がん / がん治療(用語)

がん / がん治療に関する記事一覧

  • 皮膚がん検診にAIを活用する英国拠点のSkin Analyticsが5.5億円を調達

    皮膚がん検診にAIを活用する英国拠点のSkin Analyticsが5.5億円を調達

    人工知能を活用した皮膚がん検診サービスを開発している英国拠点のスタートアップ、Skin Analytics(スキンアナリティクス)がシリーズAで400万ポンド(約5.5億円)の資金を調達した。このラウンドはHoxton Venturesがリードし、NestaとMustard Seed Venturesの各VCが参加した。 続きを読む

  • がんの標的治療の開発を改善するMission Bioが約75億円を調達して技術のスケールアップを目指す

    がんの標的治療の開発を改善するMission Bioが約75億円を調達して技術のスケールアップを目指す

    カリフォルニアのMission Bioが、シリーズCで7000万ドル(約74億6000万円)を調達した。Mission Bioはこの資金を使って同社のTapestriプラットフォームを拡大していく。このプラットフォームは、単一細胞マルチオミクス解析の技術における同社の取り組みを利用して、標的化された精密ながん治療の最適化を支援している。 続きを読む

  • がんを専門とする計算病理学スタートアップのPaigeがシリーズB投資で75億円を調達

    がんを専門とする計算病理学スタートアップのPaigeがシリーズB投資で75億円を調達

    メモリアル・スローン・キャッターリングがんセンターから独立し2018年に創設されたスタートアップのPaigeは、AIを使ってがん病理学の理解を深め、高度ながん研究と治療に貢献している。Paigeは米国時間7月13日に、その成長過程の一里塚となるシリーズBラウンドでGoldman SachsとHealthcare Venture Partnersから約21億円を調達し、約75億円でクローズした。 続きを読む

  • AIをがんの病理診断に活用するPaigeが約5.4億円調達

    AIをがんの病理診断に活用するPaigeが約5.4億円調達

    スローンケタリング記念がんセンターからスピンアウトしたPaige(ペイジ)は、腫瘍病理学の進歩に役立つ人工知能プラットフォームを開発している。プラットフォームから得られる知見をより良い治療薬の開発に利用する。同社は新たに500万ドル(約5億4000万円)の資金を調達し、プラットフォームの商業化と研究範囲の拡大を続ける。 続きを読む

  • AIで「がん」の病理をマッピングするPaigeが約49億円調達

    AIで「がん」の病理をマッピングするPaigeが約49億円調達

    AIを使ったマッピングを行い、がんへの理解を深め、がんと戦うスタートアップ、Pageが約49億円を調達。資金は事業を拡大し商業化を急ぐために使われる。 続きを読む

  • より効果的ながん治療に向けXilisが微小な腫瘍の培養技術を開発中

    より効果的ながん治療に向けXilisが微小な腫瘍の培養技術を開発中

    米国のみならず世界中で、がん治療が奇跡的と言ってもよいほどの進歩を遂げているにもかかわらず、依然としてこの病気は米国で死因の第2位を占めている。 続きを読む

  • がん患者と臨床試験をマッチングするTrialjectory

    がん患者と臨床試験をマッチングするTrialjectory

    がん患者と臨床試験をマッチングするテクノロジーを開発しているTrialjectoryは、さらに成長を続けるべく270万ドルを調達した。 続きを読む

  • ゲノム配列を利用して非侵襲的ながん検診を実現するLucenceが20億円超を調達

    ゲノム配列を利用して非侵襲的ながん検診を実現するLucenceが20億円超を調達

    Lucenceの差別化要因は、その特許技術によるアンプリコンシーケンスで、ゲノムの特定部分の変異を調べて癌に結びつく突然変異などを見つけることにある。同社はそのテストを「スイス製アーミーナイフ」と呼んでいる。それは、癌の検診と診断と処置と選別と監視に利用できるからだ。 続きを読む

  • 全身MRIを使ってEzraは11〜13種のガンを発見できる

    全身MRIを使ってEzraは11〜13種のガンを発見できる

    Ezraが6カ月ほど前に事業を開始したとき、同社は男性の前立腺がんを調べるためにMRI(磁気共鳴画像)の装置を使っていた。しかし共同創業者のEmi Gal氏はさらに大きなゴールを描いていた。 続きを読む

  • 犬の癌を治療するスタートアップがAndreessen Horowitzから500万ドルのシードを調達

    犬の癌を治療するスタートアップがAndreessen Horowitzから500万ドルのシードを調達

    シードラウンドで500万ドルを調達したOne Healthは、犬の癌を人間にとって、もっと対応しやすくすることをねらっている。犬の死亡原因のトップが、癌なのだ。 続きを読む

  • 世界で初めての遺伝子を編集された赤ちゃん、深圳の病院は関わりを否定

    世界で初めての遺伝子を編集された赤ちゃん、深圳の病院は関わりを否定

    世界初の遺伝子を編集された人間の赤ちゃんという中国生まれのニュースは、月曜日(米国時間11/26)にMIT Technology ReviewとAssociated Press(AP通信社)がそのプロジェクトを報じて以降、大騒動になってしまった。 続きを読む

  • がん専門医が正しい最新知識を得るためのQ&AサービスTheMednetがシードで$1.3Mを調達

    がん専門医が正しい最新知識を得るためのQ&AサービスTheMednetがシードで$1.3Mを調達

    TheMednetはY Combinatorから今年の春にローンチし、最初はがんから始めて、良い処置に関する最新の研究を専門医が調べる手助けをする。同社はこのほど130万ドルのシード資金を獲得して、広く医師たちからの知名度と利用を高めようとしている。 続きを読む

