canonical

  • Canonicalはまず外部資金の調達を初体験してから将来のIPOに備えたいという

    Canonicalはまず外部資金の調達を初体験してから将来のIPOに備えたいという

    【抄訳】 Mark Shuttleworthが自分の投資でCanonicalとそのUbuntuプロジェクトを創業してから14年になる。当時はもっぱらLinuxのディストリビューションだったが、今では同社はエンタープライズサービスの大手としてさまざまなプロダクトやサービス提供している。これまではShuttleworth自身がプロジェクトに資金を提供し、外部からの資金には関心を示さなかった。しかし今、それが変わろうとしている。 続きを読む

  • Ubuntuで自分のビジョンを追究したいCanonicalのMark Shuttleworthは買収よりIPOに関心あり

    Ubuntuで自分のビジョンを追究したいCanonicalのMark Shuttleworthは買収よりIPOに関心あり

    IBMがRed Hatを340億ドルで買収する計画を発表して以来、Red Hatと競合するSuseやCanonicalの今後の行方を云々する声が賑やかになってきた。しかしCanonicalのファウンダーMark Shuttleworthには、同社を売ることへの関心はまったくないようだ。少なくとも、今のところは。 続きを読む

  • UbuntuのCanonicalがスマートフォンから撤退、デスクトップはUnityからGNOMEに戻る

    UbuntuのCanonicalがスマートフォンから撤退、デスクトップはUnityからGNOMEに戻る

    人気の高いLinuxディストリビューションUbuntuを作っているCanonicalは、スマートフォンやタブレットでモバイルの世界に進出したい、という願いを持っていた。今やUbuntuで動くスマートフォンを買うのは(少なくともアメリカでは)容易ではないが、しかしここ数年、さまざまな機種が出たり消えたりを繰り返した。そしてCanonicalのファウンダーMark Shuttleworthの今日(米国時間4/5)の発表によれば、同社はスマートフォン事業への投資を終了する。 続きを読む

  • CanonicalとPivotalのパートナーシップでUbuntu LinuxがCloud Foundryの推奨オペレーティングシステムになる

    CanonicalとPivotalのパートナーシップでUbuntu LinuxがCloud Foundryの推奨オペレーティングシステムになる

    オープンソースのクラウド開発プラットホームCloud Foundryを開発しているPivotalと、人気の高いLinuxディストリビューションUbuntuを作っているCanonicalが今日(米国時間7/6)発表したパートナーシップにより、UbuntuがCloud Foundryの推奨オペレーティングシステムになる。 続きを読む

  • Linuxの新しいパッケージフォーマット、Ubuntu生まれのSnapsは、小アプリケーション群のためのコンテナのようだ

    Linuxの新しいパッケージフォーマット、Ubuntu生まれのSnapsは、小アプリケーション群のためのコンテナのようだ

    Dockerのコンテナでアプリケーションを分散化する技術は、Linuxの世界の分裂をやや縫合することに役立っている。そして今度は、互いに会話/対話する、あるいは一緒にアップデートされる、複数の小さなアプリケーションのための新しいパッケージフォーマットが、同様の効果を期待している。それはUbuntuにアプリケーションをインストールするために、今年初めにCanonicalが導入した、Snapsと呼ばれるパッケージングフォーマットで、今では複数のLinuxディストリビューションが、デスクトップやサーバー、クラウド、それに各種デバイスといった… 続きを読む

  • DJIとCanonicalがパートナーしてUbuntu Linuxが動くドローン搭載専用コンピュータを発表

    DJIとCanonicalがパートナーしてUbuntu Linuxが動くドローン搭載専用コンピュータを発表

    ドローンのメーカーとして世界最大といわれる中国のDJIと、Linuxの人気ディストリビューションUbuntu Linuxを作っている Canonicalが共同で、ドローンに搭載されることだけをねらったコンピュータManifoldを発表した(上図)。 今のところ対象機はDJIのMatrice 100だけなので、Phantomのドローンなどでは使えない。この3300ドルのMatrice 100はDJIの空飛ぶデベロッパプラットホームという位置づけの機種で、Manifoldのようなハードウェアや各種のセンサなどを装着できる。 続きを読む

  • IBM、Canonicalと提携してUbuntu Linuxの動作するメインフレームを提供

    IBM、Canonicalと提携してUbuntu Linuxの動作するメインフレームを提供

    「Linux」と「メインフレーム」を「相反するもの」と捉えている人も多いのではなかろうか。しかしこの15年、IBMはメインフレームにLinuxの要素を取り入れてきているのだ。そしてついにIBMとCanonicalは、メインフレーム上でUbuntsu Linuxを動かすことにした旨のアナウンスを行った。このプロダクトはLinuxOneと命名されている。 続きを読む

