bubble

  • Bubbleは、コーディング経験がなくてもウェブアプリケーションを作れるサービス

    Bubbleは、コーディング経験がなくてもウェブアプリケーションを作れるサービス

    Bubbleは自己資金で立ち上げられたスタートアップで、プログラミングのできない人でもウェブアプリケーションを作れる強力なサービスを提供している。大小さまざまな企業が自社ウェブサイトにBubble を利用している。 続きを読む

  • 現在のテクノロジー・バブルは破裂必至―最大の痛手を受けるのはベンチャーキャピタリストではない

    現在のテクノロジー・バブルは破裂必至―最大の痛手を受けるのはベンチャーキャピタリストではない

    シリコンバレーは時限爆弾の上に座っているのだろうか? テクノロジー界はバブルなのかどうかをめぐる論議は激しさを増している。いわゆる「ユニコーン」、つまり投資家から何十億ドルもの資金を集めながらそれを正当化するような利益を返さないスタートアップが最近、何社も登場していることが論争の火に油を注いでいる。 いまやベンチャーキャピタルの世界ではユニコーンは珍しい存在ではない。CB Insightsのレポートによれば、現在アメリカで企業評価額が10億ドル以上になるスタートアップは103社もあるという。その大半は黒字化に近いところまでも行っていない。… 続きを読む

  • Bitcoinはバブルだ―暴落は絵に描いたように予想通りの展開

    Bitcoinはバブルだ―暴落は絵に描いたように予想通りの展開

    Bitcoinはこの24時間で大暴落を喫した。主要な換金市場のMt.Goxで500以下に落ちた後、やや回復している。 TechCrunchのJohnBiggs記者が今朝書いたとおり、中国最大のBitcoin市場、BTCChinaが中国元での預託金の受け入れを停止したことがこの暴落に拍車をかけたようだ。 しかしBitcoinの値下がりはしばらく前から兆候が現れていた。中国市場の動向は大きなトレンドの一部に過ぎない。要するにBitcoinは勢いを失っている。 Bitcoinを1200ドルという高値に押し上げたのと全く同じ力が今は逆向きに働いてい… 続きを読む

  • 今がバブルではない証拠がまた一つ: 第二四半期のVCの投資は横ばいだった

    今がバブルではない証拠がまた一つ: 第二四半期のVCの投資は横ばいだった

    【抄訳】 Dow Jones VentureSourceが今日(米国時間7/22)、合衆国のベンチャー業界に関する本年第二四半期の数字を発表した。それを、どこも大きく報じないのには、理由がある。相当、退屈な数字だからだ。第二四半期の投資案件数は776で総額80億ドル、金額では5%減、件数では2%の減だ。1件あたり投資額のメジアンは520万ドル、前年同期の460万ドルよりはやや増だ。あくびが出そうだね。 でも、数字が平凡なことには意味がある。私などがこれまでずっと言ってきたことが、証明されるのだ: ほんの一握りのホットな企業があることを、バブルと… 続きを読む

  • 第2のITバブルなんか来ないとあまり慢心するな

    第2のITバブルなんか来ないとあまり慢心するな

    私は一ヶ月ほど前に「第2のITバブルが来た!」という空騒ぎについて記事を書いた。ここでは2000年のインターネット・バブルと現在の空騒ぎの相違を分析した。簡単にいえば、ベンチャーキャピタリストがスタートアップ企業の会社評価額が急上昇するのに歯止めをかけようとして「バブルだ」と言い出し、ドラマ好きのマスコミがその餌に食いついた、というのが私の結論だった。 1999年にNasdaqは手のつけられない狂乱状態になっていた。株価の動きと会社の業績の間にはもはやなんの関係もなかった。現状はそんなことにはなっていない。その理由の一つは、株式を新規上… 続きを読む

  • チャイナ・バブル

    チャイナ・バブル

    先週開催されたWeb 2.0カンファレンスで、Morgan Stanley InternetのアナリストMary Meekerは恒例のデータ公開を行った。ウェブ市場の成長を多様な視点で定量的にみるというもの(プレゼンテーションの模様を撮影した動画はここで見られる。もっとも、実際のスライドはもどかしいことに見る事が出来ない。デモで利用されたスライドはこちらをどうぞ)。あるデータが特に際立っていた。それは、2003年時点で株式公開されていた中国のインターネット企業各社の時価総額合計は$5B(50億ドル)。現在は$50B(500億ドル)に上るという… 続きを読む