chromebook

  • インテルとグーグルはChromebookを皮切りに未来に向けた密接なコラボを計画

    インテルとグーグルはChromebookを皮切りに未来に向けた密接なコラボを計画

    インテルは今回のCES 2020で、グーグルとの強固なパートナーシップによって、Project Athena上で実現するChromebook用のチップと仕様を設計することを発表した。さらに両社のコラボレーションは、今後Chromebookに限らず、PC全域に拡張されることも明らかにされた。 続きを読む

  • 米国居住者がChromebookを購入するとDisney+が3カ月無料

    米国居住者がChromebookを購入するとDisney+が3カ月無料

    米国居住者を対象に、新品のChromebookを購入するとDisney+を3カ月無料で利用できるキャンペーンが11月25日から始まった。ホリデーシーズンのChromebookの販売促進やDisney+の加入者増を狙っている。 続きを読む

  • Pixelbook GoはChromebookの存在意義を拡張する

    Pixelbook GoはChromebookの存在意義を拡張する

    オリジナルのPixelbookがそうだったように、このGoも、自らの存在意義を探求しているデバイスのように思われる。価格が300ドル下がったのは、正しい方向への第1歩だが、Googleははるかに安いサードパーティの製品と競合することになる。 続きを読む

  • Pixelbook Goは教育市場を狙わない、Google純正の低価格版Chromebook

    Pixelbook Goは教育市場を狙わない、Google純正の低価格版Chromebook

    Google純正の新しいChromebook、Pixelbook Goは、すでに成功を収めている教育市場に的を絞った製品ではない。価格帯は649ドルからで、これまでよりかなり低めの設定だが、小中学生向けとしては、それでも高過ぎる。 続きを読む

  • Googleから約7.5万円のChromebook最新版Pixelbook Goが登場

    Googleから約7.5万円のChromebook最新版Pixelbook Goが登場

    Googleは、毎年恒例のハードウェアイベントで、純正Chromebookシリーズの最新版、Pixelbook Goを発売すると発表した。価格は649ドルからで、これまでの高級路線とは一線を画する。形態も、180度開くヒンジを備えた従来のPixelbookや、2in1のPixel Slateとは異なり、ノーマルなラップトップ型に戻っている。 続きを読む

  • Chromeセキュリティバグを見つけたらGoogleから報奨金もらえる

    Chromeセキュリティバグを見つけたらGoogleから報奨金もらえる

    GoogleはChromeのバグ報奨金プログラムを実施している。その報奨金の最高額が、これまでの2~3倍に引き上げられた。 続きを読む

  • Googleが教育者やその他の教室用ツールのためのChromebook App Hubを開始

    Googleが教育者やその他の教室用ツールのためのChromebook App Hubを開始

    今年のはじめにGoogleは、教師や他のカリキュラム管理者が、教室で使用するための教育ツールやアプリを見つけやすくするためにデザインされたChromebook App Hub(クロームブック・アプリ・ハブ)を構築する計画を発表した。 続きを読む

  • GoogleのChromebook App Hubは教育者のための実用性重視のリソースセンター

    GoogleのChromebook App Hubは教育者のための実用性重視のリソースセンター

    Googleは米国時間3月4日、教育事業であるGoogle for Educationの拡張として、Chromebook App Hubを発表した。 続きを読む

  • Google、Chrome OSのインスタントテザリングの対象機種を拡大

    Google、Chrome OSのインスタントテザリングの対象機種を拡大

    GoogleのChrome OSは、インスタントテザリングと呼ばれるホットスポット接続の自動化プロセスを、広範囲にわたるデバイスにも提供することになり、Chromebook 15機種とスマートフォン 30機種以上で新たに使えるようになった。 続きを読む

  • HPの新しいAMD Chromebookの郎報と悲報

    HPの新しいAMD Chromebookの郎報と悲報

    郎報:HPがAMD Chromebookを出した。悲報 :使われているチップセットが古い。 続きを読む

  • Chromebookが一般採用の増加を目指してWindows 10とデュアルブートになる?

    Chromebookが一般採用の増加を目指してWindows 10とデュアルブートになる?

    Chrome OSはこれまでの数年間でずいぶん成長した。しかしまだ、多くの人が自分のデスクトップに載せたいと思うほどの、本格的なオペレーティングシステムではない。しかしある報道によると、Googleはこの状況をなんとかしたいらしい。そのためにまず、Windows 10とのデュアルブートを可能にする、というのだ。 続きを読む

  • Googleは企業の現場労働者たちにも気軽なコンピューターとしてChromebookを使わせたい

    Googleは企業の現場労働者たちにも気軽なコンピューターとしてChromebookを使わせたい

    Googleの社内には“Grab and Go”〔仮訳: 手に取ったらすぐ使え〕プログラムというものがあって、社員たちは上図のようなセルフサービスのコーナーへ行ってChromebookを勝手に借りて使ってよい。ITの面倒な承認プロセスは要らない。そしてこれからは、ほかの会社でもそれができるのだ。 続きを読む

