Brex(企業)

起業家のためコーポレートカードを発行する企業。

  • 企業支出管理の戦い激化の中、Brexが460億円を調達し評価額は8010億円

    企業支出管理の戦い激化の中、Brexが460億円を調達し評価額は8010億円

    企業支出管理スタートアップのライバルであるRamp)が評価額16億ドルで合計1億1500万ドル(約124億4000万円)を2回に渡るラウンドで調達したことを発表してからわずか数週間後の米国時間4月26日、Brexは4億2500万ドルのシリーズDをTiger Globalのリードで完了したことを発表した。 続きを読む

  • スタートアップ向け法人クレカ発行のBrexがローンチ後1年未満で評価額2200億円に

    スタートアップ向け法人クレカ発行のBrexがローンチ後1年未満で評価額2200億円に

    TechCrunchが入手した情報によれば、フィンテックビジネスのBrexが、このたびローンチ後1年未満で、シリーズDラウンドを行い、数百万ドルを調達することがわかった。 続きを読む

  • スタートアップの資本構成を管理するCartaが創業6年でシリーズD $80Mを調達

    スタートアップの資本構成を管理するCartaが創業6年でシリーズD $80Mを調達

    企業のキャップテーブル(cap table, 資本構成表)や評価額、ポートフォリオ投資、エクィティプランなどの管理を助けるCartaはこのほど、評価額8億ドルで8000万ドルのシリーズDを発表した。 続きを読む

  • チャージカードスタートアップのBrexは、ユニコーン(10億ドル)ならぬデカコーン(100億ドル)の成功を目指す

    チャージカードスタートアップのBrexは、ユニコーン(10億ドル)ならぬデカコーン(100億ドル)の成功を目指す

    企業のクレジットならびにチャージカードを再発明しようとしている若いスタートアップのBrexは、いまではシリコンバレーではよく知られた存在だ。まだ若い同社の共同創業者であるHenrique DubugrasとPedro Franceschi、著名な支援者たち、先月発表された1億2500万ドルのシリーズC,サンフランシスコでの積極的な広告宣伝、そして同社の猛烈な成長が、注目を大いに引き寄せる効果を発揮している。しかしもちろん、Brexをフィンテックユニコーンクラブに参加させたのは、リストのトップに躍り出た、最後のラウンドの評価額だった。 続きを読む

  • Brexはその新しい報酬プログラムで、WeWorkやAWSなどとパートナーシップを締結した

    Brexはその新しい報酬プログラムで、WeWorkやAWSなどとパートナーシップを締結した

    スタートアップのための法人カードを発行するBrexが、本日(米国時間10月30日)新しい報酬プログラムを発表した。 3週間前に1億2500万ドルのシリーズCを発表したこの10億ドルの企業は、Amazon Web Service、WeWork、Instacart、Google Ads、SendGrid、Salesforce Essentials、Twilio、Zendesk、Caviar、HubSpot、Orrick、Snap、Clerky、そしてDoorDashとパートナー契約を締結し、起業家たちが、定期的に利用するサービスとプロダクトから、ポ… 続きを読む