chromebook

  • Chromebookが一般採用の増加を目指してWindows 10とデュアルブートになる?

    Chromebookが一般採用の増加を目指してWindows 10とデュアルブートになる?

    Chrome OSはこれまでの数年間でずいぶん成長した。しかしまだ、多くの人が自分のデスクトップに載せたいと思うほどの、本格的なオペレーティングシステムではない。しかしある報道によると、Googleはこの状況をなんとかしたいらしい。そのためにまず、Windows 10とのデュアルブートを可能にする、というのだ。 続きを読む

  • Googleは企業の現場労働者たちにも気軽なコンピューターとしてChromebookを使わせたい

    Googleは企業の現場労働者たちにも気軽なコンピューターとしてChromebookを使わせたい

    Googleの社内には“Grab and Go”〔仮訳: 手に取ったらすぐ使え〕プログラムというものがあって、社員たちは上図のようなセルフサービスのコーナーへ行ってChromebookを勝手に借りて使ってよい。ITの面倒な承認プロセスは要らない。そしてこれからは、ほかの会社でもそれができるのだ。 続きを読む

  • PCの売上が6年ぶりに増加、企業のWindows 10リプレースが主な原因

    PCの売上が6年ぶりに増加、企業のWindows 10リプレースが主な原因

    幽霊かもしれない。でもPCはまだ生きていた。調査会社のGartnerによると、全世界のパーソナルコンピューターの売上台数〔推測値〕は、2012年以来初めて、前年比で増加した。2018年第二四半期の総発売台数は6210万台で、前年同期比では1.4%の増だ。報告書は“1年前に比べて若干の成長を経験した”、と述べているが、それに続けて、PC業界の回復を宣言するのはまだ早い、とも言っている。 続きを読む

  • VMwareとGoogleがパートナーしてChrome OSの管理をWorkspace Oneに導入…アプリケーション環境の完全統一化を目指す

    VMwareとGoogleがパートナーしてChrome OSの管理をWorkspace Oneに導入…アプリケーション環境の完全統一化を目指す

    GoogleのChromebookラップトップの良いところは、驚くほどメンテナンス不要であることだ。ブラウザーがOSなので、アプリケーションはクラウドで動く。すべてのアップデートが、自動的に行われる。超簡単だ。 でも、企業などの、いろんなデバイスやOSを使っている環境では、それほど単純でもない。そこでVMwareは今日(米国時間5/9)Googleとのパートナーシップを発表し、Chromebookのアイデンティティとアクセスとポリシー設定のコントロールをメニューに加えることになった。 続きを読む

  • Microsoftが学校用軽量版、Windows 10 Sを発表――Google Chromebookに対抗

    Microsoftが学校用軽量版、Windows 10 Sを発表――Google Chromebookに対抗

    今日(米国時間5/2)、ニューヨークで開催されたイベントで、Microsoftは教育マーケットを取り戻すための大きな発表を行った。 Chromebookに負けつづけきたMicrosoftは、これに対抗すべく、肥大化した機能を思い切って削った軽量のOS、Windows 10 Sを発表した。これは学校現場での利用に焦点を絞ったプロダクトだ。 続きを読む

  • もちろんMicrosoftがChromebookの自己バージョンをそろそろ出さないわけがない

    もちろんMicrosoftがChromebookの自己バージョンをそろそろ出さないわけがない

    Windows Centralが入手した内部文書が、Windows 10 Cloudのハードウェアの性能を特記している(下図)。噂されていたこの、派生製品的なオペレーティングシステムは、予想では来月ニューヨークで行われる大きな教育関連イベントで披露される。たぶん、そのときのプレゼンでも、このOSをGoogleのChromebookと対比するだろう。 Microsoftのこの種の製品への進出は当然の動きで、同社は、Googleのクラウド製品に完全に支配されているK-12の教育分野に足場を築くべく、苦戦しているからだ。 続きを読む

  • Acerの新しいChromebookは、199ドルで12時間駆動

    Acerの新しいChromebookは、199ドルで12時間駆動

    まず、価格については文句なしという人が多いことだろう。新しく発表されたAcerの15.6インチChromebookは、以前のものに比べていろいろとアップグレードしているが、どうしても価格に注目が集まるデバイスとなっている。エントリー価格が50ドル安くなり、199ドルからとなっているのだ。 続きを読む

