Broadcom

  • トランプ介入でBroadcomの買収を退けたがQualcommに苦難が続く――創業家はVision Fundの資金で攻勢か

    トランプ介入でBroadcomの買収を退けたがQualcommに苦難が続く――創業家はVision Fundの資金で攻勢か

    Qualcomm対Broadcomの歴史的戦いはとりあえず停戦となった。先週、トランプ政権がCFIUS(対米外国投資委員会)を通じて Broadcomによる買収の差し止めを命じたからだ。実現していればテクノロジー分野における過去最大のM&Aになったはずだ。これでとりあえずモバイルチップ戦線は異常なしとなった。しかしQualcommとBroadcomは来るべき5G時代に向けてそれぞれ戦略を立て直する必要がある。取締役会から去った創業者の息子、Paul Jacobsによる買収の試みへの対処など、Qualcommの前には深刻な問題がいく… 続きを読む

  • いまさら聞けない「対米外国投資委員会(CFIUS)」とは?

    いまさら聞けない「対米外国投資委員会(CFIUS)」とは?

    オープンソースコミュニティの大多数の人びとにとって、コードとテクノロジーは「フリー」(「自由」という意味と「無償」という意味を兼ねている)なものとして捉えられている。より良い現在と未来を追求するために、人類すべてと共有されるべきものなのだ。しかし、政府の視点はそれとは異なっている。彼らの心の中では、テクノロジーは他の国に対して競争優位をもたらす戦略的資産なのだ。これらの資産は富と雇用、そして最終的には国内の平穏へとつながるのだ。 米国はテクノロジーリーダーであり、自身の競争上の優位性を守るための、強力な経済戦争ツールを所有しているのだ。… 続きを読む

  • GoogleのProject Zeroが多くのスマートフォンに使われているBroadcomのWi-Fiチップの脆弱性を発見

    GoogleのProject Zeroが多くのスマートフォンに使われているBroadcomのWi-Fiチップの脆弱性を発見

    GoogleのProject Zeroはこのところ快調で、CloudflareやLastPassの高度なバグを発見したことに続き、今度は、iPhoneやNexusやSamsungの製品に使われているBroadcomのWi-Fiチップにバグを見つけた。 続きを読む

  • Broadcomの億万長者ヘンリー・ニコラス、コカインおよび株式日付改竄の罪で告発

    Broadcomの億万長者ヘンリー・ニコラス、コカインおよび株式日付改竄の罪で告発

    90年代は、実際誰もがパーティーをやりすぎた。しかし、Broadcomのファウンダーであり億万長者のHenry Nicholasが、中でも一番パーティーに行っていただろう。今日(米国時間6/5)2件の訴状がNicholasの元に届いた。1つは昨年同社に$2.2B(22億ドル)の経費増を招いたストックオプションの日付改竄、もう1つは・・・まあ、パーティーのやりすぎ(訴状は、コカイン、エクスタシー、売春婦などに言及している)。LA Timesが次のように報じている。 米司法省は、Henry T. Nicholas3世を詐欺容疑で起訴した。本日公開さ… 続きを読む