Cablevision

  • グーグルに対抗し米ケーブル6社が共同出資でターゲット広告の新事業「Project Canoe」(仮)設立へ

    グーグルに対抗し米ケーブル6社が共同出資でターゲット広告の新事業「Project Canoe」(仮)設立へ

    身の危険を感じるとケーブル会社は決まって束になり、ジョイントベンチャーを結成するものだが、その最新例が「Project Canoe」(仮)。米国内のケーブル大手全6社がターゲット広告を自社セットトップボックス経由で視聴者に配信する方向で話し合いを続けている共同プロジェクトである。NYタイムズの記事より。: ケーブル専用システム6種全部でターゲット広告の販売ができる全国サービス構築に向け、ケーブル各社は計約$150M(1億5000万ドル)の当初予算をこの推進事業に投じる。 セットトップボックスはケーブル会社の管轄かもしれないが、ケーブル会社が… 続きを読む