browsers

  • WebCLでWebデベロッパもGPUやCPUのマルチコアをブラウザ内で有効利用(==並列処理)できるようになる

    WebCLでWebデベロッパもGPUやCPUのマルチコアをブラウザ内で有効利用(==並列処理)できるようになる

    Webブラウザは多くの場合、コンピュータやモバイルデバイスの能力をフルに利用できない。コードがハードウェアから抽象化されたサンドボックスで実行されることが多く、ブラウザが直接ハードウェアにアクセスすることはない。デスクトップ用のソフトウェアはたとえばCPUのすべてのコアを使い、また現代的なGPUに並列処理をさせて画像のフィルタリングなどを高速化できるが、ブラウザ内で動くJavaScriptのコードにはそれができない。でも、それがもうすぐ変わる。 続きを読む

  • Firefox 27が公開。ソーシャルAPIを改善、SPDY 3.1を新たにサポート

    Firefox 27が公開。ソーシャルAPIを改善、SPDY 3.1を新たにサポート

    本日(米国時間2/4)Mozillaは、Firefox 27を公開した。新バージョンのブラウザーは、FirefoxソーシャルAPIに主要な改訂があり、旧世代のWeb 2.0ソーシャルブックマークツール、Deliciousや、インドの音楽サービス、Saavnをサポートした。しかし、もっと重要なのは、ソーシャルAPIで1ユーザーが複数のサービスを同時に使えるようになることだ。 続きを読む

  • MicrosoftはみんなにInternet Explorerを見直してほしいのでデモ集積サイトRethink IEをローンチ

    MicrosoftはみんなにInternet Explorerを見直してほしいのでデモ集積サイトRethink IEをローンチ

    Internet Explorerは長年、自業自得の悪評に悩まされてきたが、Microsoft自身もそのことを十分自覚していた。しかしIE9以降は、かなり良いブラウザになり、最新バージョンはWebのオープンな規格に準拠し、きわめて高速なJavaScriptエンジンを実装、タッチのサポートなど新しい機能も加えた。しかしそれでもIEは、Microsoftにとってすら、いまだに”嫌うことが好まれる“ブラウザだ。 昨年あたり、とくにIE11のローンチ直後から、MicrosoftはRed BullやAtari、GlacierW… 続きを読む

  • Chrome 33のベータはCustom Elementsを導入, 音声合成APIをサポート

    Chrome 33のベータはCustom Elementsを導入, 音声合成APIをサポート

    昨日(きのう)最終安定版のChrome 32をリリースしたばかりのGoogleが、今日(米国時間1/16)はデスクトップとAndroid用のChrome 33の初のベータをローンチした。 このリリースには、デベロッパが関心を寄せそうなアップデートがいくつかあり、たとえばデベロッパが独自のHTML成分(要素)を定義できるCustom Elementsという機能がある。 続きを読む

  • Chrome 32ではマルウェアブロックを強化, Windows 8の上ではChrome OSを体験できる

    Chrome 32ではマルウェアブロックを強化, Windows 8の上ではChrome OSを体験できる

    Googleが今日(米国時間1/14, 日本時間1/15)、Chromeブラウザの最新安定バージョンをリリースした。そのバージョン32には、最近ベータチャネルにやってきた新しい機能の多くが含まれている。マルウェアブロックの改良が、その一例だ。またタブの表示は、そこで音を鳴らしている、Webカメラにアクセスしている、Chromecastにビデオを送っている、などのときにはそれらが分かるようになった。つまりタブに、スピーカーのアイコン、青い矩形、赤いドットなどが表示されるのだ。 続きを読む

  • Chrome 31ベータにデベロッパー向け新機能―ウェブ支払、モバイルアプリのフルスクリーン・モードなど

    Chrome 31ベータにデベロッパー向け新機能―ウェブ支払、モバイルアプリのフルスクリーン・モードなど

    今日(米国時間10/3)、GoogleはChromeブラウザのデスクトップ、モバイルの最新ベータを公開した。ユーザーに直接見える部分には目立った変更はないが、デベロッパーにとっては重要な機能がいくつも追加されている。やがてChromeのユーザー体験が大きく拡張されることになるだろう。 たとえばAndroid版ではデベロッパーは簡単にフルスクリーン・モードでアプリを起動するショートカットが作れるようになった。このモードでは通常のChromeのUIはまったく表示されず、アプリが画面全体を利用することができる。 続きを読む

  • iPad向け新ブラウザ、Opera Coastが登場―すべてスワイプとタップで操作するタブレット最適化UI

    iPad向け新ブラウザ、Opera Coastが登場―すべてスワイプとタップで操作するタブレット最適化UI

    半年前からOperaでは小チームでタブレット向けブラウザの開発を進めていた。 そしてついにOpera Coast for iPadが発表された。Chromeを無用のものにするかもしれない画期的な新ブラウザだ。 先週、Coastプロジェクトの責任者、Huib Kleinhoutは私の取材に対して「われわれがCoastを開発することに決めた動機は、現在のブラウザのUIがMosaicの時代から実質的に変わっていないことに我慢がならなくなったからだ。マルチタッチ・スクリーンがこれだけ普及したというのに、それがブラウザではほとんど生かされていない」と述べた… 続きを読む