  • HPの新しいChromebookは、バッテリー最大12.5時間持続で、価格は189ドルから

    HPの新しいChromebookは、バッテリー最大12.5時間持続で、価格は189ドルから

    HPは、第2 ― あるいは第3 ― のノートパソコンを探している消費者にChromebookを売り込むべく、最低価格ながらも機能を盛り込んだ。 続きを読む

  • 児童生徒のプライバシーに関しGoogleがEFFに返答: “弊社のツールは法律と弊社の約束に適合している”

    児童生徒のプライバシーに関しGoogleがEFFに返答: “弊社のツールは法律と弊社の約束に適合している”

    昨日(米国時間12/1)EFFは、‘学生に対するスパイ行為’(Spying on Students)と呼ばれるキャンペーンを立ち上げて、学校でテクノロジを利用する場合のプライバシーリスクに対する、人びとの関心を高めようとしている。このキャンペーンは消費者保護のお役所FTC(連邦取引員会)がGoogleに対して提起した苦情を契機とするもので、同社が児童生徒の個人情報(検索の内容など)を集めて分析している、と主張している。 続きを読む

  • Google、「Chrome OSの開発続行」を明言―むしろマネタイズ強化を目指す

    Google、「Chrome OSの開発続行」を明言―むしろマネタイズ強化を目指す

    読者の多くはすでに、GoogleがChrome OSの開発を中止し、Androidに統合する(ただしChromebookという名前は残る)というWall Street Journal発の情報をご存知だろう。今日(米国時間11/2)、 Googleは公式ブログへの投稿でこの報道内容を否定した。 続きを読む

  • Chromebook Pixelの最新バージョンアップ機がもうすぐ発売に

    Chromebook Pixelの最新バージョンアップ機がもうすぐ発売に

    GoogleのChromebook Pixelを、お好きだったかな? 画面が超高精細で、しかもタッチスクリーン、200ドルや300ドルではなくて、1300ドルのChromebookを作るとこうなる、という製品だった。 しかも、一回作って終わり、ではなかった。Googleはあれの続編を作っているらしい。 公式発表はまだないが、GoogleのRenee Niemeがサンディエゴで行われたあるイベントで、ふと漏らした。 続きを読む

  • ニューヨークの全校(幼・小・中・高)がChromebookを採用…今や学校利用ではトップ

    ニューヨークの全校(幼・小・中・高)がChromebookを採用…今や学校利用ではトップ

    最近のIDCの調査によるとGoogleはすでに、K-12の教育機関に納入されるタブレットやノートブックではトップ企業だ。今日もまた、強力な味方が現れた: ニューヨーク市の教育局だ。ニューヨーク市のCIOはChromebooksの購入にサインし、また今年の学年(9月-)用に承認され市のIT部門がサポートするツールの一環としてGoogle Apps for Educationも認められた。市はまた、教師のためのガイドブックも制作した。 続きを読む

  • Google Chromebook、米国小学校市場で売上トップに(IDC調べ)

    Google Chromebook、米国小学校市場で売上トップに(IDC調べ)

    Google Chrme OSは予想外の長期ヒットになるかもしれない ― 米国の生徒たちのおかげで。IDCの最新レポートによると、K-12(幼稚園と小学校)市場においてChromebookは、2014年で最もよく売れたデバイスだった。 続きを読む

  • Google Chromebook、四半期で100万台を売り教育市場向けに躍進中

    Google Chromebook、四半期で100万台を売り教育市場向けに躍進中

    先日行われた収支報告の席にて、Google、およびそのパートナーはこの四半期で教育機関向けに100万台のChromebooksを販売した旨を発表した。同四半期における世界中でのPC販売台数が7600万台であった(Gartnerレポートによる)ことを考えれば、教育機関限定とした場合での100万台はなかなかの数字だということができよう。 続きを読む

