Canoo(企業)

米国ロサンゼルスに拠点を置く電気自動車のスタートアップ。サブスクリプションとして車両を提供。B2B向けの車両も提供することを目指している。

  • EVスタートアップCanooがオクラホマの工場で量産準備を進める

    EVスタートアップCanooがオクラホマの工場で量産準備を進める

    EV(電気自動車)スタートアップのCanooは、数百名の従業員を雇用し、生産開始に向けての準備を進めているが、バッテリーサプライヤーの決定などの重要なマイルストーンが残っていることが、第2四半期の業績報告書で明らかになった。 続きを読む

  • 電気自動車のCanooがオクラホマに工場を建設、2023年から生産開始

    電気自動車のCanooがオクラホマに工場を建設、2023年から生産開始

    工場はオクラホマ州のタルサから約45分のプライアーにあるミッドアメリカ工業団地内の400エーカー(約1.62平方キロメートル)の敷地に建設される。Canooが「メガマイクロファクトリー」と表現する工場は塗装、修理、総組立のプラントを擁し、2023年の開所が予定されている。周辺には多くの製造・ロジスティック企業が立地している、とアクイラ氏は述べた。 続きを読む

  • EVサブスクリプションのCanooを米証券取引委員会が捜査中

    EVサブスクリプションのCanooを米証券取引委員会が捜査中

    ロサンゼルス拠点の電気自動車スタートアップで、2021年NASDAQで株式市場にデビューしたCanooが、現在米国証券取引委員会(SEC)の捜査を受けている。特別買収目的会社のHennessy Capital Acquisition Corp.との合併からわずか数カ月後のことだ。 続きを読む

  • Canooの2022年発売電動マイクロバス基本価格は380万円以下、4バージョン用意

    Canooの2022年発売電動マイクロバス基本価格は380万円以下、4バージョン用意

    ロサンゼルス拠点の電気自動車スタートアップCanooは2022年に同社初のEVを発売する。同社は米国時間5月17日、電動のマイクロバス / バンは税優遇措置とアドオンを含まない基本価格3万4750ドル(約379万円)で販売される、と明らかにした。 続きを読む

  • Canooが仕事や遊びに使える新電動ピックアップトラックを発表

    Canooが仕事や遊びに使える新電動ピックアップトラックを発表

    ロサンゼルス拠点のスタートアップCanooは最新、そして3つめのモデルとなる電動ピックアップトラックを発表した。似たようなトラックや従来のディーゼルピックアップにあるシャープなコーナーや大きなエンジンハウジングをなくし、商用顧客や週末に冒険を楽しむ消費者のための電動車両だ。 続きを読む

  • 2022年発売のCanooの電動車両第2弾はラストマイル配達向け

    2022年発売のCanooの電動車両第2弾はラストマイル配達向け

    12月下旬にNasdaq(ナスダック)上場を予定しているロサンゼルスを拠点とする電気自動車スタートアップCanoo(カヌー)は12月17日、全電動の多目的配達車両を発表した。 続きを読む

  • 電気自動車スタートアップのCanooが特別目的買収会社経由で株式公開へ

    電気自動車スタートアップのCanooが特別目的買収会社経由で株式公開へ

    米国ロサンゼルスに拠点を置く電気自動車の新興企業であるCanooは、SPAC(特別目的買収会社)であるHennessy Capital Acquisitionとの合併契約を締結し、時価評価額は24億ドル(約2530億円)となった。 続きを読む

  • 現代自動車とEVスタートアップのCanooがプラットフォームを共同開発

    現代自動車とEVスタートアップのCanooがプラットフォームを共同開発

    現代自動車グループは、ロサンゼルス拠点のスタートアップCanoo(カヌー)と共同で電気自動車プラットフォームを開発すると明らかにした。現代自動車は電動化や他の未来のテクノロジー開発プロジェクトに870億ドル(約9兆5800億円)投資するが、その中でCanooは現代自動車がタッグを組む最新のパートナーとなる。 続きを読む

  • ついにベールを脱いだCanooのロフト風電気自動車

    ついにベールを脱いだCanooのロフト風電気自動車

    ロサンゼルスに本社を置くスタートアップCanoo(カヌー)が、ついに初のモデルを発表した。その名も社名と同じCanoo。デザイナーたちは、他の電気自動車メーカーが好むスタイルとは激しく異なる方向性でスタートした。 続きを読む