カリフォルニア工科大学(組織)

カリフォルニア工科大学に関する記事一覧

  • チームが極度の集中状態「ゾーン」に入り高パフォーマンスを発揮する「チームフロー」の脳活動を豊橋技術科学大学が解明

    チームが極度の集中状態「ゾーン」に入り高パフォーマンスを発揮する「チームフロー」の脳活動を豊橋技術科学大学が解明

    豊橋技術科学大学は10月6日、スポーツチームなど、複数の人間が協調して「ゾーン」(極度な集中状態)に入り、チームとして特別に高いパフォーマンスを発揮する「チームフロー」に関係する脳波と脳の領域を発見したことを発表した。チームフロー時の心理状態を客観的に研究する世界初の試みということだ。 続きを読む

  • 地球に太陽エネルギーを送信する10年の研究プロジェクト、その近況

    地球に太陽エネルギーを送信する10年の研究プロジェクト、その近況

    それはまるで、天才詐欺師のアイデアのようだ。彼の悪賢い目標は、世界中に、安くてクリーンなエネルギーを提供することだ。そのために彼は、3キロメートル四方のソーラーアレイを宇宙に打ち上げて、太陽のエネルギーを電力として地表に送る。そのお値段も1億ドル(約110億円)と、大衆SF並だ。でもこれは、Caltech(カリフォルニア工科大学)の実際のプロジェクトで、10年近く1人の寄付者が資金を提供している。 続きを読む

  • ナノ加工された「十四面体」がケブラーを凌ぐ防弾性能を発揮

    ナノ加工された「十四面体」がケブラーを凌ぐ防弾性能を発揮

    マサチューセッツ工科大学(MIT)とカリフォルニア工科大学(Caltech)の研究者は、ケブラーや鋼鉄よりも強靭なナノエンジニアリング素材を開発した。この素材は相互に連結した炭素の「十四面体」でできており、微小な弾丸の衝撃を見事に吸収した。 続きを読む

  • カリフォルニア工科大学がアップルとブロードコムから特許侵害訴訟で1200億円勝ち取る

    カリフォルニア工科大学がアップルとブロードコムから特許侵害訴訟で1200億円勝ち取る

    数年に渡る法廷闘争を経て、裁判所はAppleとBroadcomに、カリフォルニア工科大学に対する特許侵害に関する総額11億ドルの支払いを命じた。Bloombergが報じた。報道によるとAppleは8億3780万ドル、Broadcomは2億7020万ドルの罰金をそれぞれ課せられた。 続きを読む

  • 空港のバードストライク対策に自律飛行ドローンが有効かもしれない

    空港のバードストライク対策に自律飛行ドローンが有効かもしれない

    航空機に鳥がぶつかるバードストライクはそう頻繁ではないが、空港が注意を喚起しないほどに稀というわけでもない。しかし、鳥を近づけない、というのは難しい。何十、何百羽もの鳥の群の動きをどうやったらコントロールできるだろうか。もしかすると、CalTech(カリフォルニア工科大学)が考案した手法のような自律飛行ドローンが最善の策かもしれない。 続きを読む

  • この顔認識システムは、映画の観客が喜んでいるかどうかを追跡する

    この顔認識システムは、映画の観客が喜んでいるかどうかを追跡する

    映画制作がアートと同じくらいサイエンスになってきた今、映画会社は観客の反応を測定するためにかつてない方法を必要としている。喜んでくれたのだろうか? どのくらい…正確には?42分の時点で? カリフォルニア工科大学とDisney Researchは、表情認識ニューラルネットワークを使って、観客の反応を知り、予測しようとしている。次世代のニールセンレーティングの基盤になるかもしれない。 続きを読む

  • カリフォルニア工科大、太陽光による燃料合成で助成金$122Mを獲得

    カリフォルニア工科大、太陽光による燃料合成で助成金$122Mを獲得

    米国エネルギー省は本日(米国時間7/22)、カリフォルニア工科大学率いる「太陽エネルギー燃料イノベーション・ハブ」の構築に対し、最大$122M(1億2200万ドル)を助成することを発表した。同ハブの目標は、太陽エネルギーを化学燃料に変換し、その技術を商業利用できる規模に発展されること。 このプロジェクトは、植物がエネルギーを生成する方法からアイディアの一部を得ており、人工光合成を利用して、太陽光、水および二酸化炭素をクリーンな燃料に変換する。研究者たちの使命は、光吸収体、触媒、分子リンカー、分離膜などの技術を用いて、太陽光を燃料に変える… 続きを読む