CES

  • CESがセックステック企業の出展を1年限定の試行として認可

    CESがセックステック企業の出展を1年限定の試行として認可

    毎年開催される消費者向け電子製品の展示会CESの主催団体CTAが、遅まきながら時流に合わせようとしている。 続きを読む

  • CES 2019の主役はメンタルヘルスだった

    CES 2019の主役はメンタルヘルスだった

    先週ラスベガスのコンベンションセンターで行われたCESに数多くの新製品が登場したが、新たな主役となったのはメンタルヘルスだった。 続きを読む

  • 世界初の画面折りたたみ式スマートフォンがいよいよ現実になった

    世界初の画面折りたたみ式スマートフォンがいよいよ現実になった

    折りたたみ式スマートフォンの噂は何年も前からあったが、ついにそれが実現した。スマートフォンとしても使えるし、小型のタブレットとしても使えるから、どちらかに決めつけることはできない。 続きを読む

  • CES 2019:自動運転車からロボット犬が降りてくる――Continentalが新宅配システムを発表

    CES 2019:自動運転車からロボット犬が降りてくる――Continentalが新宅配システムを発表

    CES 2019のスタートを明日に控えて、タイヤ、自動車部品の大手、ContinentalはSF的な黒と黄色の自動車運転車とロボット犬を組み合わせた宅配システムを発表した。 続きを読む

  • イノベーションのためには携帯を捨てろ

    イノベーションのためには携帯を捨てろ

    われわれは今、過渡期を生きている。1980年代のはじめ頃には、デスクトップコンピュータの時代に入り、ドットコムの崩壊でクライマックスを迎えた。 続きを読む

  • 組み立てロボットキットのZiroはAlexaからもコマンドできる子ども向けロボティクス入門機

    組み立てロボットキットのZiroはAlexaからもコマンドできる子ども向けロボティクス入門機

    Ziro(ザイロ)は、子ども向けの、なかなか良くできてるプログラマブルなロボットで、昨年Indiegogoでクラウドファンディングに成功した。メーカーのZeroUIは、今でも新しい機能を加えつつある。 続きを読む

  • これはキーボードを弾きながらピッチベンドをかけられる指輪だ

    これはキーボードを弾きながらピッチベンドをかけられる指輪だ

    今週のCESでは面白いガジェットを山ほど見てきたが、今も心に残っているはこれだ。 これはMIDIキーボードを演奏するときにはめる指輪で、手を振ったり鍵盤の上で指を滑らせてビブラートや音の強さを変えることができる。こういうものはビデオで見るのが一番だろう。 続きを読む

  • Google、雨のためCESの屋外ブースを一時閉鎖。防水ではなかった!

    Google、雨のためCESの屋外ブースを一時閉鎖。防水ではなかった!

    われわれは今日(米国時間1/9)のCES開幕に先立ち、Googleのブースを内覧できるはずだった。しかし今ラスベガスは雨で、Googleの2階建て屋外CESブースは明らかに雨を想定していなかった。私の見立てではその防水IP等級は50前後だ。 続きを読む

  • Kuboは、子供たちにプログラミングを教えるロボット。Indiegogo募集中

    Kuboは、子供たちにプログラミングを教えるロボット。Indiegogo募集中

    今年のCESでは山ほどの新製品を見てきた。しかし、中でもわれわれの目を捕えたのはKubo、子供たちにプログラミングを教えるロボットだ。 続きを読む

  • 2017年ハードウェア・バトルフィールドの勝者は…Siren Care

    2017年ハードウェア・バトルフィールドの勝者は…Siren Care

    ハードウェア・バトルフィールド第4回の競争は非常に厳しかった。13組の驚くほど優れたハードウェア・スタートアップが、誰もが欲しがるメタルマン・トロフィーの獲得を目指して競いあった。 続きを読む

  • CESで開催した本誌のHardware Battlefield、妊娠中の陣痛管理など4社のファイナリストが決定

    CESで開催した本誌のHardware Battlefield、妊娠中の陣痛管理など4社のファイナリストが決定

    これまでの二日間、13社のスタートアップが本誌TechCrunch主催のHardware Battlefieldのステージに立った。そして今、本誌の編集部は専門家の審査員(すごーく専門家だ!)と共に熟考を重ね、優勝賞金5万ドルと、メタルマン(Metal Man)という愛称で呼ばれているトロフィー(上図)を争う4社のファイナリストを選んだ。 決勝のプレゼンテーションは明日(米国時間1/7)、太平洋時間午後2時から行われ、本誌へライブでストリーミングされる。そのときCESにいる人は、Sands Expoのエントリーホールに来れば実際のステージを見… 続きを読む

  • Withingsとロレアル、マイク内蔵のスマート・ヘアブラシを開発

    Withingsとロレアル、マイク内蔵のスマート・ヘアブラシを開発

    あらゆる物がCESに行き着いたとわかるのはどんな時か? スマート・ヘアブラシが出てくるようになれば、かなりその兆候は強い。これまでに発売された数多くのつながった歯ブラシと同じく、Kérastase Hair Coach Powered by Withingsは、アーリーアダプターを相手に、さらにつながりが深まっていくこの世界で、能なしの古い製品はもうついてこられないことを説得しようとしている。 続きを読む