  • PCの売上が6年ぶりに増加、企業のWindows 10リプレースが主な原因

    PCの売上が6年ぶりに増加、企業のWindows 10リプレースが主な原因

    幽霊かもしれない。でもPCはまだ生きていた。調査会社のGartnerによると、全世界のパーソナルコンピューターの売上台数〔推測値〕は、2012年以来初めて、前年比で増加した。2018年第二四半期の総発売台数は6210万台で、前年同期比では1.4%の増だ。報告書は“1年前に比べて若干の成長を経験した”、と述べているが、それに続けて、PC業界の回復を宣言するのはまだ早い、とも言っている。 続きを読む

  • VMwareとGoogleがパートナーしてChrome OSの管理をWorkspace Oneに導入…アプリケーション環境の完全統一化を目指す

    VMwareとGoogleがパートナーしてChrome OSの管理をWorkspace Oneに導入…アプリケーション環境の完全統一化を目指す

    GoogleのChromebookラップトップの良いところは、驚くほどメンテナンス不要であることだ。ブラウザーがOSなので、アプリケーションはクラウドで動く。すべてのアップデートが、自動的に行われる。超簡単だ。 でも、企業などの、いろんなデバイスやOSを使っている環境では、それほど単純でもない。そこでVMwareは今日(米国時間5/9)Googleとのパートナーシップを発表し、Chromebookのアイデンティティとアクセスとポリシー設定のコントロールをメニューに加えることになった。 続きを読む

  • Microsoftが学校用軽量版、Windows 10 Sを発表――Google Chromebookに対抗

    Microsoftが学校用軽量版、Windows 10 Sを発表――Google Chromebookに対抗

    今日(米国時間5/2)、ニューヨークで開催されたイベントで、Microsoftは教育マーケットを取り戻すための大きな発表を行った。 Chromebookに負けつづけきたMicrosoftは、これに対抗すべく、肥大化した機能を思い切って削った軽量のOS、Windows 10 Sを発表した。これは学校現場での利用に焦点を絞ったプロダクトだ。 続きを読む

  • もちろんMicrosoftがChromebookの自己バージョンをそろそろ出さないわけがない

    もちろんMicrosoftがChromebookの自己バージョンをそろそろ出さないわけがない

    Windows Centralが入手した内部文書が、Windows 10 Cloudのハードウェアの性能を特記している(下図)。噂されていたこの、派生製品的なオペレーティングシステムは、予想では来月ニューヨークで行われる大きな教育関連イベントで披露される。たぶん、そのときのプレゼンでも、このOSをGoogleのChromebookと対比するだろう。 Microsoftのこの種の製品への進出は当然の動きで、同社は、Googleのクラウド製品に完全に支配されているK-12の教育分野に足場を築くべく、苦戦しているからだ。 続きを読む

  • Acerの新しいChromebookは、199ドルで12時間駆動

    Acerの新しいChromebookは、199ドルで12時間駆動

    まず、価格については文句なしという人が多いことだろう。新しく発表されたAcerの15.6インチChromebookは、以前のものに比べていろいろとアップグレードしているが、どうしても価格に注目が集まるデバイスとなっている。エントリー価格が50ドル安くなり、199ドルからとなっているのだ。 続きを読む

  • HPの新しいChromebookは、バッテリー最大12.5時間持続で、価格は189ドルから

    HPの新しいChromebookは、バッテリー最大12.5時間持続で、価格は189ドルから

    HPは、第2 ― あるいは第3 ― のノートパソコンを探している消費者にChromebookを売り込むべく、最低価格ながらも機能を盛り込んだ。 続きを読む

  • 児童生徒のプライバシーに関しGoogleがEFFに返答: “弊社のツールは法律と弊社の約束に適合している”

    児童生徒のプライバシーに関しGoogleがEFFに返答: “弊社のツールは法律と弊社の約束に適合している”

    昨日(米国時間12/1)EFFは、‘学生に対するスパイ行為’(Spying on Students)と呼ばれるキャンペーンを立ち上げて、学校でテクノロジを利用する場合のプライバシーリスクに対する、人びとの関心を高めようとしている。このキャンペーンは消費者保護のお役所FTC(連邦取引員会)がGoogleに対して提起した苦情を契機とするもので、同社が児童生徒の個人情報(検索の内容など)を集めて分析している、と主張している。 続きを読む

  • Google、「Chrome OSの開発続行」を明言―むしろマネタイズ強化を目指す

    Google、「Chrome OSの開発続行」を明言―むしろマネタイズ強化を目指す

    読者の多くはすでに、GoogleがChrome OSの開発を中止し、Androidに統合する(ただしChromebookという名前は残る)というWall Street Journal発の情報をご存知だろう。今日(米国時間11/2)、 Googleは公式ブログへの投稿でこの報道内容を否定した。 続きを読む