  • AIでがん患者に最適な治療法を見つけるMendel.aiが200万ドルを調達

    AIでがん患者に最適な治療法を見つけるMendel.aiが200万ドルを調達

    Dr. Karim Galilはうんざりしていた。がんで患者を亡くすことにうんざりしていた。散乱する医療記録にうんざりしていた。として、様々な効果をうたう数多くの臨床試験を掌握することにうんざりしていた。多くの患者を失い、忍耐力も失いつつあったGalilは、AIシステムを構築して担当する患者を、最適な治療方法とマッチングさせようと考えた。 続きを読む

  • ショーン・パーカーのがん研究所、治療の有効性がわかる血液検査法を発見か

    ショーン・パーカーのがん研究所、治療の有効性がわかる血液検査法を発見か

    ITビリオネアSean Parkerが設立したパーカーがん免疫療法研究所の協力を得た科学者チームは、腫瘍内のPD-1(プログラム細胞死タンパク質-1)経路を標的とする治療が、メラノーマ(悪性黒色腫)患者に有効かどうかを単純な血液検査で判定する方法を発見したと、科学論文誌Natureで発表した。 続きを読む

  • ケンブリッジ大学が癌の診断治療への3D VR技術の応用を研究中

    ケンブリッジ大学が癌の診断治療への3D VR技術の応用を研究中

    テクノロジーが癌の治療に貢献、というお話は、いつ聞いても嬉しいけど、そこに仮想現実が登場するとは、ぼくも含め多くの人が思ってない。でも、今ケンブリッジ大学の研究者たちが100万ポンドの補助事業で研究に取り組んでいるのは、VRと3Dの視覚化を利用する診断と治療の技術だ。 続きを読む

  • $25Mを投じた2年間の研究で携帯電話が発する電磁波と雄のラットの発癌に正の相関が見つかる

    $25Mを投じた2年間の研究で携帯電話が発する電磁波と雄のラットの発癌に正の相関が見つかる

    【抄訳】 国による大規模な毒物研究事業National Toxicology Program(NTP)が、携帯電話などが発している電磁波への被曝とラットの発癌とのあいだに、わずかながら正の相関があることを発見した。ただしそれは、雄の個体のみだった。 ピアレビュー(同僚審査)を伴うこの2年間の研究は、何千匹ものラットに2年間毎日、一定量の電磁波を照射した。電磁波をまったく当てないコントロールグループも、同期間養育した。被曝したラットの2ないし3%が脳に神経膠腫を生じ、1ないし6%が心臓に神経鞘腫を発現した。 続きを読む

  • CTやレントゲン画像からの症状検出を人間医師/技術者より正確に行う機械学習ソフトウェアBehold.ai

    CTやレントゲン画像からの症状検出を人間医師/技術者より正確に行う機械学習ソフトウェアBehold.ai

    Jeet Rautのお母さんは、乳がんの完治を告げられた。でも、それは誤診で、再び治療が必要になった。 今では良くなっているけど、その誤診で彼女の命が奪われたこともありえる。そこでRaut は、体の中の、医療を要する異状を見つけるための、もっと良い方法を作ろう、と思い立った。 彼と、協同ファウンダーのPeter Wakahiu Njengaが作ったBehold.aiは、がんの早期発見を助け、診断における人的エラーを最小化する。 続きを読む

  • バイデン副大統領、国のがん撲滅イニシャティブの革新を求めてシリコンバレーを訪問

    バイデン副大統領、国のがん撲滅イニシャティブの革新を求めてシリコンバレーを訪問

    バイデン副大統領は今日(米国時間2/27)午前、サンフランシスコ大学のジェネテックホールで、がんのない未来への取り組みについてIT業界の人々と語る円卓会議に参加した。 続きを読む

  • Google[x]、ナノ粒子を飲んでガン細胞を早期発見する画期的検査方法を開発中

    Google[x]、ナノ粒子を飲んでガン細胞を早期発見する画期的検査方法を開発中

    近い将来、カプセルを飲むだけでガン細胞を発見することができるようになるらしい。Wall Street JournalのDigitalカンファレンスで、Googleのライフサイエンスの責任者、Andrew ConradはGoogleの秘密研究所、Google[x] がナノテクノロジーとウェアラブルデバイスを結合した疾病検査テクノロジーを開発中であることを発表した。 「われわれは受け身の検査から能動的な検査への転換を図ろうとしており、そのためのツールを開発中だ」とConradは説明した。このナノテクノロジーによる医学的検査はGoogle[x]のライ… 続きを読む

  • YC育ちのBikanta…ダイヤモンドの粉塵が微小段階の癌を正確に見つける

    YC育ちのBikanta…ダイヤモンドの粉塵が微小段階の癌を正確に見つける

    【抄訳】 Y Combinatorが支援するバイオテク企業Bikantaは、小さな蛍光性のダイヤモンドを体内に入れることによって、がんをその発生箇所で退治することを目指す。オックスフォード大学で生物医学工学の博士号を取ったドクターAmbika Bumbが創始したこのスタートアップは、ナノサイズのダイヤモンドを使って、がんのうんと初期の時点で分子レベルの異状を見つけ、その拡大を抑止する。 続きを読む