  • Chrome 29ベータはAndroidにWebRTCとWeb Audio APIを実装, デスクトップではOmniboxを改良

    Chrome 29ベータはAndroidにWebRTCとWeb Audio APIを実装, デスクトップではOmniboxを改良

    Googleが今日(米国時間7/16)、Chrome 29のデスクトップとAndroid用バージョンのベータをリリースした。とくにAndroid版に重要な変化があり、オーディオ合成処理のためのWeb Audio APIと、リアルタイム通信のための最新API WebRTCをサポートしている。 続きを読む

  • クラウドから提供されるブラウザMaxthon, パワーユーザたちがご愛用

    クラウドから提供されるブラウザMaxthon, パワーユーザたちがご愛用

    Maxthonは、ChromeやFirefoxやSafariほど名前を知られていないと思うが、しかしこのクラウドから提供されるブラウザはグローバルに人気があり、各月140か国から1億あまりのユニークビジターがある。同社のVP Karl Mattsonによると、Maxthonの成長を支えているのは主にWebデベロッパやゲーマーたちで、彼らはこのクラウドブラウザのメモリ管理機能や、Flash対応、GPUアクセラレーション、それにHTML5のサポートが気に入っている。 続きを読む

  • まだ生きてる代替ブラウザTorch, 立ち上げ1年でユーザ数1000万を突破

    まだ生きてる代替ブラウザTorch, 立ち上げ1年でユーザ数1000万を突破

    ブラウザの選択肢のずっと下の方は、Rockmeltのような落伍者の死屍累々だが、中にはMicrosoftやMozilla、Googleなどの影にひっそりと隠れて生き延びている者もいる。Maxthonもその一つの例だが、これまで話題にもならずに着実にユーザを増やし続けているのがTorchだ。同社によれば、立ち上げから1年後で、アクティブユーザ数はMacとWindows合わせて1000万を超えた、という。 TorchはChromiumをベースとするブラウザだが、このほど新バージョンをローンチし、ダウンロードアクセラレータが新たに加わり、To… 続きを読む

  • Internet Explorer 10の消費電力はChromeやFirefoxより18%低い, とMicrosoftは主張

    Internet Explorer 10の消費電力はChromeやFirefoxより18%低い, とMicrosoftは主張

    Microsoftが行った委託研究によると、合衆国のChromeとFirefoxユーザの全員がブラウザをWindows 8上のInternet Explorer 10に換えたら、合衆国の1万世帯ぶんの電力を節約できる。Microsoftによるとその理由は、同社はIEの高速化に力を入れてきたしまた、IEはネイティブのグラフィクスカードなど現代的なPCのハードウェアの能力を有効活用して、レンダリングのパフォーマンスを向上させているからだ。 続きを読む

  • OperaがGoogleのエンジン採用の初バージョンをリリース–便利な独自機能による差別化に専念

    OperaがGoogleのエンジン採用の初バージョンをリリース–便利な独自機能による差別化に専念

    Operaが今日(米国時間5/28)同社初のChromiumをベースに使ったWindowsとMac用デスクトップブラウザOpera Nextの、プレビューバージョンをローンチした。同社がブラウザのエンジンを自社製からGoogle製に切り替えることを発表したのは今年の2月だった。Googleのエンジンなので、SPDYプロトコルなどもサポートされるが、それだけでなくOpera独自の新機能もいくつかある。 続きを読む

  • あなたのページにWebRTCのビデオチャットを埋め込める–Fresh Tilled Soilの一連の実験より

    あなたのページにWebRTCのビデオチャットを埋め込める–Fresh Tilled Soilの一連の実験より

    WebRTCを使ってデベロッパは、自分のWebアプリケーションにプラグインなしでリアルタイムの音声通話やビデオチャット、ファイル共有などの機能を導入できる。ChromeとFirefoxはすでにこれをサポートしているが、そのほかのブラウザもいずれ彼らに続くだろう。しかし現段階ではWebRTCは規格も実装も実験段階で、まだ多くのサイトがこぞって採用するまでには至っていない。また自分のサイトへの導入も、Conversat.ioのようなプロジェクトはあるものの、まだ容易ではない。 WebRTCを試してみたい、WebRTCを使ったビデオチャットウ… 続きを読む

