broadband

  • ソフトバンクなどからの追加資金を確保できずOneWebが破産を申請

    ソフトバンクなどからの追加資金を確保できずOneWebが破産を申請

    衛星コンステレーションによるブロードバンド事業者のOneWebは、米国時間3月27日にも米国で破産保護の申請を行うことになる。既存の投資家であるソフトバンクからも含めて、新たな資金の確保に失敗した結果だ。同社は1つのチームだけを残して、すでに打ち上げて宇宙空間にある衛星の運用を続けるという。 続きを読む

  • アメリカのインターネットサービスプロバイダーは顧客満足度が最低の業種

    アメリカのインターネットサービスプロバイダーは顧客満足度が最低の業種

    ISP(インターネットサービスプロバイダー, internet service provider)に対する不平はほとんどの人が持っているし、近年、その評価が上がるような要素も見当たらない。それどころかその評価は、最新のAmerican Customer Satisfaction Index(ACSI, 全米顧客満足度指数)によると、下がる一方なのだ! 続きを読む

  • 米FCC、インターネット・スピードマップを公開、地域別通信速度が一目でわかる

    米FCC、インターネット・スピードマップを公開、地域別通信速度が一目でわかる

    FCCの大きな責務の一つは、国全体にブロードバンドを普及させることであり、その一環として定期レポートを発行している。しかし、問題点を一覧できるビジュアル表現はなかった。FCCのデータを元に新しく作られた公式ブロードバンドマップを見れば、ギガビットファイバーから10年前でも非力だったDSLまで、どんな選択肢があるかを地域別に知ることができる。 続きを読む

  • Speedtest.netのOoklaが世界各国のインターネット接続速度の月報サイトを立ち上げ

    Speedtest.netのOoklaが世界各国のインターネット接続速度の月報サイトを立ち上げ

    自分が住んでるところのブロードバンドのスピードを自慢するためには、OoklaのSpeedtest.netを使うのが長年の定番だった。おかげで同社にはいつも、有益な情報がたくさん集まっている。そこで同社はこのほど、世界各国のインターネット接続のスピードを比較して見られる月刊のデータサービス、Speedtest Global Indexを立ち上げた。その創刊号は、すでに出版されている。 続きを読む

  • オバマ大統領曰く「全家庭でインターネットを利用可能とすることがアメリカ成長の鍵」

    オバマ大統領曰く「全家庭でインターネットを利用可能とすることがアメリカ成長の鍵」

    第三世界の国々にて、インターネットへのアクセス環境が十分に整っていないことは多くの人が意識している通りだ。その問題に対処するために、いろいろな意見がある中でもFacebookがInternet.orgを運用したりもしているわけだ。ただ、実のところはアメリカ合衆国の中においてさえ、4人に1人が家庭からインターネットにアクセスできないとうい事実は忘れられがちだ。 続きを読む

  • 全世界のブロードバンドの速度は25%アップ, 依然として韓国トップ, 合衆国は12位だが29%増6.7 Mbps

    全世界のブロードバンドの速度は25%アップ, 依然として韓国トップ, 合衆国は12位だが29%増6.7 Mbps

    Akamaiが発表した2012Q1の報告書State of the Internetによると、ブロードバンド接続のスピードは全世界的に着実に上がっており、現在の平均速度は2.6Mbps、前年同期の2.3Mbpsから25%の増、大きな落ち込みを見た前期2011Q4に対しては14%の増となった。トップは依然として韓国、その平均接続速度は15.7Mbpsである。合衆国はトップテンに入らず12位だが、スピードはアップして6.7Mbps、これは前年同期比29%、前期比17%の増である。 ブロードバンドが良くなると攻撃も高度になる。Akamaiの報告書… 続きを読む

  • Pew調査報告:米国成人のうち5人に1人はインターネットを利用せず

    Pew調査報告:米国成人のうち5人に1人はインターネットを利用せず

    Pewリサーチセンターが、アメリカ国内におけるブロードバンドの普及率とインターネット利用率の調査結果を発表した。その中に驚くべき結果が記されていた。調査によると米国成人の21%がインターネットを使っていないらしいのだ。すなわち米国内成人の5人に1人がインターネットを利用していないということになる。 この数値はブロードバンドを使っていない人(利用者は米国成人の66%)というわけでもない。ブロードバンドに加え、ダイアルアップ(こちらは5%。他に接続手段はわからないと回答した人もいる)も使っていない人が21%に及ぶということだ。この21%の人… 続きを読む

  • アメリカ政府のブロードバンド普及策が腰抜けなので、ユーザーはGoogleだけが頼みの綱

    アメリカ政府のブロードバンド普及策が腰抜けなので、ユーザーはGoogleだけが頼みの綱

    アメリカにおける将来のイノベーションを成功させる上で、ブロードバンドによるインターネット接続の普及より重要な要素はほとんどない。FCC〔連邦通信委員会〕もこの点を理解しているらしく、全米ブロードバンド計画(National Broadband Plan)が策定された。 しかし、その中味は期待外れもいいところだ。 ハーバードの法学の教授、Yochai BenklerがNew York Timesに掲載した論説記事に問題点が非常に的確にまとめられている。この鳴り物入りの新しい計画は、ちょっと見には大したもののようだが、実際にはまったく不十分である。その… 続きを読む

  • なぜプロバイダたちはブロードバンドの定義を下げたがっているのか?

    ComcastやVerizonなどのプロバイダたちがFCCに請願してブロードバンドの定義を下げようとしているって、いったいどういうこと? それは結局お金の問題…ブロードバンドの全国普及を目指す政府の刺激策…だ、本誌のMG SieglerがG4TVのAttack of the Showという番組でそう説明している。 オバマ政権は、今後は農村部などにもブロードバンドを普及させたい意向なので、プロバイダたちはブロードバンドの定義を下げることによって、数十億ドルという政府の補助金を、実際の工事費等にあまり使わずに、なるべく大きな額をそのまま手元に収めた… 続きを読む

  • Cisco予測:2013年までに動画ファイルの占めるトラフィック量は90%となり、携帯機器でも64%に達する

    Cisco予測:2013年までに動画ファイルの占めるトラフィック量は90%となり、携帯機器でも64%に達する

    本日(米国時間6/9)Ciscoが公表したIPトラフィック予測によれば、2013年までに年間のIPトラフィック量は3分の2ゼッタバイトに到達するとのことだ。「ゼッタバイト」というのは何か。これは1兆ギガバイトのこと。想像もできない単位だ(記事を書く際にも調べなくてはわからなかった)。そして3分の2ゼッタバイトというのは、現在のトラフィック数の5倍ということになる(下に掲載した表をご覧頂きたい)。 トラフィック量の増加をもたらすのは動画だと予測されている。Ciscoによると、2013年におけるコンシューマートラフィック(全トラフィック量の… 続きを読む