Chris Dixon

  • Chris Dixonインタビュー:Andreessen Horowitz、3億ドルの暗号通貨ファンド結成――元連邦検事が女性初の共同責任者に

    Chris Dixonインタビュー:Andreessen Horowitz、3億ドルの暗号通貨ファンド結成――元連邦検事が女性初の共同責任者に

    シリコンバレーを代表するベンチャーキャピタルの一つ、Andreessen Horowitzがビッグニュースを2つ発表した。今日(米国時間6/25)、同社は総額3億ドルの暗号通貨専門ファンドの設立を完了した。Cryptoファンドは先週、Andreessen Horowitzのリミッテッド・パートナーから出資契約を得ていた。このファンドは最近シリコンバレーのベンチャー業界最大の話題となっていた。というのも、他のベンチャーキャピタルも暗号通貨テクノロジーに対する戦略を決めようとしており、この5年間、暗号通貨への投資を着実に増やしていたAndre… 続きを読む

  • Andreessen HorowitzのChris Dixon、 「3Dプリンティングは新たな産業革命を起こす。スタートアップはソーシャル疲れ」

    起業家からエンジェル投資家に転じ、現在は有力ベンチャーキャピタル、Andreessen Horowitzのゼネラル・パートナーを務めるChris DixonがTechCruch Disruptに登壇し、3Dプリントが新たな産業革命を起こす可能性と述べた。Dixonは将来この分野に多数の投資を計画しているという。一方、ソーシャルネットワーク分野のスタートアップについては「ソーシャル疲れがみられる」と懸念を示した。4月に入って3Dプリンティング会社のShapewaysのシリーズCラウンドにChris DixonはAndreessen Horowit… 続きを読む

  • AereoのCEO Chet Kanojiaインタビュー“テレビの配信形式にくさびを打ち込みたい”

    AereoのCEO Chet Kanojiaインタビュー“テレビの配信形式にくさびを打ち込みたい”

    [筆者: Josh Zelman] Chet Kanojiaが創業し、IACのBarry Dillerが後押ししているAereoが最近、大きな関心を集めている。同社は小さなアンテナを使ってABC、CBS、NBCなどなどの公共テレビ放送を受信し、それをユーザのWebに接続されたデバイスにストリーミングする。その年間会費は日額換算でわずか17セントだ。 合衆国の公共テレビ放送は、番組に著作権があるとし、一般家庭(等)に放送内容を再送信している*ケーブルテレビ会社から再送信料を取っている。そして、その枠に収まろうとしないAeroに対して怒っている。テレ… 続きを読む

  • 立体物をプリントする3DプリンタMakerbotを作ったBre Pettisの夢はすべての子どもが一台ずつ持つこと

    [筆者: Josh Zelman] 今回のFounder Storiesでは、ホストのChris Dixonが、MakerBotを作ったBre Pettisにインタビューしながら、3Dプリンタについて考える。 立体をプリントするという言葉は新鮮だが、Pettisによればそれはまだ”初期段階”だ。PCの歴史でいえば、Atariみたいなものだ、と。 続きを読む

  • (Founder Stories)「書を捨てよ、町へ出よう」:Foursquare CEOインタビュー最終回

    しばらくの間、FoursquareのCEOであるDennis Crowleyのインタビューをお送りしてきた(これまでの記事については末尾に掲載した過去記事へのリンクをたどっていただくか、あるいは下に掲載した45分間におよぶインタビュー全編のビデオをご覧頂きたい)。今回の記事が最後で、上に掲載したビデオでは、Crowleyは番組ホストのChris Dixonからの矢継ぎ早な質問に回答している。その質問とは、これまでビジネス上で成した最善の意思決定は何か、CEOでなければ何をしていると思うか、心の師というような人物はいるのか、最も気に入ってい… 続きを読む