  • Linux Ubuntu OSを搭載したスマートフォンがこれまでのヨーロッパ限定から全世界発売へ

    Linux Ubuntu OSを搭載したスマートフォンがこれまでのヨーロッパ限定から全世界発売へ

    Linuxの人気ディストリビューションUbuntuを提供しているCanonicalは、モバイル市場に遅れて参入し、Linuxスマートフォンには“潜在需要”があると主張して、OEMパートナーBQを味方につけた。その、最初はヨーロッパだけで発売されたハンドセットが、今日からは世界中どこからでも買えるようになる。 Ubuntu OSを搭載したスマートフォンは2月にヨーロッパでローンチし、6月には二つ目の機種が、やはりヨーロッパ限定で発売された。 続きを読む

  • BQとCanonicalが第二のUbuntuフォーンをローンチ…ニッチ市場が定着か

    BQとCanonicalが第二のUbuntuフォーンをローンチ…ニッチ市場が定着か

    LinuxディストリビューションUbuntuを提供しているCanonicalが今日(米国時間6/2)、スペインのメーカーBQとのパートナーシップにより、第二のUbuntuフォーンをローンチする、と発表した。そのBQ Aquaris E5 HDの基本仕様は、今のAndroidハイエンド機と肩を並べるものではないが、同じBQによる最初のUbuntuフォーンよりは、やや仕様がアップしている。 続きを読む

  • CanonicalがCephやOpenStack Swiftと組んでソフトウェア定義ストレージAdvantage Storageをローンチ

    CanonicalがCephやOpenStack Swiftと組んでソフトウェア定義ストレージAdvantage Storageをローンチ

    Canonicalは今でもLinuxのディストリビューションUbuntuで有名だが、しかし最近の同社は、OpenStackを中心とする企業向け有料サービスで稼ごうとしている。カナダのバンクーバーで行われたOpenStack Summitで、CanonicalのファウンダMark Shuttleworthが、同社の最新のプロダクトUbuntu Advantage Storageを披露した。 Canonicalはこのサービスを、”ソフトウェア定義のストレージサポートサービス”と呼ぶ。企業が自分用のストレージサービスをコモディ… 続きを読む

  • Ubuntuが今度は200ドル以下の中級機スマートフォンをヨーロッパで発売

    Ubuntuが今度は200ドル以下の中級機スマートフォンをヨーロッパで発売

    スマートフォン市場に再挑戦したUbuntu LinuxのCanonicalが、Ubuntuベースのスマートフォンを“数日後に”発売すると発表した。アンロック機でお値段は€169.90(~$190)だが、一部のキャリアが売るSIMバンドル版もある。同機はスペインのBQのAndroid中級機Aquaris E4.5のUbuntuバージョンとして、’Aquaris E4.5 Ubuntu Edition’という名前で売られる。 続きを読む

  • Ubuntuスマートフォンがbq(スペイン)とMeizu(中国)から年内発売へ

    Ubuntuスマートフォンがbq(スペイン)とMeizu(中国)から年内発売へ

    UbuntuのCanonical社が、Ubuntu Linuxを載せたスマートフォンをついに発売する。昨年、Ubuntu Edgeと名づけた派手なクラウドファンディングキャンペーンに失敗したにもかかわらず。そのスマートフォンを今年おそくに発売する計画の詳細がTheNextWebに載っているが、それによると発売元は同社のハードウェアパートナー、スペインのbqと中国のMeizuになるようだ。 続きを読む

  • ‘収束コンピューティングデバイス’を目指すUbuntuスマートフォンが$32Mの資金を一般募集

    ‘収束コンピューティングデバイス’を目指すUbuntuスマートフォンが$32Mの資金を一般募集

    Canonicalは前から、モバイルOS Ubuntu Mobileでもって、全世界的に急伸するモバイル~スマートフォン市場の分け前をねらっていた。そのCanonicalが今度は、クラウドファンディングサイトIndiegogoで、初の自社ブランドモバイルハードウェアUbuntu Edgeのために資金を募集している。Edgeはスマートフォンを超えるスマートフォンを自称し、デスクトップコンピューティングの領域もカバーしてしまおう、というコンセプトの製品だ。 続きを読む

