CES

  • 今年のCESに登場しそうなもの

    今年のCESに登場しそうなもの

    CESは製品発表の機会以上のものであることは言うまでもない。その年のIT業界のトレンドが設定される場でもあるのだ。TechCrunchではスタッフ全員が現場に張り付いて、随時ニュースをお届けする予定だ。しかしその前に、このハードウェアにとって最も重要な週に何が期待できるのか、トレンドをまとめておこう。 続きを読む

  • 日本の抹茶とアメリカのミレニアル世代を繋ぐWorld Matcha

    日本の抹茶とアメリカのミレニアル世代を繋ぐWorld Matcha

    「僕はアメリカで抹茶の可能性を試したい。コーヒーの代わりとして次のエナジードリンクになる可能性が抹茶にはあるものの、現状ではまだカフェでしか飲まれていない状態だ」 続きを読む

  • BMWがようやくAndroid Autoを採用へ

    BMWがようやくAndroid Autoを採用へ

    BMWは米国時間12月11日、ようやく2020年7月から、Android Autoを同社の車に搭載することを発表した。これにより同社の車では、AppleのCarPlayと併せて利用できるようになる。BMWによるAndroid Autoの最初のライブデモは、来月のCES 2020で行われる予定。 続きを読む

  • CESがセックステック企業の出展を1年限定の試行として認可

    CESがセックステック企業の出展を1年限定の試行として認可

    毎年開催される消費者向け電子製品の展示会CESの主催団体CTAが、遅まきながら時流に合わせようとしている。 続きを読む

  • CES 2019の主役はメンタルヘルスだった

    CES 2019の主役はメンタルヘルスだった

    先週ラスベガスのコンベンションセンターで行われたCESに数多くの新製品が登場したが、新たな主役となったのはメンタルヘルスだった。 続きを読む

  • 世界初の画面折りたたみ式スマートフォンがいよいよ現実になった

    世界初の画面折りたたみ式スマートフォンがいよいよ現実になった

    折りたたみ式スマートフォンの噂は何年も前からあったが、ついにそれが実現した。スマートフォンとしても使えるし、小型のタブレットとしても使えるから、どちらかに決めつけることはできない。 続きを読む

  • CES 2019:自動運転車からロボット犬が降りてくる――Continentalが新宅配システムを発表

    CES 2019:自動運転車からロボット犬が降りてくる――Continentalが新宅配システムを発表

    CES 2019のスタートを明日に控えて、タイヤ、自動車部品の大手、ContinentalはSF的な黒と黄色の自動車運転車とロボット犬を組み合わせた宅配システムを発表した。 続きを読む

  • イノベーションのためには携帯を捨てろ

    イノベーションのためには携帯を捨てろ

    われわれは今、過渡期を生きている。1980年代のはじめ頃には、デスクトップコンピュータの時代に入り、ドットコムの崩壊でクライマックスを迎えた。 続きを読む

  • 組み立てロボットキットのZiroはAlexaからもコマンドできる子ども向けロボティクス入門機

    組み立てロボットキットのZiroはAlexaからもコマンドできる子ども向けロボティクス入門機

    Ziro(ザイロ)は、子ども向けの、なかなか良くできてるプログラマブルなロボットで、昨年Indiegogoでクラウドファンディングに成功した。メーカーのZeroUIは、今でも新しい機能を加えつつある。 続きを読む

  • これはキーボードを弾きながらピッチベンドをかけられる指輪だ

    これはキーボードを弾きながらピッチベンドをかけられる指輪だ

    今週のCESでは面白いガジェットを山ほど見てきたが、今も心に残っているはこれだ。 これはMIDIキーボードを演奏するときにはめる指輪で、手を振ったり鍵盤の上で指を滑らせてビブラートや音の強さを変えることができる。こういうものはビデオで見るのが一番だろう。 続きを読む