細胞培養(用語)

細胞培養に関連する記事一覧

  • Eat Justが世界初の認証を取得しシンガポールで培養肉の販売を開始

    Eat Justが世界初の認証を取得しシンガポールで培養肉の販売を開始

    Eat Justは、シンガポール食品庁(SFA)の認証を取得し、研究室で培養した鶏肉の販売をシンガポールで開始する。この細胞培養で作られた鶏肉は、いずれはEat JustのGood Meatという新しいブランドの下、地元の製造業者とのパートナーシップにより生産されるようになり、一般消費者向けの前にまずはレストラン向けに出荷される。 続きを読む

  • エビ・甲殻類の細胞培養肉開発スタートアップShiok Meatsに東洋製罐グループが出資

    エビ・甲殻類の細胞培養肉開発スタートアップShiok Meatsに東洋製罐グループが出資

    総合包装容器メーカーの東洋製罐グループは10月8日、において、エビ・甲殻類の細胞培養開発に取り組むシンガポールのスタートアップ企業Shiok Meats(シオック・ミーツ)に出資したと発表した。 続きを読む

  • Wildtypeが寿司で食べられる細胞培養サーモンの限定予約受付を開始

    Wildtypeが寿司で食べられる細胞培養サーモンの限定予約受付を開始

    培養サーモンのスタートアップであるWildtypeは、選ばれたシェフに対して予約注文の受付を始めた。商品化されるのはまだ5年も先の話だが、生食可能な寿司グレードのサーモンをメニューに加えたいと考える世界の選りすぐりのシェフをパートナーにしたいと考えている。 続きを読む

  • 培養肉の最大の問題点に立ち向かうカナダ拠点のFuture Fields、培養を促す安価で人道的な材料を発見

    培養肉の最大の問題点に立ち向かうカナダ拠点のFuture Fields、培養を促す安価で人道的な材料を発見

    細胞農業が抱える最大の問題の解決策、つまり培養肉の培養を促す、安価で人道的な材料の開発に有望な方法が生まれたのは、カナダはアルバータ州にあるドーナッツチェーン、ティムホートンズの店内での会話からだった。 続きを読む

  • 細胞培養で作られた研究室育ちの豚バラとベーコンをHigher Steaksが初公開

    細胞培養で作られた研究室育ちの豚バラとベーコンをHigher Steaksが初公開

    細胞培養肉ビジネスにおいて、何が商品化の号令となるかという問いに、新興培養肉企業であるHigher Steakesは、最初の製品のサンプルをなんとか作り上げることだと答える。同社の場合それは、研究室で細胞を培養して作られたベーコンのスライスと豚バラ肉だ。 続きを読む

  • 食品の未来に取り組むKFC、ロシアの3Dプリント肉から米国の人工肉まで

    食品の未来に取り組むKFC、ロシアの3Dプリント肉から米国の人工肉まで

    KFC(ケンタッキーフライドチキン)は、食品の未来に関わる実験を果敢に進めている。 続きを読む

  • 動物を殺さずに肉の細胞を得る、培養肉生産技術開発のMeatableが10億円超を調達

    動物を殺さずに肉の細胞を得る、培養肉生産技術開発のMeatableが10億円超を調達

    動物に対して残酷でない培養肉製造技術を開発しているオランダのMeatable(ミータブル)が、世界の豚肉の供給量の4分の1を損なったと言われる豚インフルエンザの流行を契機に豚肉に専心することになり、このほどその新しい方向性を支えるために1000万ドル(約10億円8500万円)の資金を調達した。 続きを読む

  • 代替タンパク質の次なる大きな波は植物由来や細胞培養のシーフード

    代替タンパク質の次なる大きな波は植物由来や細胞培養のシーフード

    Impossible BurgerやBeyond Burgerといった植物由来の牛肉の代替品、またはImposter Burgerのような鶏肉の代替品が増えてきているものの、魚肉は遅れをとっている。だが潮目は変わろうとしている。植物由来の魚肉の代替品が大きく注目され始めているのだ。 続きを読む

  • 培養肉から発酵菌まで食品系CVCが夢中になるスタートアップ

    培養肉から発酵菌まで食品系CVCが夢中になるスタートアップ

    食通が夢に描くのは、健康的で、職人気質の農家やパン屋やシェフが提供する、加工食品ではない料理をみんなが味わえる世界だ。 続きを読む