clickpass

  • SynthasiteがClickPassを買収. でもシナジー効果はなさそう

    SynthasiteがClickPassを買収. でもシナジー効果はなさそう

    ユーザが自分のサイトを簡単に作れるサービスを提供しているSynthasiteを、本誌は最初、2006年に記事にしたが、ここがこのほど、Y Combinator系のスタートアップClickpass(今年初めにロンチ)を買収した。 買収価格やそのほかの条件は公開されていないが、ClickpassのCEO Peter NixeyがSynthaSiteに移る(同社の社員の一人が買収を機に社を去った)。Synthasiteは$5M(500万ドル)の資金を調達し、ClickpassはY Combinatorのシード資金をもらっただけだ。 続きを読む

  • VerisignのPersonal Identity Portalで楽なパスワード管理へ十歩前進

    VerisignのPersonal Identity Portalで楽なパスワード管理へ十歩前進

    Verisignが最近導入したPersonal Identity Portal (以下PIPと略記)は、そんなにすごいと言うほどのパスワード管理アプリケーションではない。でもその背後には、Verisignのセキュリティに対する高い評価があり、またWebサイトの信任機能を管理する方法としては意外なほど簡単に使える。 PIPは、OpenID(ユーザに対しVerisignのOpenIDが発行される)と、同社がサポートしているたくさんのWebサイトへの直接サインインの両方に対応するシングルサインインのソリューションだ。OpenIDをサポートしていない… 続きを読む

  • ClickPass、OpenIDのゲートウェイサービスにGoogle、Facebook、Yahoo、Hotmailを追加

    ClickPass、OpenIDのゲートウェイサービスにGoogle、Facebook、Yahoo、Hotmailを追加

    OpenIDのプラットフォームをより簡単に使えるようにするサービスを提供するClickpassが、さらにサポートサービスを拡張し、また一歩ユニバーサルログインに近づいた。この3月からサービスを提供しているClickpassの認証システムを利用するサイトのすべてにおいてGoogle、Facebook、Yahoo、あるいはHotmailのパスワードを利用してログインすることができるようになった。 Clickpassの新たなサービスを利用する際、ユーザ側で行わなければならないことはほとんどない。Clickpassを導入するサイト側に、上記いず… 続きを読む

  • アメリカへの道-シリコンバレーでビザを取得してビジネスを始めるまで

    アメリカへの道-シリコンバレーでビザを取得してビジネスを始めるまで

    私がシリコンバレーに関するプレゼンテーションや話を始めるときに、余興として観客に「シリコンバレーのエリアに今住んでいる人は手を挙げてください」と聞くと、会場の多くの人々が手を挙げます。それに続けて私は「その中で、シリコンバレーのエリアで生まれ育った人だけ、手を挙げたままにしてください」と聞きます。多くの場合、会場に1000人の観客がいたのなら、その内15人程度しか手を挙げ続ける人はいません。 このような状況が、シリコンバレーを特別な場所としているのです-シリコンバレーは、世界中から人々を迎え入れ、そして彼らの夢を実現させています。シリコ… 続きを読む

  • OpenIDの一般利用拡大を図る「Clickpass」

    OpenIDの一般利用拡大を図る「Clickpass」

    サイト複数に認証ワンセットでサインインできるOpenIDは、信じられないほど前途洋々だ。大企業も参画し、数千というサイトがOpenIDに対応したし、万事順調のはず。だよね? ところが、そうではないのだ。まず最初にOpenIDに参画した大企業はID発行はオーケーでも、受け付けの方はまだ対応していない。OpenIDのユーザーエクスペリエンスも単に良くないようだし、ユーザーはOpenIDのURLを空で覚えなくてはならない上、サインイン専用ページにリダイレクトされてしまう。「このサイトのアカウントも別に持ってるんだけどOpenIDもそろそろ使い… 続きを読む

  • Y Combinator Demo Day―この夏のスタートアップが勢ぞろい

    Y Combinator Demo Day―この夏のスタートアップが勢ぞろい

    Y Combinatorが半年毎に開催しているDemo Day秋の陣が、今日(米国時間8/16)Mountain Viewオフィスで行われた。今回は参加が19社もあり、報道関係者とエンジェル投資家候補の前で7分間のエレベーターピッチを見せた。この19社は、この夏の応募期間中に選ばれた。 紹介に続いてPaul Grahamが投資家たちに対して、生後11週間の会社と早く契約を結ぶよう、はっぱをかけていた。 各プレゼンターの印象は以下のとおり(19社のうち何社かには、ここに紹介するのを断わられた) 続きを読む