cable

  • 米国有料ケーブルテレビの契約数、史上最悪の激減

    米国有料ケーブルテレビの契約数、史上最悪の激減

    MoffettNathansonのレポートによれば、2017年第1四半期にて有料ケーブルテレビの契約数が762,000件も減ったのだとのこと。ちなみに昨年の第1四半期における減少数は141,000件だった。 続きを読む

  • Netflix、複数の米国ケーブルテレビ会社と交渉中との報道

    Netflix、複数の米国ケーブルテレビ会社と交渉中との報道

    Netflixは、自社のオンライン・ストリーミングビデオサービスを、セットトップボックスのアプリを通じて利用できるようにするために、複数米国ケーブルテレビ会社と交渉の初期段階にあると、Wall Street Journalは伝えている。もし契約がまとまれば、ここれは同社が視聴者の習慣を変えたためにケーブルテレビ会社にとって無視できない存在になったことを示すとい意味でNetflixにとって大きな勝利だ。本誌はNetflixにメールでコメントを求めている。 続きを読む

  • Netflixは一般消費者がインターネットテレビに慣れるための"補助輪付き自転車"だ

    Netflixは一般消費者がインターネットテレビに慣れるための"補助輪付き自転車"だ

    ケーブルテレビを好きな人はいないが、アメリカ人の全員が途方もない額のお金を払ってそれを自分の家庭に引き込んでいる。しかし好きでないからこそ、ケーブルのコードを切ること(そしてその請求書におさらばすること)、インターネット上の多様なストリーミングビデオサービスに切り換えることが、魅力的に映るのだ。でも今のところは、ケーブルで見ているもののすべてをインターネットで間に合わせることはできない。しかしその日はきっと来るはずだし、一般消費者がケーブルからインターネットテレビに乗り換えるための練習というか、”心の慣らし運転”… 続きを読む

  • インターネットテレビとケーブルテレビの死, いよいよ近し

    インターネットテレビとケーブルテレビの死, いよいよ近し

    「ケーブルテレビの死」という言葉そのものは、かなり前からある。彼らはまだ生きているが、最近は彼らの前途を妨害する障害物がさらにいっぱい現れてきて、いよいよ崖っぷちに追い詰められつつある。しかし彼らも、簡単にはギブアップしないだろう。〔訳注: アメリカのテレビ視聴者はほとんどがケーブルテレビ経由なので、日本人は本稿のような記事中の”ケーブルテレビ”を単に”テレビ”と置き換えて読むと、わかりやすいかもしれません。〕 来週は合衆国最大のケーブル企業Comcast(契約顧客数2300万)が第三四半期… 続きを読む