  • フリーソフトウェアのリーダーRichard Stallman曰く: Amazonの検索を統合したUbuntuはスパイウェアだ

    フリーソフトウェアのリーダーRichard Stallman曰く: Amazonの検索を統合したUbuntuはスパイウェアだ

    フリーソフトウェアのリーダーRichard Stallmanが、Amazonの検索をUnityインタフェイスの“dash”ユーティリティに取り入れたUbuntuを、そんなことをすればUbuntuがスパイウェアになってしまうと非難した。彼はデベロッパたちに、このLinuxディストリビューションをボイコットするよう、呼びかけている。 Stallmanの主張は、“Amazonの検索結果は明らかに一種の広告であり、であるからには当然、個人情報を収集するであろう。Ubuntuを提供しているCanonicalのサー… 続きを読む

  • Dellは4つの足で全社オープンソース化へ向かう

    Dellは4つの足で全社オープンソース化へ向かう

    Dellはオープンソース企業になりつつあるのか? 答はイエスだが、でも同社は、それを計画していたわけではない。ほとんどのオープンソースプロジェクトがそうだが、Dellの場合も徐々にそうなっていったのだ。しかし多くの点で、同社のオープンソースへの移行は意図的でもある。Dellはこれから先、単なる箱屋ではありたくない。代わりの方向性としては、オープンソースがいちばん望ましい。オープンソースへと舵を切れば、既存のパートナーやデベロッパたちのエコシステムを有利に利用できるのだ。 その移行を示す4つの例がある。それらがなぜ、Dellの未来への鍵を握… 続きを読む

  • デスクトップからWebアプリを簡便に操作できるUbuntu Web Apps–車や携帯でも欲しいね

    デスクトップからWebアプリを簡便に操作できるUbuntu Web Apps–車や携帯でも欲しいね

    ぼくの場合は、ブラウザのタブは3つか4つぐらいしか開いていない日が多い。GmailとTwitterとGoogle Readerと、それらのどれかにあったリンク、これで4つだ。でもぼくが知ってる人たちの中には、いつも2ダースかそれ以上のタブを開いている人も何人かいる。しかも一日中。毎日。彼らはどのタブがGmailだったか見つけるのに苦労し、やっと見つけたのにメールは来てない、というかったるい生活に慣れている。彼らは、Last.fmのストリームをポーズするだけのために、途方もない数のクリックをしなければならない。Webアプリの氾濫によって、… 続きを読む

  • Ubuntu LinuxのCanonicalがハイブリッド機Ubuntu for Androidを発表

    Ubuntu LinuxのCanonicalがハイブリッド機Ubuntu for Androidを発表

    Canonicalが今年の初めに披露したUbuntu TVは、同社が発表した一連の”Ubuntu on devices”の最初のものだった。そしてその次のデバイスは、来週のMobile World Congress 2012で発表される。それはAndroidで動くスマートフォンだが、ただし、ふつうの人のふつうの理解力を超えた製品だ。 それはAndroidの上で動くUbuntuアプリでもなく、あるいは逆にUbuntuの上でAndroidエミュレータが動くというものでもない。そのUbuntu for Androidと呼ばれる製品は、… 続きを読む

  • Ubuntu 12.04のヘッドアップディスプレイはメニュー方式のGUIに別れを告げる?

    Ubuntu 12.04のヘッドアップディスプレイはメニュー方式のGUIに別れを告げる?

    Ubuntuとその新しいインタフェイスであるUnityについて記事を書くと必ず、ネガティブなコメントが殺到する。使えない、大嫌い、コンピュータ史上最悪の製品だ、などなど。ぼくはそれらを見て、それほどがっくりもしないが、Ubuntu Linuxを提供しているCanonicalにとって、Unityの採用は一つの試練になってしまった。とくに不評なのは、アプリケーションのメニューを画面上部のグローバルなバーに置いたことだ。また多くのパワーユーザたちは、Unityはマウスに依存しすぎだと批判した。そこで、Ubuntuの“ユーザ説得係&… 続きを読む

  • Linux: Canonical(Ubuntu)とRed HatもSecure Bootを採用か

    Linux: Canonical(Ubuntu)とRed HatもSecure Bootを採用か

    最近、Secure Bootというものが話題になっている。それは、ハードウェアがオペレーティングシステムの立ち上げ過程を検証することによって、マルウェアを防ぎコンピュータのセキュリティを向上させる、という仕組みだ。UEFIの規格(日本語記事)の一部であるSecure Bootは、多くのユーザにとっておなじみの老いたるBIOSに置き換わることにより、無署名のオペレーティングシステムのロードと実行を禁ずる。Microsoftは、OEMが”Designed for Windows 8″のロゴを使いたい場合にはSecure Bo… 続きを読む