cars

  • シボレーの小型EVは電池セルの化学物質変更で走行距離400km超え

    シボレーの小型EVは電池セルの化学物質変更で走行距離400km超え

    EPAの検査によると、2020年型全電動ハッチバックChevy Bolt EV(シェビー・ボルトEV)の走行距離は417kmとなり、前年より9%アップした。 続きを読む

  • テスラの車内ゲームセンター「テスラアーケード」にチェスがやってきた

    テスラの車内ゲームセンター「テスラアーケード」にチェスがやってきた

    同社は6月のゲームカンファレンスE3で、車載インフォテインメントシステム用の「アーケード」(ゲームセンター)アプリを発表し、そして今度はそこに、世界でもっともスリリングなゲームであるチェスを加える。 続きを読む

  • アップルはテスラから今度は車の内装の専門家をスカウト

    アップルはテスラから今度は車の内装の専門家をスカウト

    テスラ(Tesla)の技術系高級役員がまた一人、アップル(Apple)に移籍した。Teslaのエンジニアリング部門の副社長だったSteve MacManus(スティーブ・マクマナス)氏は、今ではAppleのシニアディレクターだ。 続きを読む

  • BMWの次世代電動コンセプトカーには特製のサウンドトラックがついている

    BMWの次世代電動コンセプトカーには特製のサウンドトラックがついている

    電動車は無音だ。それらは、内燃機関を載せた車のような音を出す必要がない。このコンセプトカーも、それは同じだ。でも今回わざわざ作ったサウンドは、無音の電動車の楽しいおまけ機能として、ドライバーが有効/無効に設定できる。 続きを読む

  • 自動運転車にアップグレードできない化石燃料車の購入は経済的狂気とイーロン・マスク

    自動運転車にアップグレードできない化石燃料車の購入は経済的狂気とイーロン・マスク

    いまどき、今後自動運転車に換えることのできない従来的な化石燃料車を買うことは、馬に載って折りたたみ式携帯電話を使ってる」ようなものだ。 続きを読む

  • テスラは販売をネットに限定し販売店をすべて閉鎖

    テスラは販売をネットに限定し販売店をすべて閉鎖

    Teslaはすべての販売をオンラインで行い、一部のレイオフが生ずる。すべては、Model 3の原価、ひいては販売価格を下げるための方策だ。 続きを読む

  • ルノー・日産・三菱連合がGoogleとパートナーして車載システムをAndroidベースに

    ルノー・日産・三菱連合がGoogleとパートナーして車載システムをAndroidベースに

    Googleが、車の売上ベースでは世界最大の自動車メーカー連合であるRenault-Nissan-Mitsubishiとパートナーして、Androidベースのインフォテインメントシステムを数百万台の自動車に搭載していく。彼らはWall Street Journalにそう語った。その次世代型インフォテインメントシステムとダッシュボードディスプレイはAndroidを使用し、2021年にローンチする。 続きを読む

  • Teslaの最新製品はスマホ充電用のモバイルバッテリーパック

    Teslaの最新製品はスマホ充電用のモバイルバッテリーパック

    一週間のうちに新型全自動トレーラートラックと史上最速の量産車を発表するだけではTeslaには物足りなかったようだ。同社は密かに第3の「製品」を発表した。しかも買うために2年間待つ必要はない!それはスマートフォンなどを充電するための モバイルバッテリーパックだ。 続きを読む

  • 新築のワールド・トレード・センターのモールにFordが交通の未来をテーマに展示スペースをオープン

    Fordが、新しいワールド・トレード・センターのショッピング・モール、Westfield World Trade Centerに、FordHubと呼ばれる区画をオープンした。でもそこでは、車を一台も買えない。 その代わりこの区画には、ニューヨークの観光名所へ行くためのいろんな方法(自転車、地下鉄、ほか)を紹介する巨大なスクリーンや、交通渋滞の発生原因を説明する簡単な力学モデル、未来の交通を表すいくつかのコンセプトの展示などがある。なんと、未来には、道路が自分で自分を修復するのだ。 続きを読む

  • 車のセキュリティを守るデバイスErnestがKickstarterでキャンペーンを開始、共有経済の時代における権利保護とは?

