。利用者はこの“サービスアクション”を使って簡単に自ファイルをサードパーティーのウェブアプリにロードできるほか、Box.net以外の場所で編集したファイルもBox.netに転送して戻す… 続きを読む

  • Box.net、双方向ストレージのウィジェットをリリース

    Box.net、双方向ストレージのウィジェットをリリース

    だいぶ以前、オンライン・ストレージのスタートアップの紹介をしたとき、Box.netを取り上げている。その後、2006年10月、Draper Fisher Jurvetsonからベンチャー資金を調達した際にも記事にした。その後もがんばっていたようだ。現在、Box.netには82万の登録ユーザーがいて、毎日60万のファイルが処理されている。 今日(米国時間4/12)、Box.netは新しいウィジェットを発表した。ウェブページにカスタマイズしてエンベッドし、自由にファイルを保管できる公開フォルダーの役割を果たす。(フォルダーの製作者がプレミアム、… 続きを読む

  • Box.net、資金調達と登録ユーザー数50万人達成を発表

    Box.net、資金調達と登録ユーザー数50万人達成を発表

    オンラインストレージ企業Box.net は、今日(米国時間10/23)、Draper Fisher Jurvetsonから$1.5M(150万ドル)をシリーズAとして資金調達、また登録ユーザー数50万人を超えたと発表。資金調達については8月のSECへの提出書類に含まれていたことから、前々から知られていた。 Box.netはこれまでにさまざまな人たちからエンジェル投資を受けた。エンジェル投資家の中でもっとも目立つ人物はMark Cubanだろう。オンラインストレージサービス企業の長々としたリストに名を連ねる競合他社に対し、同社はコラボレーションを… 続きを読む

  • 比較記事:オンラインストレージ企業

    比較記事:オンラインストレージ企業

    編集部注:これは日本語版公開前2006年1月31日に掲載された記事のため、一部適さない内容もございます。 オンラインストレージマーケットはめまぐるしい進化を遂げている。以前にユーザーが期待できたのは、割り当てられたバーチャルドライブかシンプルなウェブベースのインタフェースからのろのろしたアップロード/ダウンロードを行うことだけだった。この分野の競争の少なさ(とバブルの崩壊)が、最小限のストレージ容量を高価格へと導く結果になった。 昨年、多数のオンラインストレージサービスがスタート(そのうちいくつかは2月にスタートする。※編集部注)。これら… 続きを読む