カーネギーメロン大学(組織)

CMU。カーネギーメロン大学に関連する記事一覧

  • より安価な義手を求めて

    より安価な義手を求めて

    Alt-Bionicsは、2019年の終わりにテキサス大学サンアントニオ校(UTSA)の技術シンポジウムに出場したまったく新しいスタートアップ企業で、波紋を呼んだ。同社は3BMの赤外線塗装硬化システムに次いで2位に終わったが、有望な技術とすばらしいストーリーを武器に国内外の話題をさらった。 続きを読む

  • 即興で難易度の高い地形にも対応する「転ばないロボット」を研究者たちが開発

    即興で難易度の高い地形にも対応する「転ばないロボット」を研究者たちが開発

    Facebook AI、カリフォルニア大学バークレー校、カーネギーメロン大学の研究チームは、この新しい動作モデルを「Rapid Motor Adaptation(迅速運動適応)」と呼んでいる。これは、人間や他の動物が、さまざまな状況に合わせて、すばやく、効果的に、無意識のうちに歩き方を変えられることに由来している。 続きを読む

  • カメラではなくレーダーを使ったプライバシーが保護されたアクティビティ追跡の可能性をカーネギーメロン大学の研究者らが提示

    カメラではなくレーダーを使ったプライバシーが保護されたアクティビティ追跡の可能性をカーネギーメロン大学の研究者らが提示

    あなたが食事をしているのをそのスピーカーが認識し、雰囲気にあった音楽を流してくれるほど賢かったらどうだろう?そしてこうしたアクティビティの追跡を、インターネットに接続されたカメラを家の中に設置することなくできたら、と想像してみよう。カーネギーメロン大学のフューチャーインターフェースグループの研究で、これらのことが実現できる可能性が浮上している。 続きを読む

  • カーネギーメロン大学のヘビ型ロボが泳ぎをマスター

    カーネギーメロン大学のヘビ型ロボが泳ぎをマスター

    カーネギーメロン大学(CMU)のロボット工学研究室では、ヘビ型ロボットがすっかり名物のようになっている。筆者が同校を訪れる度に、この生体模倣ロボットは新しいスキルを習得しているようだ。そして今週、その技に水泳が加わったことが、同校から発表された。 続きを読む

  • 小さな銀粉がソフトロボティクスの伝導性を向上させるとカーネギーメロン大学

    小さな銀粉がソフトロボティクスの伝導性を向上させるとカーネギーメロン大学

    柔らかい素材で作られたロボットは硬い素材のロボットに比べて、柔軟性や耐久性に優れているが、電気的な接続性に問題がある場合が多い。そして多くの場合、水や空気で満たされたブラダーが動きを助けるために使用される。カーネギーメロン大学の新しい研究によると、ハイドロゲルのような柔らかい素材ではその即応性を損なうことなく、導電率を高めることができるという。 続きを読む

  • カーネギーメロン大のロボット探査車MoonRangerが2022年に月面の水氷探索に初挑戦、拠点設置に備える

    カーネギーメロン大のロボット探査車MoonRangerが2022年に月面の水氷探索に初挑戦、拠点設置に備える

    カーネギーメロン大学とスピンオフ宇宙スタートアップのAstroboticは、月面の水を探すためのロボット探査車を開発している。この小さなロボットは、重要な予備設計のレビューに合格し、2022年に行われるその着任ミッションに一歩近づいている。 続きを読む

  • 音を使ってロボットの知覚を改善するカーネギーメロン大学の研究

    音を使ってロボットの知覚を改善するカーネギーメロン大学の研究

    ロボットは主に、視覚と触覚という2つの基本的な感覚に依存している。しかしその触覚さえも、先行する視覚のスピードに追いつくにはまだまだ長い時間がかかるだろう。現在、カーネギーメロン大学(CMU)の研究者たちが、機械が周囲の世界に対する知覚を高める手助けになる潜在的な追加感覚として、聴覚に注目している。 続きを読む

  • マップがなくてもロボットが物体を認識し自らをナビする研究をカーネギーメロン大学が披露

    マップがなくてもロボットが物体を認識し自らをナビする研究をカーネギーメロン大学が披露

    カーネギーメロン大学(CMU)が、ロボットの移動やナビゲーションに関する新しい研究を披露した。同大学はFacebook AI Research(FAIR)の協力により、ロボットが見慣れた物体を認識しながら動いていくセマンティックナビゲーションを設計した。 続きを読む

  • ロボットに透明な物体をつかませる方法をカーネギーメロン大学が開発

    ロボットに透明な物体をつかませる方法をカーネギーメロン大学が開発

    ロボットにとって、透明の物体をつかむのは難しい作業だ。これまでのカメラやセンサーの多くは、つかむ場所を指示するための情報を十分に得ることができなかった。 続きを読む

  • 切られても自らつながる、ターミネーターT-1000のような素材をカーネギーメロン大学と東京大学の科学者が開発

    切られても自らつながる、ターミネーターT-1000のような素材をカーネギーメロン大学と東京大学の科学者が開発

    カーネギーメロン大学と東京大学の科学者は、トカゲのシッポやヒトデの腕からヒントを得て開発した、自己修復能力を持つ新たな複合材料のデモを公開している。この素材は、MWCNTs-PBSと呼ばれるもので、2つに切断したあと、くっつけるようにすると、自ら接合し始める。やがてつなぎ目も消えてしまう。ただし、元に戻るには6時間ほどかかる。 続きを読む