  • (Founder Stories)携帯電話の進化と、Foursquare型サービスの展開

    Foursquareの創業者であるDennis Crowleyは、構想10年で位置情報サービスを構築した。Founder Storiesの3回目となるインタビューの中で、Dennis Crowleyは「Foursquareのサービスを提供するにあたっての機は熟し、(そして)将来の準備をすすめるべきときがきた」と語っている。何が彼らをして「今こそアイデアを実現に移し、人々に提供すべきときだ」と判断させたのだろうか。 Crowleyが待っていたのは、すべての携帯電話にGPSチップが搭載されるようになることだった。そしてそれがついに実現した。これに… 続きを読む

  • (Founder Stories)Dennis Crowley曰く「プロダクトについては頭に入っている。それを実現する組織づくりこそが難しい」

    人気スタートアップを起こすにあたって、最も困難なことはなんだろうか。FoursquareのCEOであるDennis CrowleyはFounder Storiesにおけるインタビューで「プロダクトを生み出すことではない」と回答している。もっとも難しいのは、プロダクトを提供する組織を作ることなのだと言う。プロダクトについては何年も熟考を重ねたものであったので、Crowleyおよび仲間たちは「何を提供するか」という点について悩むことはなかったとのこと。「プロダクトを生み出す母体としての組織を構築していくことの方が難しい」と彼は述べている。 Fo… 続きを読む

  • Tumblrを作った理由:ブログは普通の人には難しすぎる

    ブログかマイクロブログかという終りのない議論は、結局マイクロブログ側のTwitterとFacebookの話になることが多い。しかしTumblrは、ステータス発信中心のTwitter、Facebookと、長文形式のWordpress型ブログのどこか中間に位置している。むしろ、画像、リンク、ビデオなどの入った短いブログ記事を作ることから、TwitterやFacebookよりも正確にマイクロブログと言えるかもしれない。しかし、Tumblrの驚異的成長 ― 毎週2.5億ページビューずつ拡大中 ― のカギは、いかに簡単に記事をアップしたり、友達の記事を… 続きを読む

  • ベンチャーキャピタリストFred Wilson、浅薄な企業評価を斬る

    Twitterの$8B(80億ドル)とも$10B(100億ドル)とも言われる買収引き合いの噂とともに、再びバブル論が議論の的になっている。これは何度も繰り返されるテーマであるが、今回の「ファウンダーストーリー」では、ベンチャーキャピタリストのFred Wilsonが、テクノロジー業界における浅薄な企業評価額について、Chris Dixonに語っている。Wilsonは「バブル」という言葉を注意深く避けているが、これは彼にとって慣れ親しんだ世界である。Wilsonはこれまでも、投資家たちが見返りを追求し、3人ばかりがガレージで立ちあげたような… 続きを読む

  • 創設者インタビュー:Tumblrは毎週2億5000万ずつページビューを拡大中

    創設者インタビュー:Tumblrは毎週2億5000万ずつページビューを拡大中

    Tumblrが成長を続けている。「とくにここ4、5ヵ月の成長は著しく、過去の実績など全く影に隠れてしまうような状況です」と、TCTVでのChris Dixonからのインタビューに応えて創業者のDavid Karpは述べている(ビデオは上に掲載している)。「毎週2億5000万件もインプレッション数が増えているのです」とも言っている。先週についていえば、Tumblrには12億件のインプレッション(ページビュー)があり、週ごとに2億5000万ずつ増加しているそうだ。過去30日間について言えば、42億件ものページビューがあったとのこと。 ここしばら… 続きを読む

  • どうやって不特定多数(一般大衆)から資金を集めるか–Kickstarterのファウンダが語る

    プロジェクトの資金を不特定多数から得たいとき…製品でも音楽のアルバムでも映画でも…、そのためにパトロンと初期の顧客の両方が見つかるとても良い場所の一つが、Kickstarterだ。今週のビデオシリーズStartup Sherpaでは、ホストのChris DixonがKickstarterのファウンダPerry Chenを直撃して、資金募集サイトのAからZまでを聞いた。 Kickstarterで資金を求めるプロジェクトの多くが、映画やアート、音楽などのクリエイティブな作品だ。しかし製品の構想やスタートアップも、立派にクリエイティブだ。Chenは… 続きを読む