  • Firefoxの先行テスト版がWebRTC, H.264, MP3をデフォルトでサポート

    Firefoxの先行テスト版がWebRTC, H.264, MP3をデフォルトでサポート

    Firefoxブラウザのテスト専用の先進的バージョンFirefox Nightlyで、WebRTCがデフォルトでサポートされた。WebRTCは、プラグインなしでブラウザ自身がリアルタイムのUDP通信を行う規格で、とくにオーディオやビデオによる対話やコンテンツ配布に適している。これまではFirefox Nightlyのオプションとしてサポートされていたが、これがデフォルトになったことにより、数か月後には安定版(正規リリース版)の工程に組み入れられることが期待される。 MozillaのPaul RougetとRober Nymanが今日の発表声明… 続きを読む

  • グループビデオチャットのTenHandsがChromeのWebRTCで実装–プラグイン不要に

    グループビデオチャットのTenHandsがChromeのWebRTCで実装–プラグイン不要に

    Webアプリケーションとモバイルアプリ向けにビデオコラボレーションサービスを提供しているTenHandsが、WebRTCのサポートを発表した。WebRTCはブラウザ内でプラグインを使わずにオーディオやビデオによる通話ができるためのJavaScriptライブラリで、TenHandsのAPIは、ユーザがChrome 24より上のブラウザを使っている場合には自動的にWebRTCによるオーディオビデオ通話を行う。 これまでの(そしてデフォルトの)TenHandsは、Chromeの場合のようにブラウザがWebRTCをサポートしていなければ、自分のW… 続きを読む

  • HTML5とCanvas 2Dの標準規格(機能定義)が最終確定, HTML 5.1の作業草案も発表

    HTML5とCanvas 2Dの標準規格(機能定義)が最終確定, HTML 5.1の作業草案も発表

    本誌はかなり前からHTML5関連の記事を載せているけど、でもこれまでは、最終的に確定したHTML5の規格というものはなかった。そして今日(米国時間12/17)、World Wide Web Consortium(W3C)は、HTML5とCanvas 2Dの標準規格が…その機能集合の定義が…最終的に完成した、と発表した。W3Cによると、これによりデベロッパは、“実装や企画のための”安定的ターゲットを得たことになる。 HTML5がW3Cの標準規格として確定するまでの手続きが、あと二三あるのだが、それらはいずれも形式的なものだ… 続きを読む

  • MozillaがFirefoxのWindows 8 Metro対応バージョンをリリース, デスクトップへの迅速な行き来をサポート

    MozillaがFirefoxのWindows 8 Metro対応バージョンをリリース, デスクトップへの迅速な行き来をサポート

    Windows 8の公式ロンチが間近となった今日(米国時間10/4)、MozillaがFirefox Metroの初めてのプレビューリリースを披露した 。この、FirefoxのMetroバージョンは、Mozillaによると、既存の実装のポートではなく“Windows 8用にまったく新規に設計した”という。しかしすでに、Firefoxの通常のツールや機能が実装されている。名前は“Firefox Metro”だが、従来のWindowsデスクトップとWindows 8/Metroの両方で使える。 今すでに… 続きを読む

  • HTML5のセキュリティ–その重要課題を展望する

    HTML5のセキュリティ–その重要課題を展望する

    編集者注記: 本稿の筆者Mike Shemaは、Qualysの技術部長だ。同社はクラウドのセキュリティとコンプライアンスのプロバイダである。Mikeは最近出版された本 “Hacking Web Apps: Detecting and Preventing Web Application Security Problems”(Webアプリケーションをハックする: Webアプリケーションのセキュリティ問題の発見と防止)の著者でもある。彼へのコンタクトはここから。 HTML5は、これまでWebを20年あまり支えてきた技術を再び活気づけている。… 続きを読む

  • 実際の人気アプリ/ライブラリでJavaScriptエンジンをベンチするGoogleのOctane

    実際の人気アプリ/ライブラリでJavaScriptエンジンをベンチするGoogleのOctane

    GoogleのChromeチームが今日(米国時間8/21)、Octaneをロンチした。これは新しいJavaScriptベンチマークスイートで、実用現場でのパフォーマンスの測定を目的としている。これまでのベンチマークは、特定の機能をテストする人工的なストレステストが多かったが、Octaneは実際にある、よく知られているWebアプリケーションやライブラリを使う。これはGoogleによると、“このベンチマークでの高得点は、類似のWebアプリケーションにおいても良いパフォーマンスであることを意味する”。 OctaneはG… 続きを読む

  • MozillaがiPad用のシンプルなブラウザJuniorを開発中

    MozillaがiPad用のシンプルなブラウザJuniorを開発中

    先週、MozillaのProduct Design Strategyチームが、あまり華々しくもなく発表したものの中に、iPad用の、タブも検索バーもないブラウザJuniorがあった(Webkitを使用)。操作には、簡単なジェスチャーと、Firefoxなどよりも単純なUIを使う。 前進と後退とプラス(+)のボタンがあり、このプラスボタンは最近の履歴やブックマークや検索バーを表示する。UI要素はこれだけで、あとはWebページの本体だけだ。 続きを読む