  • HPの3Dスキャン機能のあるオールインワンPC SproutがSprout Proになって教育や企業ユースをねらう

    HPの3Dスキャン機能のあるオールインワンPC SproutがSprout Proになって教育や企業ユースをねらう

    ついにHP Sproutの時代がやってきたようだ。2014年の晩(おそ)くに発表された、この、3Dスキャンのできるオールインワン機は、一部の人の好奇心に訴えるだけで、とても本格的な商品とは思えなかった。でもそれからの二年間、VRやARデバイスの相次ぐ登場に押されて同社のハードウェア部門は、3Dの創作と消費に向けて本格的な普及推進活動を展開してきた。 続きを読む

  • インソールを作っているDigitsoleから本格的なネット接続型スニーカー、靴底の各部にかかる圧力をチェックする

    インソールを作っているDigitsoleから本格的なネット接続型スニーカー、靴底の各部にかかる圧力をチェックする

    Digitsoleといえば、誰もが知っているのがあの、インターネットに接続される加温式のインソールだ。今年のCESで同社は、靴用のインナーの専門家として、とても意欲的な製品を披露した。今回の製品はインナーではなくて、靴そのものだ。 名前は“The Active Cushioning Run Profiler”となっていて、とてもAir Jordanと張り合うつもりの製品ではなさそうだ。実物はまだ見てないが、最高にセクシーなスニーカー、というわけでもない。 続きを読む

  • LGの家庭用ロボット新製品Hub Robotは、自力で動きまわるAmazon Echoではないかな?

    LGの家庭用ロボット新製品Hub Robotは、自力で動きまわるAmazon Echoではないかな?

    LGとSamsungは、CESという大嵐の前の静けさをちゃっかり利用して、彼らの目新しい製品を次々と紹介してきた。この二人を比べると、奇抜な製品が多いという点ではLGの勝ちだ。本誌TechCrunchにもこれまで、空中浮遊するスピーカーや、首周りに着けるウェアラブルスピーカーなどが載った。 続きを読む

  • SamsungがAmazon Echoと互換性のあるロボット掃除機をCESに出品、Roombaのようなスマホからのコントロールも可能

    SamsungがAmazon Echoと互換性のあるロボット掃除機をCESに出品、Roombaのようなスマホからのコントロールも可能

    電池発火問題に象徴される厳しい一年を経験したSamsungは、来年を起死回生の年にしたいようだ。その意気込みが、1月にラスベガスで始まるCESの出品からも伺われる。今同社は、それらの一部を次々とメディアの目の前でちらつかせ、関心を煽ろうとしている。 それら、CES向け製品群の中でも、いちばん最近発表されたのが、音声コマンドでAmazon Echoと互換性を持つ掃除機ロボットだ。 続きを読む

  • SamsungはCESでC-Lab生まれのスタートアップ3社を‘展示’…子どもの電子玩具とスマートスキンケアだ

    SamsungはCESでC-Lab生まれのスタートアップ3社を‘展示’…子どもの電子玩具とスマートスキンケアだ

    Samsungの社内インキュベータC-Lab(Creative Lab)から驚天動地のアイデアが生まれることは滅多にないけど、いつもそれなりにおもしろい。昨年以来Creative Labは、Samsung内部のイノベーション推進部門としても位置づけられ、360度カメラのウェアラブルや、不運だけれども韻律の良いWeltという名前をもらったスマートベルトなど、いろんなものを作ってきた。 続きを読む

  • LGのCESの呼び物は空中を浮遊し自力で充電する360度スピーカーPJ9

    LGのCESの呼び物は空中を浮遊し自力で充電する360度スピーカーPJ9

    LGは今度のCESでそれほど意外な製品は見せないようだ。いくつかの出展製品がすでに発表されているが、スマートフォンやモニタが多い。 スマートフォンのすごい隠し玉を一つや二つ持ってるのかもしれないが、それはMobile World Congressでのお楽しみ、というつもりかもしれない。でも、一つだけ確実に言えることがある。同社は、空中浮揚するスピーカーをどうしてもCESで見せたいのだ。 続きを読む

  • 今年のCESではBitcoinのブースは空だった…一般消費者への普及はまだまだ遠い先

    今年のCESではBitcoinのブースは空だった…一般消費者への普及はまだまだ遠い先

    よく知られているbitcoin取引所Bitstampは、ハッカーの犯行により500万ドル相当の暗号通貨を失ったが、先週のCESにはいなかったことが、かえって目立つ。ブースはあったが、同社とは別の出版社が雑誌をほそぼそと展示しているでけで、ほかは、何もない。ブースを空にした同社の連中は、ホテルに缶詰になってサービスの再開に備えていたそうだ。それは、金曜日(米国時間1/9)のことだった。 続きを読む

  • 分解〜組み立てが一瞬でできる超小型コンピュータモジュールX7A

    CESのフロアを本誌のFrederic Lardinoisと一緒に40分ぐらい、掘り出し物を探してうろついていたら、小型のコンピュータモジュールを作っているXi3社のブースを見つけた。ここの製品を利用すると、完全なPCをどんなサイズや形にでも収められる。たとえばX7Aを見てみて! 続きを読む