    車のセキュリティを守るデバイスErnestがKickstarterでキャンペーンを開始、共有経済の時代における権利保護とは?

    Ernestは、説明が難しい。それはデバイスだけど、2台のデバイスで、アプリでもあるし、そしてファウンダーのArturs Pumpursによると、それは一種の仮想執事だ。ユーザーの車の安全を確保し、運転者に現在位置を教え、自動ドア方式のガレージのある人にはドアの開閉をする。これのKickstarterキャンペーンは、10月28日から12月7日までだ。 続きを読む

  • 渋滞時に誰もが夢見た「あの乗り物」、中国が本気で現実化

    渋滞時に誰もが夢見た「あの乗り物」、中国が本気で現実化

    Facebookなどのソーシャルメディア上でいろいろなビデオを眺める習慣のある人ならば、きっと「車の上を超えていく乗り物」のコンセプトビデオを見たことがあると思う。ビデオは中国が制作したもので、乗り物は電車とバスのハイブリッドのような感じだ。 続きを読む

  • 見よ、この驚きの「透明自動車」を

    IEEE Spectrumは、日本の研究者が製作した驚きの「透明」自動車のビデオを掲載した。この車はプロジェクター、カメラ、および特殊な鏡を使用して、車の外を車の中に投影する。その映像によって、車の周囲で何が起きているかを車内から見ることができる ― 自分の後方や死角にあたる場所であっても。 続きを読む

  • モバイル・ファースト世代が購入を考える車とは?!

    モバイル・ファースト世代が購入を考える車とは?!

    車を買おうかと思っている。近場の移動に手軽に使えて、暖かい季節になったらコテージに出かけるのにも使いたい。荷物はたくさん積める方がいい。重視するのはサイズ、燃費、馬力、積載量、そしてFWDないしAWDであることといった具合だ。 ただ、本当のところを言えば、これらいずれについても「大してこだわっていない」。移動手段として利用できれば何でも良いのだ。但し、車内で利用するエンターテインメントシステムにはこだわっている。とくに、ふだん利用しているモバイルデバイスとの連動性を重視したいと考えている。 続きを読む

  • ネバダ州が自動運転車に関する州法を制定–ナンバープレートは赤であること

    ネバダ州が自動運転車に関する州法を制定–ナンバープレートは赤であること

    自動車に関する法律では、カリフォルニア州は体重800ポンドのゴリラといったところだが、自動運転車に関してはお隣のネバダ州が先行するようだ。同州はいくつかの規制を盛り込んだ州法を制定し、その種の乗り物を製品化しようとしている企業に、州を合法的な実験場として売り込みたいらしい。その徴候は昨年の夏からあり、そのとき州はまず、人間運転手のいない車を合法化したのだ。そして今回は、さらに詳細な法制化を。 もちろん、先立つものはお金だ。ロボカーを同州でテストしたい者は、そのプロジェクトの性質に応じて100万から300万ドルの州債を買う。また、将来、科… 続きを読む

  • カーシェアリングサービスを提供するRelayRides、GMと組んでより効率的なサービスを提供へ

    カーシェアリングサービスを提供するRelayRides、GMと組んでより効率的なサービスを提供へ

    ゼネラルモーターズ(GM)は、カーシェアリング(車の共有)サービスを手がけるRelayRidesという新興ベンチャーと提携していくこととなった。RelayRidesは、GM車オーナーに対して使っていない車をOnStarサービスおよび携帯電話を利用してレンタルできるサービスを提供するものだ。この提携プログラムはまず2012年にカリフォルニアでスタートし、それから他の地域への展開が予定されている。 続きを読む