  • 東芝もChromebookを発売; 画面13インチ, SSD内蔵で279ドル

    東芝もChromebookを発売; 画面13インチ, SSD内蔵で279ドル

    ここCES 2014で、Toshibaが、GoogleのChrome OSをOSとする13.3インチのChromebookラップトップを披露した。そのお値段は、300ドルを切っている。 これは同社初のChrome OS機だが、すでに競合は激化しつつあり、Dell、Lenovo、HP、Acerといった大所(おおどころ)が超軽量のノートブックでこの市場に参戦している。 続きを読む

  • PC大手DellもChromebookに参入, まず11インチのCeleron機で教育市場をねらうがそのあとの製品企画もある

    PC大手DellもChromebookに参入, まず11インチのCeleron機で教育市場をねらうがそのあとの製品企画もある

    DellもついにChromebookゲームに参戦してきた。同社も先行者たちと同様に、Windowsマシンの不調を、何かで埋め合わせなければならないのだ。ただしDellのChromebook/Chrome OS戦略はターゲットを限定し、最初は学校とその児童生徒たち向けの11インチラップトップを作っている。 発売は来年1月で、価格は300ドル以下となる。そして合衆国とイギリスではDell.comで売られる。プロセッサは〔Insipiron 11と同じ〕Celeron 2955U、電池寿命10時間、内蔵フラッシュストレージ16GB、RAM 4GB/2… 続きを読む

  • MicrosoftがGoogleのChromebookを気にするのはなぜか

    MicrosoftがGoogleのChromebookを気にするのはなぜか

    ショッピングシーズン(11/29~暮れ)が始まる直前にMicrosoftは、同社独特の大衆撹乱マシンを始動して、その悪名高きGoogle叩きコマーシャルシリーズScroogledの最新作を封切った。今回の標的はChromebook、それはGoogleのChromeOSオペレーティングシステムを搭載した、主にWeb上のアプリケーションを使用する安価なラップトップだ。しかし問題は、なぜMicrosoftは、マイナーな製品にすぎないChromebookを問題にするのか、だ。そしてその理由は、Chromebookが、Microsoftの将来に… 続きを読む

  • Google、ChromeブラウザーとChromebookにペアレンタル・コントロールを導入。現在ベータ

    Google、ChromeブラウザーとChromebookにペアレンタル・コントロールを導入。現在ベータ

    Googleは、Chromeブラウザーにペアレンタル・コントロール[親による監視]機能として、新しく「スーパーバイズド・ユーザー」を正式に導入する。一般公開に先立ち、ベータチャンネルで配布を開始した。この機能は、恐らくその殆どが親であろうユーザーが、Chromeブラウザーの動作を制限し、特定のウェブサイトをブロックしたり、Googleの検索結果をセーフサーチでフィルターしたり、ウェブサイトの訪問履歴を管理したりできるようにするものだ。 続きを読む

  • AcerもChromebookの新型機を出す–徐々に機能充実へ

    AcerもChromebookの新型機を出す–徐々に機能充実へ

    Acerは早くからChromebookを製品化し、199ドルのC7や299ドルのC710を出してきた。これらのラップトップはキーボード付きのタブレットみたいなもので、いろんな機能が完全に揃ったマシンではなかった。それらは“サードスクリーン”(third screen, 3つめの画面)とも位置づけられ、コーヒーテーブルに常置したり、Web閲覧や簡単な文書編集に使われることが、予定されていた。しかし今度出た249ドルのAcer C720は、SDカードリーダー、USB 3.0 のポート、ビデオチャット用にHDのフロントカメラな… 続きを読む

  • 279ドルのHP Chromebook 11はマイクロUSBで充電, ディスプレイはIPS液晶を使用

    279ドルのHP Chromebook 11はマイクロUSBで充電, ディスプレイはIPS液晶を使用

    GoogleのChromebookは、徐々に各社の製品が増えているが、今日(米国時間10/8)はHPからHP Chromebook 11が売り出された。この定価279ドルのデバイスは、白い筐体がAppleのMacBookの白を思い出させるが、もう一つの色塗りバージョンはGoogle Chromeのロゴの色を使って、やや強い印象に仕上げている。 続きを読む