ブランディング / リブランディング(用語)

ブランディング / リブランディングに関する記事一覧

  • Episerverはより有名な買収したOptimizelyの名称を会社全体で使用すると発表

    Episerverはより有名な買収したOptimizelyの名称を会社全体で使用すると発表

    2020年秋にOptimizelyを買収したコンテンツ管理会社のEpiserverは、組織全体でOptimizelyの名称を採用することにした。 続きを読む

  • Facebookは企業ブランドを強化して傘下アプリの一体化を目指す

    Facebookは企業ブランドを強化して傘下アプリの一体化を目指す

    Facebookは新しい企業ロゴを発表した。そこには傘下のInstagramやWhatsAppへのザッカーバーグ氏の思惑がある。 続きを読む

  • ディープリンクのマーケットリーダーBranchがシリーズDで$100Mあまりを調達、ユニコーンの仲間入り

    ディープリンクのマーケットリーダーBranchがシリーズDで$100Mあまりを調達、ユニコーンの仲間入り

    Androidオペレーティングシステムの作者Andy RubinのPlayground Venturesが支援するディープリンク制作のスタートアップBranchが、今度の資金調達ラウンドで評価額が10億ドルになり、ユニコーンクラブのメンバーになりそうだ。 続きを読む

  • AIでロゴを自動的にデザインしてくれるTailor Brandsが$15.5Mを調達

    AIでロゴを自動的にデザインしてくれるTailor Brandsが$15.5Mを調達

    中小企業にブランド戦略とマーケティングサービスを提供するTailor Brandsが今朝(米国時間5/9)、シリーズBで1550万ドルを調達したことを発表した。 CEOのYali Saarによると、同社はデザインと機械学習が交わるところに位置している。 続きを読む

  • Amazon時代のeコマース投資を考える

    Amazon時代のeコマース投資を考える

    Amazonが800ポンド(362キロ)のゴリラとして立ち塞がっているために、私の投資家仲間たちの多くはeコマース市場を無視することにしている。実際この業界は、取引や投資の面で最近低迷している。しかし、WalmartによるBonoboの3億1000万ドルの買収や、Stich FixのIPOが示すように、この業界にも投資家たちにとってのエキサイティングな機会がまだ沢山あるのだ。 投資機会を探る中で、私はさほど多額の資本を調達することなく多くの売り上げを果たしたあるブランドにも遭遇した。ただし、この売り上げは旧来の小売チャネルを通して達成され… 続きを読む

  • 修理屋CellSaversがPulsと改名してスマホ/タブレット以外の多様な消費者電子製品にも手を広げる

    修理屋CellSaversがPulsと改名してスマホ/タブレット以外の多様な消費者電子製品にも手を広げる

    スマートフォンやタブレットを修理するCellSaversが、名前をPulsに変え、これからは家庭内のさまざまなスマートデバイスも修理する。 サンフランシスコの同社はそれを機に2500万ドルの資金を調達して、サービスの内容とマーケティング活動をより充実させていくつもりだ。 続きを読む

  • Instagram、関連アプリ名に“Insta”と “Gram” を禁止―打撃を受けるアプリ多数

    Instagram、関連アプリ名に“Insta”と “Gram” を禁止―打撃を受けるアプリ多数

    Instagramがブランド・ガイドラインを改訂し、関連アプリ名にInstaないしGram;を使うことを禁止した。それらの単語を含む既存のアプリに対しては「合理的な期間内に改名する」よう要求するメールが送られている。 このメールはこの他、Instagram Brand Guidelinesの改訂部分として、ロゴやInstagramというフル名称を使うことにも制限を設けている。たとえば、 Luxogramの開発チームに送られたメールには以下のようにある(強調は編集部)。 続きを読む

  • ハッカー、バーガーキングのTwitterを乗っ取る

    ハッカー、バーガーキングのTwitterを乗っ取る

    40分ほど前、 ハッカーがバーガーキング公式Twitterアカウントを乗っ取り、ブランディング写真にマクドナルドのフィシュナゲットを載せた上「バーガーキングはワッパーの大失敗によりマクドナルドに身売りしました」と書いた。 続きを読む

  • Microsoftが“Metro”ブランドを放棄…商標権トラブルで

    Microsoftが“Metro”ブランドを放棄…商標権トラブルで

    Microsoftが同社の”Metro”ブランドを捨てようとしている。その名はこれまで、Windows 8やWindows Phone、Xbox 360、Office 2013などなどの消費者製品の、クリーンでモダンなタイルレイアウトを指していた。Microsoftはこれまでの1年あまり、記者会見やブログ記事やチュートリアルやガイドで、”Metro”を喧伝してきた。その溺愛の愛児を捨てる理由は、Microsoftのヨーロッパのパートナーであるドイツの小売企業Metro AGにある。同社は、商標権侵… 続きを読む

  • 米国調査:Appleブランドはいまや子供たちの間でもOREOクッキーに並ぶ大人気

    米国調査:Appleブランドはいまや子供たちの間でもOREOクッキーに並ぶ大人気

    アメリカにて、8歳から24歳までの若者5,077人を対象に調査を行った。するとコンピュータ部門、携帯電話部門、タブレット部門でAppleが首位となり、全米1位のエレクトロニクスブランドであるということになった。他に1位となっているのはNintendo、Oreo、およびSpriteでいずれもアメリカでの超有名ブランドばかりだ。 調査を行ったのはPollsters Harris Interactiveで、ブランドに対する好みやロイヤリティについての質問を行った。結論として「Appleは顧客と強い信頼関係を構築し、未来の顧客層の指示も得ている」と… 続きを読む